超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「A.I.C.O. Incarnation」近未来感あふれる武器&メカニック設定画解禁!

2018/3/5


 「翠星のガルガンティア」、「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」の村田和也監督×「交響詩篇エウレカセブン」、「僕のヒーローアカデミア」のボンズ制作のタッグで贈るバイオ SF アクション、「A.I.C.O. Incarnation」が Netflix オリジナル作品として 3 月 9 日(金)よりいよいよ全世界独占配信がスタートする。

 人工生体の研究中に起きた大事故“バースト”により、最先端のバイオ・テクノロジーを扱っていた 黒部峡谷一帯の研究都市は、人工生命体“マター”に侵蝕された。それから2年後。バーストで 家族を失った女子高生・橘アイコは、転校生・神崎雄哉から自分の肉体に隠された真実を告げられる。そして彼女は、護衛部隊の“ダイバー”たちとともに、バーストの中心地“プライマリーポイント”をめざす……。

 全世界独占配信を目前に控え、このたび、監督の村田和也とメインメカニックデザインの高倉武史のコメントが到着! 完全オリジナル作品である本作の制作のきっかけやメカニックデザイ ンへの思いが明かされている。また、本作はバイオ SF アクションというフィクションでありながら、 将来的に実現が想像されるような科学技術がふんだんに盛り込まれているのも見どころだ。そんな作品の世界をさらに盛り上げるのが近未来感あふれる武器やメカの数々。その設定画も合わせて解禁された。

 主人公・橘アイコは、“ダイバー”たちとともに、自身の身体に隠された“秘密”を解くためバーストの中心地“プライマリーポイン ト”を目指す。彼らダイバーの武器が高出カレールガンとコイルガン。また、ダイバーが搭乗するバイポッド(二脚移動車)とビー トル(六脚移動車)も合わせて解禁。ビートルはマターによって浸食されたエリアという特殊な環境でも自由自在に動き回れる多脚型で、1 本 1 本の足を自由に動かせる自在性を兼ね備える。また重機の延長線上にありつつ、戦車的な攻撃能力と優 れた運動機能を実現させた混合型のデザインだ。

・高出カレールガン

・コイルガン

 ・バイポッド(二脚移動車)

 ・ビートル(六脚移動車) 

◆監督:村田和也のコメント
◆制作のきっかけについて
 プロデューサーから「一緒にオリジナル作品を作りませんか」と声をかけて頂いたのが最初です。「チームによるアクションもの」 というお題をいただきいろいろ考えていく中で、近未来の日本を舞台にして、ある生物的災害により閉鎖された地域に特殊任務 を負ったチームが潜入してミッションを達成する、という話を物語の骨格にしようということになっていきました。そこで思い至った のが、以前から考えていたバイオ系 SF 作品で、「体を奪われてしまった少女が、謎の少年の導きにより自分の体を取り戻す旅 に出る」という企画です。自分の体を失ってしまうという極限状況に陥った少女は、いったい何を感じ体験するのか。その設定が 今回の企画にそのまま取り込めるのではないか、ということを思い立ちました。

◆作品の見どころについて
 大規模生物災害という状況に対して、解決する糸口になる存在が普通の女子高生であるというそのコントラスト。特別な知識を 何も持たず事態について何も知らない女の子の目線で、様々な事実が徐々に明らかになっていくスリリングさ。そういったものが 視聴者の方を引き込む面白さに繋がるのではないかと思いました。生命工学の技術が今よりも格段に進歩した時、実際に起こるかも知れない出来事として、視聴者の方に生々しい体験として感じ取っていただけたらなと思っています。

◆メカニックデザイン:高倉武史のコメント
◆村田監督からのオーダーについて
 監督からはこんな感じのメカが欲しい、こういう風に見せたいというイメージがビジュアルとして強くあり、それをベースに肉付けし形にしていくという作業でした。いわゆる一番濃い時代の「ガンダム」とか、そういったオーダーです。こだわったのは仕様や大きさ、形、材質、あとはその時代においてどういう風にメカが生産されているかというところです。その時代のテクノロジーはどのくらいのもので、それをもとにどう設計されているというのを意識しながら形にしていきました。

◆デザインのポイントについて
 村田監督のオーダーはリアルなものでした。ただ実写作品ではないのでリアルなものをそのまま作ってしまうのではなく、リアル なものを一度フィルターにかけないといけないと思っています。その上でアニメ的リアリティを持ったフィクションの作品に、でも作 品としてみるとものすごくリアルな感じがする、というところにまず一段昇華させるんです。その上で見た人が面白いなと思うよう な引っ掛かりをいくつかポイントとしておいていくのですが、例えば人はパッとものを見た時に顔を探すというような脳の動きがあ り、今回はその「顔」を必ず入れることをまず意識しました。見るとおそらくすべてのメカに必ずどこかしら顔らしいものがあると思 います。そういったものを今回自分の中でルール付けしてデザインしました。

<「A.I.C.O. Incarnation」情報> 
3月9日よりNetflixにて、全12話を全世界独占配信開始

<スタッフ> 
原作:BONES/監督:村田和也/シリーズ構成:野村祐一/
キャラクター原案:鳴子ハナハル/キャラクターデザイン・総作画監督:石野 聡/
コンセプトデザイン:岡田有章/メインメカニックデザイン:高倉武史/
マターデザイン:三輪和宏/美術監督:東 潤一/色彩設計:岩沢れい子/
CGIディレクター:太田光希/撮影監督:福田 光/編集:坂本久美子/音楽:
岩代太郎/サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement/音楽制作:
ランティス/オープニング主題歌:TRUE/エンディング主題歌:白石晴香/
音響監督:明田川仁/音響効果:古谷友二/アニメーション制作:ボンズ

<キャスト>
橘アイコ:白石晴香/神崎雄哉:小林裕介/
相模芳彦:古川 慎/水瀬一樹:村田太志/芹 遙香:名塚佳織/三沢 楓:M・A・O/
篠山大輔:竹内良太/白石真帆:茅野愛衣/
黒瀬 進:大川 透/伊佐津恭介:子安武人/南原顕子:田中敦子

【あらすじ】
2035年11月。人工生体の研究中に起きた大事故“バースト”により、
黒部峡谷一帯は暴走した人工生命体“マリグナント・マター”に侵蝕された。
そして2037年。バーストで家族を失った15歳の少女・橘アイコは、謎を抱えた
転校生・神崎雄哉と出会う。彼はアイコの身体に隠された“秘密”と、
それを解くことができる“鍵”の在り処を告げる。
「この災厄に終止符を打てるのは……君しかいないんだ」
運命に翻弄された少女が、辿り着く先とは――。

■月刊少年シリウスにて
 コミカライズが連載中!

■音楽情報
オリジナルサウンドトラックが  3月28日に発売!
【商品概要】
『A.I.C.O. Incarnation』オリジナルサウンドトラック

●発売日 :3月28日
●税抜価格:3,300円  
●収録内容:
・OP主題歌「A.I.C.O.」歌:TRUE
作詞:唐沢美帆 作曲:岩代太郎 
サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement
・ED主題歌「未知の彼方」歌:白石晴香
作詞:森 由里子 作曲:岩代 太郎 
サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement
・BGM
作曲:岩代 太郎 サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement
●品番:LACA-9593~9594 
●仕様:CD2枚組
※商品の仕様及び内容は、予告なく変更となる場合がございます。

公式サイト 
www.project-aico.com

公式Twitter 
@Project_AICO

©BONES/Project A.I.C.O.



この記事のキーワード

声優になりたい!

PAGETOP