超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「男の絆を描いた作品に」“ARGONAVIS from BanG Dream!”プロジェクト発表会で登壇者たちが熱き思いを語る【レポート】

2019/11/9


 さまざまなメディアミックスを展開する“BanG Dream!(バンドリ!)”発のボーイズバンドプロジェクト“ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)”。本プロジェクトの今後の展開を発表する「ARGONAVISプロジェクト発表会」が2019年11月5日(火)に秋葉原UDXシアターにて行われた。発表会では、キャラクターを演じる声優が実際にライブ演奏を行っているボーイズバンド・Argonavisより、七星蓮役の伊藤昌弘、五稜結人役の日向大輔、的場航海役の前田誠二、桔梗凛生役の森嶋秀太、白石万浬役・橋本祥平が登壇。さらに、新たに発表されたバンドのボーカルである小笠原仁、ランズベリー・アーサーも加わり、期待と意気込みを語った。

2020年春テレビアニメ「アルゴナビス from BanG Dream!」放送決定!
 最初に発表されたのは、2020年春のTVアニメ化が決定したこと。アニメーション制作はBanG Dream! 2ndシーズン・3rdシーズンと同じくサンジゲン。監督は錦織博、シリーズ構成・脚本は毛利亘宏、キャラクター原案は三好輝となっている。アニメ化特報PVでは北海道・函館の名所である八幡坂を背景にしたArgonavisのキービジュアルも公開となり、キャラクターを演じる声優陣も興奮を抑えきれない様子だった。

 伊藤は「ついにアニメ化、皆さんにご報告することが出来てとても嬉しいです!」と笑顔に。日向は「まさかこんなに早くアニメ化をご報告することが出来るなんて、嬉しい気持ちでいっぱいです。素敵な作品を作っていけるようがんばりますので、よろしくお願いします!」と意気込んだ。続く前田は「PVを拝見して、僕自身ワクワクしています。彼らのこれからの物語を皆さんに見届けていただきたいと思います!」と明るくコメント。また、森嶋は「メンバー一同全力で頑張って参りますので、放送を期待していてください!」とファンに呼び掛けた。橋本は「改めて、こんなに大きなコンテンツに関わらせていただいて嬉しく思います。最高のアニメをお届けします!」と気合いを顕にした。

 なお、アニメ制作に関わるスタッフも登壇し、アニメの見どころを語る。ブシロードの木谷高明は「アニメの脚本打ち合わせの場では、激しい議論が交わされました。その結果、熱意のある作品になったと思います」と制作の裏側を明かした。アニメーションを制作するサンジゲン代表取締役の松浦は、「現実のArgonavis皆さんの動きを取り入れており、色々な部分で今までよりアップデートしたアニメとなっています」とバンドシーンに注目して欲しいと語る。さらに、シリーズ構成・脚本を担当する毛利は、「5人が夢を追っていくストーリーですが、それは生半可な気持ちでは難しい。なので試練を沢山書きました! 彼らがそれを乗り越えていく様を楽しみにしてほしい」とストーリーへの期待を煽る。監督の錦織は「二次元のキャラクターの雰囲気が、リアルバンドのArgonavisメンバーの成長にあわせて変わっていくのが、このプロジェクトの魅力だと思う。自分自身、このプロジェクトがどこまで大きくなるのか楽しみだ」と語った。

2020年後半 アプリゲーム「アルゴナビス from BanG Dream! AAside」配信決定
 アプリゲーム「アルゴナビス from BanG Dream! AAside(アルゴナビス フロム バンドリ! ダブルエーサイド)」を2020年後半に配信することも発表。アプリゲームはアニメの後の時間軸となっており、全国各地の予選を勝ち抜いた各バンドが、アマチュアバンドの頂点を決める「ライブ・ロワイヤル・フェス」で戦うストーリーが描かれるという。ストーリーを楽しむアドベンチャーモード、日常を楽しむ日常モード、そしてリズムゲーム、この三つの柱を軸に展開するアプリゲームになるとのこと。発表会終了後に開始した事前登録者数達成ボーナスの中に、ゲーム内通貨に混ざって「ジンギスカン(本物)」や「イカ(本物)」があるのを見つけ、檀上のメンバーがどよめく一幕も。

新バンド「GYROAXIA」「Fantôme Iris」初公開
 アニメとアプリに登場する新たなバンド「GYROAXIA(ジャイロアクシア)」と、社会人メンバーによって結成されたヴィジュアル系バンド「Fantôme Iris(ファントム・イリス)」のキャラクターと設定が初公開。GYROAXIAのボーカルである旭那由多を演じる小笠原仁、Fantôme Irisのボーカルであるフェリクス・ルイ=クロード・モンドールを演じるランズベリー・アーサーが登壇し、それぞれが演じるキャラクターについて語った。

 小笠原は「やっとこの時が来たな、とワクワクしています。那由多は孤高の天才ボーカリストということで、一見冷酷にも見えますが、全ては上を目指す音楽のため、という熱いキャラクターです。推しポイントはこのクールな半眼で、たまらんですね! なのにバンド内では身長が高くないのが自分の萌えポイントです!」とコメント。また、ランズベリー・アーサーは「Fantôme Irisは全員がヴァンパイアというコンセプトで、フェリクスはすべてのヴァンパイアを統べる王という設定です。お客さまのことは“眷属”と呼んだり(笑) 社会人と吸血鬼、2つの面があるのが魅力だと思います」と語ると、檀上の他メンバーからは「眷属になりたい!」という声もあがった。

 さらに、Argonavisも含めた3バンドそれぞれのPVも公開。初公開となるオリジナル楽曲を使用し、キャラクターの表情が豊かに動くムービーに仕上がっている。日向は「率直にすごくかっこいいですね。もう最高!」と感激した様子で、前田、森嶋は「GYROAXIAさんもFantôme Irisさんも曲がドストライクなので早くフルで聴きたい!」と感想を述べた。舞台裏でPVを鑑賞しながら、一人では堪えきれず興奮を溢れさせていたことを暴露された小笠原は「このPVを最初に見た時の声が『うひー!』だったので、僕ってオタクなんだなって思いました(笑)」と興奮気味に語った。

【AAside/Argonavis】

【MANIFESTO/GYROAXIA】

【銀の百合/Fantôme Iris】

ブシロード新ブランド「B blossom」始動
 発表会では、ブシロードより新レーベル『B blossom(ビー ブロッサム)』の立ち上げが発表される。ブランドコンセプトは「スキを日常に」「日常にアナタのスキを応援します。」

 女性を中心に、アニメやゲームを「持って身につけて楽しい」ファッションとして日常的に楽しみたい人たちに向けたブランドだという。グッズを中心とした商品だけでなく「ARGONAVIS from BanG Dream!」など作品そのものも「B blossom」の一員として展開するとのことが発表され、今後の展開にも注目される。他にもライブ情報、CD情報、11月9日(土)・10日(日)に開催される「アニメイトガールズフェスティバル2019」の出展情報など、盛りだくさんの発表会となった。

 発表会の最後には、それぞれが挨拶。木谷は「やっと皆さんの元にこの情報をお届けすることができました。男の絆を描いた作品にしたいと思っております」と意気込みを語る。また、「夢を追い求める2次元のキャラクターと3次元のキャスト、夢を諦めきれないおじさんで作った作品です」と熱い想いを言葉にした。

画像ギャラリー

 

アニメ『アルゴナビス from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)』
【スタッフ】
監督:錦織博
シリーズ構成・脚本:毛利亘宏
キャラクター原案:三好輝
アニメーション制作:サンジゲン
制作:ARGONAVIS project.
【キャスト】
七星 蓮:伊藤昌弘
五稜結人:日向大輔
的場航海:前田誠二
桔梗凛生:森嶋秀太
白石万浬:橋本祥平 ほか

アプリゲーム『アルゴナビス from BanG Dream! AAside(ダブルエーサイド)』
メインキャラクター原案:三好 輝
シナリオ原案・監修:毛利亘宏
企画・原作:ブシロード
開発・運営・企画:株式会社ディー・エヌ・エー

ARGONAVIS プロジェクト公式サイト
https://argo-bdp.com/
ARGONAVIS プロジェクト公式 Twitter
https://twitter.com/ARGONAVIS_info
アニメ公式サイト
https://anime.argo-bdp.com
アプリゲーム公式サイト
https://aaside.bushimo.jp
アプリゲーム公式 Twitter
https://twitter.com/AAside_INFO
YouTube「ARGONAVIS ch.」
https://www.youtube.com/channel/UCc7Uz7Juj6VlihelzCWoMnQ
公式ラジオ番組「Argonavis ラジオライン」
https://hibiki-radio.jp/description/argonavis/detail

(C)ARGONAVIS project. (C)DeNA Co., Ltd. All rights reserved. (C)bushiroad AllRights Reserved.



この記事のキーワード

PAGETOP