超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

拓真は恋人としてあり!?新アニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』の本渡楓、加隈亜衣、日高里菜が語る女子のホンネ【インタビュー】

2019/10/1


 顔が怖いからと周囲から敬遠され、人間恐怖症になった少年・亜久津拓真。そんな彼が、悪魔と戦う戦乙女(ヴァルキリー)の9姉妹と、ある事情で同居することになる。恋を原動力にして戦う戦乙女たちと“イチャイチャ”させられることになってしまう拓真と、9姉妹それぞれの複雑な思いや戦いを描く『戦×恋(ヴァルラヴ)』は、10月5日より放送スタート。今回は、戦乙女9姉妹の中から、七樹役・本渡楓、五夜役・加隈亜衣、六海役・日高里菜の座談会を実施。作品や拓真に対する印象などを赤裸々に語ってもらった。


大胆な女の子たちの描かれ方に驚愕!?

――まず、作品の第一印象を教えてください。

本渡 オーディションのときに原作を読ませていただいたのですが……インパクトがすごかったです(笑)。表紙はキレイでかっこいい女の子が描かれているのですが、すごく攻めた作品だなと。原作が連載されている月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)史上“一番エロい作品”とうたわれているだけあって、何度読んでも慣れない部分もありますが、何度読んでも気持ちが熱くなるので、オーディションのときも、そういう気持ちを大切にして力を入れてみようと試行錯誤した記憶があります。

加隈 私はイメージを固めすぎるのもよくないかなと思って、あまり深く読み込みすぎずにオーディションに臨んだのですが、手違いでオーディションの1時間前にスタジオに入ってしまって、自分の番になるまで原作をしっかりと読む時間ができて。人が入れ替わり立ち替わりする空間で、どういう顔をしてこれを読めばいいのかなと思いました(笑)。「わ~、セクシーだな~」と心では思っているのですが、それを表情に出すのをためらってしまって、真顔で読んでしまうような、そんな作品です(笑)。でも、普段ツンツンしている女の子たちがちょっとデレたときに見せる表情がすごくかわいいんです。戦いのときはかっこいいですし、本当に女の子のいろんな顔が見られる作品だなと思いました。

日高 ストーリーとしては、バトルを頑張るためにいろんな恋のミッションをクリアしていくという流れはあってそこも面白いのですが、やっぱり絵で見る女性の体のインパクトがすごくて(笑)。六海としてオーディションを受けさせていただいたこともあって、ナイスバディーな六海の肉感が素晴らしいなと思いました。すごく、ドキドキして読ませていただきました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP