超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

“愚直”の意味が分からないカツオはーーTVアニメ『サザエさん』第2516話のあらすじ&先行カットを紹介!前回のじゃんけんは「パー」

2019/8/2


 毎週日曜日夜6時30分よりフジテレビ系で放送中のTVアニメ『サザエさん』。今年の10月に放送50周年を迎える予定の第2516話の各あらすじを紹介する。ちなみに、先週の次回予告時におけるサザエさんのじゃんけんの出し手は「パー」だった。


画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈『サザエさん』第2516話あらすじ〉
「夏の夜の奇跡」
タラオは。タケオからセミの抜け殻をもらい、セミが脱皮することを知る。そしてセミが脱皮するところを見たいと言い出す。サザエが「セミの羽化は朝早いはず」と言ったことから、マスオはタラオを早朝から公園に連れて行くことになり、カツオも波平に「自由研究の材料になるから行くように」と命じられ、しぶしぶタラオに付き合う羽目になる。

「グーチョキの人」
「会社一筋、何十年も勤めて立派」と家族は波平を労わり、手づくりの金メダルを首にかける。波平は「愚直にやってきただけ」と謙遜する。愚直の意味が分からないカツオは「ジャンケンで、グーとチョキしか出さない人?」と言ってひんしゅくをかう。愚直は正直で融通が利かない人のことだと聞き、カツオは「確かにお父さんそのもの」と納得する。

「姉さんの手のひら返し!」
カツオや中島らは、キャッチボール中に近所の窓ガラスを割ってしまい、その家の主人に怒鳴られる。ちょうど通りかかったサザエは、主人のあまりの剣幕にあきれ、毅然と「私が弁償いたします」と立ち向かう。「救いの神だ…」とカツオたちは喜ぶが、ガラス代が思いのほか高額だったため、逆上したサザエに先程以上に叱られてしまう。

〈『サザエさん』配信情報〉
 アニメ『サザエさん』登場人物別・傑作選は、2005年~2008年に地上波放送されたエピソードの中から、サザエ、マスオ、 カツオ、ワカメ、タラオ、波平、フネの磯野家ひとりひとりの選りすぐられた50作品を配信する。配信するタイトルとしては「サザエはミス日本」「マスオのひとり言」「カツオ人生論」「考えるワカメ」「タラちゃんパパになる」「波平微妙なとしごろ」 「母さんと演歌の星」などの作品がリストアップされた。

 また2005年~2008年当時の波平の声は永井一郎、フネの声は麻生美代子という貴重な声の出演にも注目。アニメ『サザエさん』の配信は、2018年12月からスタートした1969年10月5日第1回放送~1970年10月4日までの放送50回分に続く第2弾で、今回の50選はFOD、Amazon Prime Videoで視聴することができる。

〈TVアニメ『サザエさん』現在の放送概要〉
■タイトル:『サザエさん』 
■放送日時:毎週日曜日夜6時30分~7時00分 
■出 演: 
サザエ ・・・ 加藤みどり
カツオ ・・・ 冨永み~な
ワカメ ・・・ 津村まこと
タラオ ・・・ 貴家堂子
フネ ・・・ 寺内よりえ
マスオ ・・・ 増岡弘
波平 ・・・ 茶風林
ほか

■原作: 長谷川町子(長谷川町子美術館)
■スタッフ: プロデューサー 渡辺恒也(フジテレビ編成部)、田中洋一(エイケン) 
■制作: フジテレビ、エイケン

(C)長谷川町子美術館

 



この記事のキーワード

PAGETOP