超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

何者かに導かれるドラゴを除いたオーサム・ワンの爆丸たち! TVアニメ『爆丸バトルプラネット』第16話あらすじと場面カットを紹介

2019/7/21


 毎週月曜夕方555分よりテレビ東京系6局ネットにて放送中のTVアニメ『爆丸バトルプラネット』の第16話あらすじと場面カットが到着したので紹介する。

「邪悪な敵」
メイズを進む中、疲れがたまったダンたちはひと眠りする事に。するとドラゴを除いたオーサム・ワンの爆丸たちが何者かに導かれ、どこかへと行ってしまう。
脚本:谷畑ユキ 絵コンテ・演出:関絵理奈 作画監督:髙田真理

「ハイパードラゴ」
ドラゴたちが感じていた力の元へとたどり着いたダンたち。そこにはコア・セルという不思議な物体があった。しかしそこにバクゾンと、バクゾンを率いる謎の爆丸が現れる。
脚本:伊藤睦美 絵コンテ・演出:関絵理奈 作画監督:髙田真理

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

『爆丸バトルプラネット』作品概要
作品キャッチ:「みんな感じるんだ!ぶっちぎりの爆丸バトルを!」
放送局情報:テレビ東京系6局ネット 2019年4月1日(月)より毎週月曜日夕方5時55分~放送中

作品あらすじ
『爆丸バトルプラネット』の物語は、謎多き惑星が、地球と衝突したところから始まる。その大事件から12年後、インターネットスターを目指すダンたちオーサム・ワンのメンバーは、地球と謎の惑星が衝突した場所にて、インターネットにあげる面白動画を撮ろうとしていると、大きな赤いドラゴンへと変身する「ドラゴ」と名乗る爆丸に出会う。
各地で同じように、子供たちが爆丸を手に入れ様々なトラブルが起こる中、ダンとオーサム・ワンのメンバーは、パートナーとなった爆丸たちと絆を深めながらトラブルを解決していく。
しかしその裏では、強大な力を持つ闇の存在が産声をあげようとしていた・・・。
ダンとドラゴ、そしてその仲間たちの闘いがいま始まる!!

メインスタッフ
原作:SPIN MASTER
原案:杉本道俊
監督:市川量也
チーフライター:犬飼和彦
キャラクターデザイン:髙田真理
爆丸(モンスター)デザイン:大西佑希
音響監督:はたしょう二
音楽:高梨康治 (Team-MAX)

アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
アニメーション制作協力:スタジオ雲雀

キャスト
ダン クーソー:高橋李依 
ウィントン スタイルズ:福島 潤  
リア ヴェネガス:赤﨑千夏 
シュン カザミ:内山夕実 
ライトニング:金田アキ 

ドラゴノイド:武内駿輔
トゥロックス:堀江 瞬
ペガトリクス:名塚佳織
ハイドロス:市川 蒼
ハウルカー:神原大地

マグナス:梶川翔平

『爆丸バトルプラネット』公式サイト
https://www.bakugan.jp/
『爆丸バトルプラネット』公式Twitter
@bakugan_jp

(C)S/T/N/BBP PROJECT, TV TOKYO



この記事のキーワード

PAGETOP