超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】楠田亜衣奈の1stシングル『ハッピーシンキング!』は、アーティスト活動を凝縮した1枚!

2018/4/25


 人気声優・楠田亜衣奈の1stシングル『ハッピーシンキング!』は、彼女がマリー役で出演しているイラストアニメーションムービー『レディスポ』のテーマソング。満を持して贈る1stシングルに気合い十分な楠田のインタビューが、発売中の『アニメディア5月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では記事内でお届けしきれなかった部分も含めた、インタビュー全文をご紹介する。

──『ハッピーシンキング!』が、楠田さんにとって初のシングルなのは意外でした。
 アルバムよりもシングルのほうが、「ちょっと聴いてみようかな」と気軽な気持ちで手に取っていただけるし、初めましての方に「くっすん(楠田の愛称)ってこういう人だよ!」と、わかりやすく知ってもらえると思ったので、今回はシングルとして出すことにしました。そしてソロデビューから約3年、今まで3枚のアルバムを出してきて、「私ってこういう曲が好きなんだ」というふうに、発見したことがたくさんありました。『ハッピーシンキング!』は、そうしたソロ活動を通して培ってきたことを凝縮した作品になっていると思います。

──表題曲の「ハッピーシンキング!」のような、明るくてポップな曲が好きなんですか?
 大好きです。この曲は、突然3拍子になるところもあって、そこが初めて私の曲を聴く方に「何だ何だ?」という感じでインパクトを与えられるし、「他にどんな曲があるんだろう? 他の曲も聴いてみたい!」と、気になってもらえるんじゃないかな。「ハッピーシンキング!」が、楠田亜衣奈の音楽の入り口になったら幸せです。

──聴くとウキウキとした気持ちになれる曲ですね。実際に歌って、いかがでしたか?
 リズムが心地よく、歌うと楽しいし、思わずステップを踏みたくなります。

──今年1月と2月に大阪と東京でおこなわれた、バースデーイベント「楠田亜衣奈さんくっすんBIRTHDAY 2018 ~COLOR PALETTE SHOW~」で、いち早く披露されたそうですね。
 振り付けのダンスと一緒に披露しました。観客のみなさんも徐々にノってくれましたけど、最初は「どんな曲だろう?」と聴き入っている感じでしたね。早く歌詞カードを見ながら、じっくり聴いてほしいです。

──ダンスもされるんですね。
 幼いころからダンスを習っていたので、踊るのは単純に楽しいです。ライブを観てくださっている方は、私がダンスをすることを知ってくださっていますけど、知らない方にも私のダンス好きな一面を知っていただけたらうれしいです。

──「ハッピーシンキング!」のMVでも、ダンスを披露していますね。
 じつは、MVで踊ったのは初めてなんです! ずっとMVでも踊りたかったので、この機会に「やるしかない」と。この曲は、サビで”チャールストン”というステップを取り入れていて、衣装もタキシードふうなので、振り付けは全体にミュージカルっぽい雰囲気があります。

──シルクハットにステッキを持つみたいな。
 そうそう。曲を初めて聴いたときに、まさにそういうイメージが浮かびました。いつも曲をいただくと「MVはこういう感じにしたい」と、映像をイメージしながら聴くんですけど、今回は「絶対にシルクハットとステッキだな」とイメージが浮かんでいて。結果的にステッキは使いませんでしたが、シルクハットをかぶってタキシードっぽい衣装にしたいとお伝えして、ジャケット写真とMVを撮影しました。私はもともと色々なアーティストさんのMVを観るのが好きなんです。それもあってか、自分が歌うときも楽曲をイメージしやすいように、映像に変換しているのかもしれないです。

──”ポジティブシンキング”という言葉はよく耳にしますが、タイトルの「ハッピーシンキング!」は、あまり聞き慣れない言葉ですね。
 私も初めて聞きました(笑)。作詞を担当されたこだまさおりさんが考えた造語なんですけど、ポジティブ=明るく前向き、ハッピー=幸せ、なので、前向きのさらに上をいくイメージ。”ポジティブシンキングの上級”という意味で捉えています。

──ということは、楠田さんご自身も”ハッピーシンキング”な性格なのでしょうか?
 素は割とネガティブです(笑)。好き嫌いがはっきりしているので、嫌になったらとことん嫌になるし。すべてを明るく前向きに捉える性格ではないのですが、いつもハッピーシンキングでありたいと思っています。自分がハッピーになれば、周りもハッピーになると思うので。この曲を聴いた方が改めて歌詞カードを読んで、ハッピーな気持ちになってもらえたらうれしいですね。

──カップリングには、楠田さんの作詞曲を収録。まず各盤の共通カップリング「会いたいよでも言えないの」は、胸キュンのポップソングで、恋のはじまりを意識したときの気持ちがつづられています。
 少女マンガが大好きなので、少女マンガっぽい歌詞を書きたいと思いました。設定としては、主人公の女の子は少しツンデレで、相手の男の子のことは単なる幼なじみとしか見ていなくて。それが歌詞の1番では「あれ? もしかして」と自分の気持ちに気づき、2番ではその気持ちを直接伝えたいと思うようになる……。それまでは恋じゃなかった気持ちが”恋に変わる瞬間”と、恋する気持ちと向き合って一歩を踏み出すまでのストーリーを書いています。

──Dメロで「好き」と気持ちを伝えるところはセリフ調になっていて、思わず胸が高鳴りました
 もともとはセリフではなかったんですけど、レコーディングのときにディレクターさんから「ちょっとやってみようよ」と提案していただいて挑戦しました。ファンの方の胸に、刺さってくれたらうれしいです。

──ちなみに曲中で語られる2人は、今後付き合ったりするんでしょうか?
 さあ、どうでしょうか(笑)。2人の物語の続きは、いつか書いてみたいですね。

──通常盤に収録される「やさしいヒカリ」は、ファンへの気持ちを込めた歌詞になっているとか。
 こちらは、ファンレターへのお返事として書きました。ファンレターをたくさんいただくのですが、全員にお返事を書くのは難しくて。今までそのお返事をしたことがなかったんです。とはいえすべて読ませていただいていて、感謝といったいろいろな気持ちはいつも感じています。ただ、その気持ちを伝える手段が思い浮かばなくて、いつも心の中にしまっていました。でもそれを歌詞として表現したら、「みんなに聞いてもらえるんじゃないか」とふと思ったんです。「やさしいヒカリ」のデモを聴いたときに、そういう歌詞が合いそうだなと思ったので、今回書いてみることにしました。

──タイトルにある「ヒカリ」は、ファンがライブなどで振るサイリウムの光を指していますか?
 そういう意味で捉えていただいてもよいのですが、私はファンレターのことを「ヒカリ」と言い換えています。タイトルが「ファンレター」では直接的すぎるし、「親愛」という言葉が好きなので「Dear…」にしようとも思いましたが、少し比喩的な表現にしたかったので、「やさしいヒカリ」と付けました。

──楠田さんにとってファンレターは、自分に光をもたらしてくれるものなんですね。
 はい。楽しいお手紙、うれしいお手紙、落ち込んでいるときに元気をくれるお手紙。みなさんからいただくファンレターに、いつも影響を受けています。私にとってのファンレターは、草花にとっての太陽の光のようなものだと思っています。

──とてもほっこりするお話です。そして8月からは全国ツアーの開催を予定しているとのこと。ファンの前で、新曲を披露するのが楽しみですね。
 今回は、全国6か所での開催を予定しています。また4月後半から5月にかけて開催されるリリースイベントでも全国各地にお伺いします。こういう機会にファンのみなさんの元に行けるのが、とてもうれしいですね。早くみなさんの顔を見ながら歌いたいです。

──楠田さんにとってライブは、どういう場ですか?
 私の楽曲には、一緒に振り付けを踊ったり、タオルを回したりする曲がけっこう多いこともあって、ライブはファンの方とのコミュニケーションの場です。8月のツアーも、一緒に楽しめるステージにしたいです。「ハッピーシンキング!」で初めて私を知ってくださった方も、ぜひ遊びに来てください!!

◆プロフィール
【くすだ・あいな】2月1日生まれ。千葉県出身。ダンデライオン所属。アニメ『ラブライブ ! 』の東條希役で声優デビューし、μ’sの一員として「第66回NHK紅白歌合戦」に出場した。一方で2015年、ミニアルバム『First Sweet Wave』でソロデビュー。これまでにアルバム3枚をリリースしている。シングルリリースは『ハッピーシンキング!』が初となる。


<1stシングル『ハッピーシンキング!』情報>

発売中
初回限定盤A および初回限定盤B 各2,300円(税込)、通常盤1,200円(税込)
バップ

 表題曲は楠田がマリー役で出演するイラストアニメーションムービー『レディスポ』のテーマ曲で、おしゃれな雰囲気のポップナンバー。カップリングには、曲中にある楠田の告白ゼリフに思わず胸が高鳴る「会いたいよでも言えないの」を収録。また通常盤にのみ、ファンへの感謝の気持ちを歌った楽曲「やさしいヒカリ」が収録されている。

初回限定盤A

初回限定盤B

通常盤

(取材・文=榑林史章)



この記事のキーワード

PAGETOP