超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』特番に堀江瞬・河野ひより・奥野香耶・早瀬莉花・安野希世乃が出演! スキル取得で圧倒的支持を受けたのは…!

2018/3/29


 TVアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』の魅力を伝える番組「ポチとタマの異世界指南」の第三回目が2018年3月17日(土)にニコニコ生放送にて配信された。出演者はサトゥー役の堀江瞬、ポチ役の河野ひより、タマ役の奥野香耶、ルル役の早瀬莉花、ナナ役の安野希世乃。超! アニメディアでは当時の様子をレポートする。

(左から)ポチ役の河野ひより、タマ役の奥野香耶、サトゥー役の堀江瞬、ナナ役の安野希世乃、ルル役の早瀬莉花

女子力が高いアフレコ現場!

 『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』(以下、デスマ)は日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」で6億超のPVを獲得し、同名の小説とマンガシリーズの累計発行部数も200万部を突破した話題作。異世界に迷い込み、ひょんなことから最強の力と財宝を手にしてしまった主人公”サトゥー”が、 女の子達を助けたり、デートしたり、観光したり、美味しいものを食べたり…という異世界冒険譚で、TVアニメも2018年1月11日より放送がスタートしている。

 特番は『デスマ』の最新情報の告知や更なる楽しみ方などをポチ(河野)・タマ(奥野)の二人がMCとなり伝えるというもの……だが、今回の番組冒頭ではタマの姿が見当たらず……。どうやらタマは異世界に行っているため、後から合流するとのことだ。そんな状況のなか、まずは安野が演じる「ホムンクルスNo.7 ナナ」についての紹介が行われた。

 ナナは『デスマ』に登場する他のメインキャラクターに比べて、胸が発達している見た目が特徴。同じような容姿をしている8人のホムンクルスのうちの1人である。ナナを演じるうえで安野は、同じ容姿をしたNo1~No8までのキャラクターを演じ分けたことが印象に残っているとコメント。他出演者からも8人分のアドリブや息遣いなどを全て安野がやっていて、「大変そうだった」という声が寄せられた。

 続けて、アフレコ現場の雰囲気について質問された安野は「女子力が高い現場だと思った」と回答。併せて男性キャストがあまり前に出ないようにしていた、堀江はちゃんと女子トークに馴染んでいたなど、当時の様子も振り返った。

 ナナの紹介が行われた後には、これまで放送したなかで印象に残っているシーンを出演者が絵で描いて発表することに。順番は「絵だけはお母さんが私に与えてくれた市民権」だと主張する河野が自動的にトリを務めることとなり、他出演者はじゃんけんで決定。堀江、安野、早瀬、そして河野の順番で発表することとなった。

 最初に発表した堀江は、鈴木一郎の「デスマーチ中」の様子が印象に残っているとコメント。2番手の安野はサトゥーが食レポをするシーン(絵の題名:異世界食レポ)、3番手の早瀬は6話でサトゥーとルルが馬車デートをした際のサトゥーの女性の扱い方が上手だと感じたシーンだと発表した。トリを務めた河野は7話にてポチとタマが「ヤカンが怒った」とサトゥーに駆け寄ってくるシーンをピックアップ。絵はとても可愛らしかった。

堀江瞬の印象に残ったシーン

早瀬莉花の印象に残ったシーン

安野希世乃の印象に残ったシーン

河野ひよりの印象に残ったシーン

 と、ここで突然、河野が「河野ひよりの生今週の一文字もとい来週の一文字」のコーナーの開幕を宣言。本コーナーは河野が『デスマ』放送毎の内容を一文字で表していくTwitterで展開中の企画で、今回は10話の文字の発表と、11話の文字をその場でしたためることとなった。まず10話の文字に選んだのは「涙」という一字。それまで切ない話が続いたが、10話でいつもの穏やかな雰囲気が戻ったことが嬉しくて涙したからこの文字を選んだという。

 なお、本トークでは最終回終わりのアフレコで河野がドアと壁の間で涙していたというエピソードも他出演者が赤裸々にトーク。河野は「寂しくなっちゃって……」と、当時の率直な心境を言葉にしていた。

 そのまま次の文字の発表をするかと思いきや、ここで奥野が番組に合流。心強いメンバーを迎えて一層盛り上がるなか、河野は来週の一文字が「薬」であると発表した。11話のキーワードなので、まだ放送を見ていない方はこの文字を念頭に置いてアニメを観ていただきたい。

スキル取得で圧倒的支持を受けたのは……

 「一文字」を発表した後に行われたのは、Blu-ray第1巻が2018年3月30日(金)に発売することの告知。告知と併せて、本番組中ではBlu-rayのパッケージも解禁された。また、封入されているブックレットにはキャストのインタビューが掲載されること、初回特典として愛七ひろ先生による書き下ろし小説「デスマーチからはじまる現代狂想曲ー目覚めー」が付くことのほか、2018年6月2日(土)に二部制で行われ、キャストも勢ぞろいするスペシャルイベント「デスマーチからはじまる郊外狂想曲」の先行予約券が封入されることも紹介された。なお、書き下ろし小説はWEBサイトにてお試し読みができるとのこと(お試し読みはこちら→http://deathma-anime.com/discography/detail.php?id=1015385)

 さらに、新情報として2018年7月に『デスマ』の一番くじが出ることも発表された。詳細は続報をお待ちいただきたい。

 告知後に行われたのは特番恒例となった「ニコ生から始まるスキル習得」のコーナー。本コーナーはありとあらゆるスキルを簡単に取得するサトゥーに倣って、出演者もスキル取得を目指すというもの。今回も出演者が対決をして、視聴者に誰が一番スキル取得をできていたか選んでもらうこととなったが、その前にTwitterの企画で河野と奥野が行っている「リフティング」と「ラテアート」のスキル取得についての進捗報告が行われた。

 報告ではまず、河野が「リフティング」をその場で披露。何度か挑戦したところ、現時点で最高記録となる5回続けることに成功した。奥野が挑戦している「ラテアート」については、エスプレッソマシンを番組スタッフが購入し、そのマシンを使って自宅で毎日練習していると発表。どちらのスキル取得も次の披露が期待できそうな報告となった。

 二人の進捗報告後は、いよいよ出演者全員のスキル取得対決が行われることに。今回は世界地図を書く「マップ探索スキル」、知恵の輪を解く「知恵のスキル」、フラフープを回す「フラフープスキル」の3つに挑戦した。結果は、要点を捉えた世界地図を書き、知恵の輪もすぐに解いて、フラフープも見事に回した早瀬が視聴者アンケートで約半数の指示を得て勝利。勝利者である早瀬には、高級な「飛騨牛」が贈呈された。これまで用意されていた「ワニ」「カンガルー」といったものとは違い、「牛」という種類としては馴染みのあるお肉に早瀬はご満悦の様子。他出演者からは「今回に限って……」と羨む声が挙がっていた。

 なお、「マップ探索スキル」では安野が笑う地球に南極と北極とだけ書いたり、堀江がRPGなどで終盤になると行けるようになる幻の島を書いたり、「フラフープスキル」では河野が永遠に続けられるであろう見事な回しっぷりを披露したり、安野が足で回したりと、本企画は多いに盛り上がった。

早瀬莉花の世界地図

安野希世乃の世界地図

堀江瞬の世界地図

奥野香耶の世界地図

河野ひよりの世界地図

 改めてBlu-ray第1巻が2018年3月30日(金)に発売すること、初回特典には原作者・愛七ひろ先生による書き下ろし小説と原作イラストを担当するshri先生による描き下ろしスリーブケースや特製ブックレットがつくこと、メーカー早期予約特典としてshri先生によるポチ・タマの描き下ろしミニ色紙がつくこと、OPテーマ「スライドライド」EDテーマ「スキノスキル」の情報、原作などの告知が行われた後には番組も終了の時間。

 最後の挨拶では、ここまで3回MCを務めてきた河野が「MCスキルを身に着けたい」と今後について前向きなコメントを残す。トリを務めた堀江は「まだまだ『デスマ』は続いていきますのでよろしくお願いします」と挨拶をし、特番は終了の時間を迎えた。

shri先生による描き下ろしスリーブケース

<TVアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』情報> 
2018 年 1 月から TOKYO MX・BS11・AT-X・サンテレビ ほかにて放送!
◆TOKYO MX 1 月 11 日スタート 毎週木曜日 24:00~
◆サンテレビ 1 月 13 日スタート 毎週土曜日 25:00~
◆BS11 1 月 11 日スタート 毎週木曜日 24:30~
◆AT-X 1 月 11 日スタート 毎週木曜日 23:30~
※リピート放送:毎週土曜日 15:30/毎週日曜日 26:30/毎週水曜日 7:30

【スタッフ】
監督:大沼 心
シリーズ構成・脚本:下山健人
キャラクターデザイン:滝本祥子
制作:SILVER LINK. × CONNECT

【キャスト】
サトゥー:堀江 瞬
ゼナ:高橋李依
ポチ:河野ひより
タマ:奥野香耶
リザ:津田美波
アリサ:悠木 碧
ルル:早瀬莉花
マーサ:厚木那奈美
ナナ:安野希世乃

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』公式サイト
http://deathma-anime.com/

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』公式Twitter
@deathma_anime



PAGETOP