超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

舞台『仮面ライダー斬月』開幕!久保田悠来「歴史的瞬間を目の当たりにしていただきたい」【レポート】

2019/3/9


 3月9日(土)、東京・日本青年館ホールで、舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-の初日会見とゲネプロが行われた。会見には久保田悠来(呉島貴虎役)、萩谷慧悟(アイム役)、丘山晴己(鎮宮雅仁役)、脚本・演出の毛利亘宏が登壇。会見とゲネプロの写真をご紹介するので、ネタバレが気になる方はご注意を。

写真左から毛利亘宏、丘山晴己、久保田悠来、萩谷慧悟

 開幕を目前に控えた久保田は、「仮面ライダーシリーズ初の演劇化ということで、平成最後のお祭り、平成仮面ライダーの締めくくりとして、演劇ができるのを大変うれしく思っています。ぜひ歴史的瞬間を目の当たりにしていただきたい」と意気込みを語った。萩谷は「平成仮面ライダーは、幼少期のころずっと観ていて、おもちゃのベルトを買って変身ポーズをしていたのですが、まさか出演させてもらえるとは思っていなかったです。フレッシュな気持ちで頑張ります」と喜びを明かした。丘山は「今回の舞台は、新しい『仮面ライダー』になるのではないかと思います。毛利さんの力もあって、とても革命的なものになったんじゃないかと思っています」と、手応えを明かした。さらに毛利も「『仮面ライダー鎧武/ガイム』には、脚本家として参加していたんですが、それをホームグラウンドと言える演劇というフィールドで作品にできることを、光栄に思います。映像やキャラクター、仮面ライダー、いろんな要素が演劇に詰め込まれていて、誰も見たことがないものが仕上がっています」と自信をのぞかせた。

 また、テレビシリーズとのアクションシーンの違いについて、久保田は「テレビの撮影では色々角度を変えて撮ったりすることがあるんですが、今回は『カメラを止めるな!』ということで、舞台上ではずっとアクションを続けていかなくてはならないので、緊張感はあります。それぞれの新しい熱量が出るのではないかと思っています」と、話題の作品に絡めつつ語った。毛利も「できる限り、ライブならではの生々しいアクションにこだわって作っていった感じです。迫力が生で伝わることを、楽しんでいただければ」と、見どころのアクションについてアピールした。

 さらに毛利は「久保田くんに関しては、貴虎が目の前にいるというか、『全編貴虎をご堪能ください』という感じです(笑)。ブレない、どっしりとした座長で、頼もしい限りです。慧悟はキラッキラしていていいですね。本編と舞台版『斬月』をつなぐ重要なキャラクターですが、本読みの段階から『この子でよかった』と確信がありました。丘山くんは、初めて会うタイプの役者で。(役への)アプローチが面白い。貴虎と対をなす役ですが、ミステリアスで深みがある芝居をしてもらっている」と3人を絶賛。そんなコメントを受け萩谷は「仮面ライダーに憧れていたので、出させてもらえて光栄です。いろんなことを吸収して、自分のできることを増やして行きたい」と、役者としての意気込みを明かした。

 物語は、貧困と紛争によって衰退の一途をたどる国・トルキア共和国が舞台。かつて巨大企業ユグドラシル・コーポレーションによるプロジェクト・アークの実験場だったトルキア共和国に異変が起きていると知った呉島貴虎は、約 8 年ぶりにトルキア共和国に足を踏み入れる。だが、予期せぬ襲撃を受け、巨大な穴の底に広がる地下世界・アンダーグラウンドシティに落下してしまう。そこでは、戦極ドライバーにロックシードを装着し、アーマードライダーに変身した青年たちが、戦いに明け暮れる日々を過ごしていた。そんな青年の一人・アイムに助けられた貴虎だが、彼は記憶を失っていたーー。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-〉
公演期間・劇場
【東京】2019年3月9日(土)~24日(日)日本青年館ホール
【京都】2019年3月28日(木)~31日(日)京都劇場

出演
久保田悠来

萩谷慧悟
原嶋元久
小沼将太
宇野結也
後藤 大
増子敦貴
千田京平
高橋奎仁
田淵累生

丘山晴己

大高洋夫

飯塚大夢 北川雄也 木村充希 拳多
鯉江至音 高橋広吏 夛田将秀 本間勇二ロイド
佐藤公介 中西奨 福田慶晶 八巻紀一

原作 石ノ森章太郎
脚本・演出 毛利亘宏(少年社中)
シリーズ原案・監修 虚淵 玄(ニトロプラス)
脚本協力 鋼屋ジン(ニトロプラス)
音楽 山下康介
主催 東映 ニトロプラス ネルケプランニング

公式サイト
https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/

公式Twitter
@stage_zangetsu

©石森プロ・東映
©舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会



PAGETOP