超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【連載インタビュー】舞台『十二大戦』庭取役の梅村結衣がアニメを見終えたときに感じたこと -「改めて自分と向き合うことができた気がします」

2018/3/29


 2017年10~12月までMBSほかにて放送されていたテレビアニメ『十二大戦』。本作は、小説を担当した西尾維新と、イラストレーションを担当した中村光が初めてタッグを組み、干支の名を宿す十二人の戦士たちの物語を描いた作品だ。そんな『十二大戦』が2018年5月に舞台化すると発表され、更なる話題を呼んでいる。今回、超! アニメディアでは舞台の魅力に迫るため、全6回に渡るキャストインタビューを実施。第2回目は「啄んで殺す」庭取役の梅村結衣に『十二大戦』への想いや演じるキャラクターなどについてうかがった。

庭取役の梅村結衣

■十二大戦とは
2015年5月19日に集英社にて刊行した小説。小説を担当した西尾維新と、イラストレーションを担当した中村光の初タッグ作品。干支の名を宿す十二人の戦士たちの物語が描かれている。参加者は“子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥”。参加者12人が『一つだけ叶えられる願い』を賭けて魂を揺さぶるバトルロイヤルを繰り広げる。2017年10~12月までMBSほかにて放送されていたテレビアニメは、監督が細田直人、シリーズ構成に村井さだゆき、アニメーション制作をグラフィニカが担当、そのほかキャラクターデザインに嘉手苅睦、音楽を椎名豪という豪華スタッフ陣が集結し、話題となった。

■庭取キャラクター紹介
本名・丹羽遼香。六月六日生まれ。身長153センチ、体重42キロ。幼少期より、筆舌に尽くしがたい凄惨な虐待を受けて育った彼女には、十五歳以前の記憶がない。手にしている武器は、トライデントではなく鋤(すき)。銘はないが、勝手に『鶏冠刺(とさかざし)』と呼んでいる。ストレスが限界に来たと感じると、温泉に行く、だから向かう戦場が温泉地だと少し嬉しい。

「非情さ」が個性

――舞台『十二大戦』は小説・アニメ・マンガと展開してきた作品が原作となります。梅村さんは舞台への出演が決まる前から原作を知っていましたか?

今回の舞台のオーディションを受けるとなった時にアニメを見始めました。個人的にアニメはよく見るのですが、こういうバトルロイアル系の作品はキャラクターがたくさん登場する作品が多く、なかなか登場人物を覚えるのが大変で……。ただ『十二大戦』は十二支をモチーフにした人物が主要キャラクターでしたので、把握しやすかったです。また、キャラクター全員が個性的で、しかもそれぞれの生い立ちや過去がしっかりと描かれているのも印象的でした。

――それぞれの容姿を見ただけでも大体どの十二支か分かりますよね。

そうですね。あとは戦士としての名前も十二支になぞられていたので、すぐに登場人物を把握することができました。

ーーそんな『十二大戦』の舞台で、今回、庭取役を演じることになります。梅村さんは庭取がどういう人物だと感じていますか?

庭取は「十二大戦」に参加することとなった戦士のなかで最も人間らしい、女の子らしいと言っても過言ではないキャラクターです。力は他の戦士たちと比べると劣っていますが、彼女は良くも悪くも「自分さえよければいい」という「非情さ」を持っています。そういう考えのもと、相手を騙して戦うスタイルですね。

――力よりも知恵を使って戦うタイプですね。

そうですね。ただ、頭がいいというよりもずる賢いタイプなのだと思います。これは他のキャラクターにはない彼女の個性ではないでしょうか。

――個性という面では衣装もかなり個性的かと思います。

露出がすごいですよね(笑)。私は色気があまりないと言われることが多いので、この衣装を着させていただくからには庭取の天津爛漫な部分だけでなく、ちょっとだけ色気も出していけたらいいなと思っています。

――それに向けてトレーニングなどはされていますか?

本番までには体を仕上げていきますので、こうご期待ということでお願いします(笑)。

原作のある舞台では自分勝手なことはできない

――本番までに時間があるというお話ですが、これから稽古も本格的に始まってくるかと思います。今の段階でどういう舞台になればいいなと思い描いていますか?

舞台がどうなるのか未知数ではあるのですが、個性的な戦い方をするキャラクターたちのアクションがどう表現されるのか、個人的にも楽しみにしています。また、戦闘シーンだけでなく、キャラクターの過去や背景が伝わるような表現ができればいいなと思っています。

――表現という点でいえば、梅村さんは今までもいくつかアニメ・マンガなどが原作の舞台に立たれてきたと思います。そういう舞台に出演する際、意識されていることはありますか?

普段やっているお芝居との違いは「自分勝手な行動ができない」という点です。原作がないような作品だと、台本を読んだり、芝居をしたりしているときに自分が感じたものを表現し、自然と体が動く感じなのですが、本作のような原作のある舞台では元となるキャラクターがいる以上、自分勝手なことはできません。セリフの言い方やイントネーション、語尾、感情の作り方もキャラクターに寄せないといけないんです。

――原作のキャラクターに忠実であることを意識している?

決して自分勝手な演技にならないことを意識しています。原作のキャラクターに似せるか、忠実に再現したうえで越えていくかが大事な気がします。

――演じる上で意識することもお話いただきありがとうございました。最後に『十二大戦』に関連する質問を2つさせてください。まず、もし梅村さんが「十二大戦」で戦うことになったとすれば、どうやって生き残りますか?

私も庭取と同じくあまり積極的に戦うキャラじゃないと思いますので、頭脳で勝負したいですね。もし何かしらの能力がもらえるなら、人の心の中を読めるようになりたいです。原作でも色々なところでキャラクターたちが共闘を持ちかけるシーンがあるじゃないですか。でも実はそれには企みがあるということがほとんどだった気がします。今の私が「十二大戦」に巻き込まれて仲間になろうと言われたら、絶対に信じちゃう(笑)。だからそういう企みを見破れる力が欲しいです。

――なるほど。では、バトルロイアルを勝ち抜いて『一つだけ叶えられる願い』の権利を手にできたとしたら、何を願いますか?

空を飛んでみたいかな。私、ジェットコースターが好きですし、何より乗り物酔いをしやすいので、空を飛べたら乗り物酔いしなくて済みそうなので(笑)。あとはいま生きている記憶を持ったまま人生を一からやり直してみたい。家族が幸せになって欲しいという願いもありますね。うーん、ひとつには絞れないです。

――叶えたい願いがひとつだと、絞るのが難しいですよね。

実はアニメを見終えたときにも、「私が勝ち残ったら何を願うのだろう」と考えたんです。でも、叶えたい願いはパッとは出てきませんでした。例えば、みんなが幸せになることを願えば、悪いことを平気でするような人も幸せになる、それってもしかすると悪事が増えることにもつながってしまうのではないかなと思うんです。

ーーなるほど。

何でも願いが叶えられるっていいことだとは思うんですけど、叶える願いによってはたくさんの人の行動に影響が出てしまいます。そういう意味では、責任重大だと思うので選びきれないですね。こういうことはきっとアニメを見ないと考えもしませんでした。改めて自分と向き合うことができたような気がします。なので、今回の舞台を見に来てくださる方々にも「願いを叶えるとしたら、何を願うのか」ということをぜひ考えてみて欲しいです。それで皆さんが何かひとつでも感じてもらえるものがあれば私も嬉しいですね。

◆プロフィール
梅村結衣【うめむら・ゆい】3月1日生まれ。サンミュージック所属。主な出演は映画『ハルチカ』坂巻麗華役、映画『ミスムーンライト』(マキ役)主演 ほか。WEBラジオ「葉月と梅村結衣のオールナイトニッポン モバイル」でパーソナリティも務める

《連載インタビュー》
第一回→異能肉役・護あさなが演じるうえで意識したいこと 「日笠陽子さんのお芝居を研究しています」

<舞台「十二大戦」情報>
■日程・劇場
神戸:新神戸オリエンタル劇場:2018年5月4日(金)~5月5日(土)
東京:シアター1010 :2018年5月9日(水)~5月13日(日)
※公演日時は変更の可能性があります。

■キャスト
【寝住】北村 諒 【失井】滝川広大 【妬良】今村美歩 【憂城】才川コージ【断罪兄弟・兄】橋本祥平 【断罪兄弟・弟】⾧谷川慎也 【迂々真】横山真史【必爺】原 勇弥【砂粒】竹内 夢 【庭取】梅村結衣 【怒突】伊阪達也【異能肉】護 あさな【ドゥデキャプル】和泉宗兵 ※出演者は変更になる可能性がございます。

■スタッフ
原作:西尾維新「十二大戦」(集英社刊)脚本/演出:伊勢直弘 音楽:椎名豪
主催:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
■主題歌:Do As Infinity『化身の獣』
■チケット情報
●一般指定席8,000円(税込/全席指定)
★チケット一般発売開始!
発売開始日時:2018年3月3日18:00~
楽天チケット:http://r-t.jp/12taisen
イープラス:http://eplus.jp/12taisen-stage/
ローソンチケット: http://l-tike.com/12taisen-s/
チケットぴあ: http://w.pia.jp/t/12taisen-stage/
※チケットの詳細は公式HPをご確認ください。

 Do As Infinityによる主題歌『化身の獣』スペシャルライブ付追加公演 開催決定!! 
舞台「十二大戦」完売公演多数につき、東京5月11日14時~の追加公演が決定!追加公演ではDo As Infinity本人による『化身の獣』スペシャルライブを開催‼︎2018年3月28日12時~追加公演チケット先行抽選受付を開始します。

魂を揺さぶる生ライブ付ステージを、是非お見逃しなく!

■日程:5月11日(金)14時~
■劇場:シアター1010(東京)
■料金:一般指定席8,000円(税込/全席指定)
■受付期間:2018年3月28日(金)12時~2018年4月1日(日)23時59分
■当落確認・入金期間:2018年4月4日(水)18時~2018年4月8日(日)23時59分
■受付URLhttp://r-t.jp/12taisen_hp
※枚数制限:1申込みにつき、2枚までとさせていただきます
※未就学児の入場は不可となります

 

舞台「十二大戦」公式サイト
http://12taisen-stage.com
公式Twitter
@12taisen_stage 
梅村結衣Twitter
@umechnchn

 

©西尾維新・中村光/集英社 ©エイベックス・ピクチャーズ株式会社



この記事のキーワード

PAGETOP