超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

『ストライク・ザ・ブラッドⅢ』姫柊雪菜役・種田梨沙も思わずキュン♡「古城との日常会話がドキドキするようなシーンになってると思う」【インタビュー】

2018/12/26


 最強の吸血鬼“第四真祖”の力を受け継ぐ主人公・暁古城の戦いを描く、人気アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』。その最新作となる『Ⅲ』は全5巻のOVAシリーズとなっており、第1巻が12月19日に発売となった。ヒロインの姫柊雪菜を演じる種田梨沙に、作品の魅力や『Ⅲ』の見どころについて語ってもらったインタビューが、発売中の『アニメディア1月号』に掲載中だ。そのインタビューのロング版を、「超!アニメディア」にて独占公開!

身体が演技を覚えているので、
古城との掛け合いは楽しいです

――アニメ『ストライク・ザ・ブラッド(以下、ストブラ)』は、5年近く続くシリーズとなりました。改めてご自身が演じる雪菜への印象を教えてください。
 雪菜は見た目こそいかにも“大和撫子”という印象ですけど、ものすごく芯が強くて、戦いでも主人公の古城と一緒に前線に立つ力強い女の子です。物語上の立場はヒロインかもしれませんが、私は『ストブラ』って古城と雪菜のダブル主人公なんじゃないか、というイメージがあるんです。人間としてかなり完成されているんですけど、恋愛のことになると急に幼くなって、中学生らしい一面を見せるんですよね。そういうところがかわいらしくて、魅力的な女の子だと思っています。

――長く演じてこられたなかで、雪菜の成長を感じることはありますか?
 最初のころの雪菜って、自分のなかで“使命を果たす”ということが最優先で、ちょっと厳しい雰囲気もありました。でも古城の妹の凪沙とか同性代の女の子とコミュニケーションをとったり、古城たちと過ごしたりするうちに、どんどん年相応のやわらかい印象になりましたね。バトルのときも使命を優先するのではなく、自分の考えを出して行動するようになっていったんですよ。最近は古城の影響を受けているのか、どんな強敵が現れても決してあきらめずに戦う強さを持ち始めたなと感じています。

――主人公の古城について、種田さんはどんな印象をお持ちですか?
 いわゆるライトノベルの主人公って、女の子から好意を向けられても気付かないとかありますけど、古城はそんなレベルじゃなく「そもそも恋愛ごとに興味がないんじゃないか」と感じることがあります(笑)。でもそれくらい硬派な男の子だからこそ、いろんな人に好かれているんだなと思います。細谷(佳正)さんの素敵な声も相まって、みんなのかっこいい兄貴分という印象です。恋愛面は鈍感だけど、他人の感情の揺れ動きには敏感なので、いろんな人の痛みをわかってあげることができるんでしょうね。

【関連記事はこちら】

【編集部ブログ】メガミマガジン2月号『ストライク・ザ・ブラッドⅢ』を巻頭特集! 袋とじで”あのシーン”のバストトップも解禁

続きを読む



PAGETOP