超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

中川翔子3年半ぶりのニューシングル「blue moon」はTVアニメ『ゾイドワイルド』ED曲「いろんな人の笑顔に出会えるラッキーソングです」

2018/11/27



 ニューシングル「blue moon」を11月28日(水)にリリースする中川翔子。約3年半ぶりのシングルは、自ら作詞を手がけた表題曲を始め3曲入りの豪華盤。リリースを控えた中川翔子に、歌にかける思いなどを語ってもらった。

――3年半ぶりのリリースとなる本作ですが、CDリリースが決まった時のお気持ちを教えてください。
 とても嬉しかったです。約3年半、個人名義でリリースがなかったので、ライブに来てくれる方に新しい歌を届けたいという思いや、歌から遠ざかっている不安など、いろんな気持ちがありました。でも、リリースが決まって、タイミングってあるんだなと思えたし、この3年半のいろんな経験にも意味があって、歌の瞬間のためにあると信じていたので、本当に決まってよかったと思いました。しかも、アニメのタイアップということで。

――TVアニメ『ゾイドワイルド』のEDテーマということですが。
 今回、2クール目のEDテーマということで、『ゾイドワイルド』が始まる前からキャラクター設定やストーリーの展開を見せてもらって。それを踏まえて作詞をすることになったので、なるべくアニメに寄り添った曲にしようと思って作りました。ゾイドって“機械生命体”ですけど、男の子にとってはロマンがあって、しかも長い歴史もあって、親子で見られる作品だなと。主人公の破天荒な男の子・アラシが、ベーコンや仲間たちと出会って成長してく物語でもありますし、ワイルドライガーと絆が芽生えて本能解放できるというのも素敵だなと。アラシとワイルドライガーのような運命的な出会いって、なかなかあるものじゃないし、奇跡的だと思える出会いって素敵だなと思いました。それだけじゃなく、アラシにとってのベーコンも人生を変える上での大きな出会いだし、いろんな角度で大人が見ても楽しめる作品だと思いましたし、物語やアラシと周りの人々の関係性が、EDテーマの「blue moon」を作詞するヒントにもなりました。

続きを読む



PAGETOP