超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

飯田里穂最新ミニアルバム発売。「希望」のこもった作詞をしたい“りっぴー”がぶつかった、とある「絶望」とは!?【インタビュー】

2018/9/6


飯田里穂
 声優としての活動はもちろん、近年は舞台役者としても活躍している飯田里穂が、NBCユニバーサル・エンターテイメントに移籍後初となるミニアルバム『Special days」を9月5日にリリース。約2年ぶりとなるリリースにあたり、彼女はそれぞれの曲にどんな思いを込めたのか。曲選びから携わったという彼女に、今の思いを赤裸々に語ってもらった。

移籍した意味を見せていきたかった

――最後にシングルをリリースしたのが2016年の12月でした。それ以来のリリースですから、約2年ぶりになりますね。
 そうですね。ものすごく久しぶりな感じです。

――久しぶりのリリースがミニアルバムで、6曲も歌を聴けるというのは、ファンとしては「待ってました!」という気持ちだと思います。
 今回のCDは新しい名刺的なものになるようにと考えて作ったんですね。自己紹介をするのに1曲ではたらなすぎるだろうということで、ミニアルバムになりました。

――今回は、曲のデモ選びから参加したとうかがいました。
 徳間ジャパンコミュニケーションズさんからNBCユニバーサル・エンターテイメントさんに移籍して、変わった意味をみんなにも見せたいなと思ったんです。それで、以前はやっていなかったデモ選びにも参加させてもらいました。

――実際に聴かせていただくと、飾っていない、等身大のシンプルな曲がそろったなというイメージです。
 最初の話し合いのとき、どういう曲を歌うのがいいのかという話題が出ました。私は1回、ソロで活動をしていましたし、今風な曲を歌うのであれば移籍をした意味がないんじゃないかと思ったんですね。それで、みんなでいろいろと考えて、90年代をモチーフにして「なつかしいものが一番新しい」というコンセプトに決めました。デモの段階でかなりの曲数があったので、選びきるのには時間がかかりましたが、基本的には直感で「これいい!」と思ったものをチョイスしていった感じです。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP