超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

デビュー10周年記念イヤー! 中島 愛最新シングルはダブルタイアップ!「慣れることが怖い。つねに人が驚くような新しいことをやりたい」【インタビュー】

2018/8/6


 2009年にソロデビューをして、今年はデビュー10周年記念イヤーとして精力的に活動している声優・中島 愛。彼女の最新シングルは『すのはら荘の管理人さん』のOPテーマ「Bitter Sweet Harmony」と『かくりよの宿飯』の新EDテーマ「知らない気持ち」のダブルタイアップ仕様。カップリングの異なる「すのはら盤」「かくりよ盤」の2枚を同時にリリースする彼女に、レコーディングについてやデビュー10周年への思いを聞いた。

中島愛
「Bitter Sweet Harmony」はなつかしい人の違う一面が見えた曲

――「Bitter Sweet Harmony」も「知らない気持ち」も、すでにアニメのOP&EDで映像とともにオンエアされました。実際に各作品の映像を観た感想は?
 先に『すのはら荘の管理人さん』(以下『すのはら荘』)を観て、そのあとに『かくりよの宿飯』(以下『かくりよ』)を観たのですが、絵が付くと喜びもひとしおです。『すのはら荘』はキャラクターが歌を口ずさんでくれているのがうれしかったですし、『かくりよ』はEDの映像が変わって、歌が話の展開の力になれているのかも、と感じたこともあって、すごく心に染みました。

――まずは「Bitter Sweet Harmony」のお話から聞かせてください。作詞・作曲のkzさんとは、2012年に「Transfer」という楽曲でご一緒されていますね。
 kzさんとご一緒するのは、それ以来でした。私にとってkzさんが手がける曲って「Transfer」のようにデジタルでクールなサウンドというイメージだったので、「Bitter Sweet Harmony」はデモの段階からすごくスウィングしていたのが意外でした。歌詞も甘々で、今回はこういった世界観なんだとビックリして。kzさんとご一緒したいという夢と、以前とは違ったイメージの曲もお願いしたいというふたつの夢が一度にかなってうれしかったです。

――『すのはら荘』は、管理人の春原彩花が主人公の椎名亜樹をかわいがる話なので、歌詞も世界観にピッタリだなと感じました。
 大人になって歌える曲はいろいろな幅があると思うんですが、お姉さん目線というのは考えたことがなかったので新しい発見でした。

――普段、あまり年上目線になることはないのでしょうか?
 そうですね。『すのはら荘』に関わることになって年下について考えてみたら、男女関係なく「年下からもあの人いいな、素敵だな」と思われたいし、「年下男子をちょっとからかってみたい」という気持ちもあると気づきました(笑)。
続きを読む



PAGETOP