超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】三月のパンタシア、ボーカル・みあが「3月」リリースのシングルに込めた思いを語る

2018/3/16


 人気音楽ユニット・三月のパンタシアが、TVアニメ『スロウスタート』とアニメ『衛宮さんちの今日のごはん』のEDテーマ曲が収録された両A面シングル「風の声を聴きながら/コラージュ」をリリース。各楽曲の魅力を語るボーカル・みあのインタビューが、発売中の『アニメディア4月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では、本誌でお届けしきれなかった部分も含めた、インタビュー全文をご紹介する。


■春の風は、出会いや別れ、時間の流れ、切なさを感じさせる

──5枚目のシングル「風の声を聴きながら/コラージュ」は、「ルビコン」以来約半年ぶりのリリースですね。
 新曲を楽しみに待っていてくれる方がいることは、幸せだしありがたいことだと改めて感じます。それも三月のパンタシアにとってとても特別な、3月という月にリリースできることが、とてもうれしいです。

──「風の声を聴きながら」は、TVアニメ『スロウスタート』のEDテーマです。
 レコーディングの前に、原作コミックを何度も読んでから臨みました。いつもアニメのテーマソングを歌わせていただくときは、楽曲も含めてその作品を好きになってほしいので、作品の根底に流れる世界観や感情を歌に込めるように意識しています。

──『スロウスタート』も毎週ご覧になっているそうですね。どんなところが魅力ですか?
 かわいい女の子たちが、ワイワイと元気にはしゃいだりドキドキしたりしている姿を観ると、やさしい気持ちになれるし癒されます。そして主人公の一之瀬花名ちゃんが、新しくできた友達と心を通わせていくシーンや、ゆっくりと少しずつ成長していく姿を感じられるところがグッとくるポイントです。自然と花名ちゃんを応援したくなりますし、「私も頑張らなきゃ!」と励まされます。

──そんな本作のEDテーマに起用された「風の声を聴きながら」で伝えたかったことは?
 小さな秘密を持っていることから生まれる切なさと、焦らずゆっくり歩いていこうという気持ちです。誰しもきっと、家族や友達にちょっとした隠しごとをした経験があると思います。悪いことをしたわけではないけれど、胸がチクッと痛んだり、関係性が変わってしまうことが怖くてなかなか言い出せなかったり……。でも、いずれは笑い合いながら、その秘密を話せるようにと願って”今は自分の速度でいいから一歩ずつ前に進んでいこう”と歌っています。私自身も、歌詞につづられている気持ちになったことがあるので、そのときの記憶を糸口にしながら楽曲の物語に入り込み、学校の風景を想像しながら歌いました。

──タイトルにある「風の声」は、どんなものをイメージしましたか?
 春の風は、出会いや別れを想像させるし、時間の流れといった、切なさも感じさせてくれるものだと思います。この曲を聴いて、爽やかさや季節の匂いも想像してもらえたらうれしいですね。

──初回限定生産盤付属のDVDに収録されている「風の声を聴きながら」のMVは、初の実写映像になっていますね。
「実写のMVにチャレンジしてみたい」と、以前からスタッフさんに話していて実現したので、本当にうれしいです。イラストでしか描けない空想世界もあれば、実写だからこそ映し出せる美しさや世界観もあると思っていて、「じゃあ実写になったときに、三月のパンタシアの空想世界は、どんなふうに映るのだろう?」って。それを私自身が見たかったので、完成映像を観たときは感動しましたね。
 そしてMVの主役を演じてくれた石川恋さんとは、撮影がはじまる前にお話をする時間をいただけました。「三月のパンタシアの楽曲に出てくる主人公の女の子は、どの子も派手と言うより大人しめで、いつも中心グループの子たちを憧れながら見ている感じの子です。その主人公が、MVの世界で楽しそうに生きてもらえたらうれしいです」と、お伝えしました。
 そんなMVは、石川さん演じる女の子の空想世界の物語になっています。彼女がMVのなかでどう生きているかを感じながら曲を聴いてもらうと、曲を聴いただけとは違う感覚を刺激されると思うので、ぜひMVも楽しんでもらいたいです。


■”みあさんちの今日のごはん”はチキンのトマト煮

──もう1曲の「コラージュ」は、アニメ『衛宮さんちの今日のごはん』のEDテーマ。本作は、『Fate』シリーズの世界観を踏襲しながら、日常系の作品になっていますね。
 じつは『Fate』の世界観にしっかり触れたのは、本作が初めてだったんです。もちろんセイバーや衛宮士郎といった魅力的なキャラクターがいること、シリアスな戦いの物語だということはなんとなく知っていたんですけど、ゲームをプレイしたりアニメを観たことはなくて。なので、ある意味ピュアな状態で『衛宮さんちの今日のごはん』の原作コミックに触れました。だからでしょうか、登場人物全員がおだやかで、何よりおいしそうにごはんを食べている姿に心がほっこりして、幸せな気持ちになりました。そういう原作コミックから感じた幸福感やきらめきを楽曲に込めようという気持ちで歌っています。

──サビで転調するところは、グッと胸を掴まれるような感動がありました。
 サビで音程が跳ねるように上がるところは、より幸せな気持ち……大切な人が一緒にいてくれる喜びや感謝などの気持ちが広がるイメージで歌いました。聴いてくれる方の胸のなかで、幸せな気持ちがフワッと広がってくれたらうれしいです。

──ところで、衛宮士郎のような料理男子は、どう思いますか?
 私もおいしいものを食べるのが好きなので、毎日ひと手間加えたおいしいごはんが出てきたら、きっと幸せに暮らせるなと思いました。それにしても、相手のことをいつも思って、温かな居場所を作ってくれる士郎のような人がそばにいてくれて、セイバーは本当に幸せだなと思います。そういう大切な人がそばに居てくれることへの、感謝の気持ちや愛おしく思う気持ちもこの歌には込めています。

──セイバーにとっての士郎のように、みあさんにとっていつもそばにいて安心させてくれる存在は?
 家族です。レコーディングでも、家族と過ごす大切な時間を思い浮かべて歌いました。いつも私の帰りを家で待っていてくれて、一緒にいるときはのんびりできて、他愛のない話をしたり、温かいごはんを食べたり……。そういうパッと思い浮かべるだけで笑顔になれる風景を想像しながら、その時間がずっと続くようにとか、大切にずっと心に取っておきたいなと思いながら歌っています。聴いてくれる方も、家族、恋人、友達など、それぞれにとっての大切な存在を思い浮かべながら聴いてほしいです。

──歌詞にも夕飯の匂いを感じさせる言葉が出てきますが、”みあさんちの今日のごはん”=家庭の味は何ですか?
 母親の手料理で、”チキンのトマト煮”が子どものころから大好きです。手の込んだ料理ではありませんが、母はたっぷりチーズを乗せてくれて、それが本当においしいんです。自分でも作ったことがありますが、母の味にはほど遠いですね。やっぱり母が作るチキンのトマト煮が、一番だなって思います。


■Twitterで、日々『Fate/Grand Order』の情報を収集

──そして各盤共通カップリングには「#最高の片想い」を収録。ハッシュタグが歌詞に出てくるところが今っぽいポップな曲で、後半に出てくるみあさんのセリフもポイントですね。
 セリフは”間”にこだわって、何テイクも録って選びました。急にそのセリフだけを言うとなると照れくさくなるので、歌の気持ちが持続しているうちにと思って、歌を録った流れで録りました。曲に込めた気持ちが、セリフにも表れていると思います。

──片想いだったけど、辛かった思い出ではなく、最高の思い出だったと歌っていて。
 この曲はかなわなかった恋を歌っているのですが、気持ちはとても前向きなんです。その片想いのときのことを思い出すと切なくなるけど、愛おしかった感情やドキドキしていた気持ちも同時によみがえって。好きだった相手と、また会えたらいいなと、女の子特有の恋する気持ちを、大切にして歌いました。

──そういう片想いの経験が?
 私も想いを伝えられなくて、後悔してジタバタした経験がありますよ(笑)。歌詞のとおり、もしあの日にちゃんと気持ちを伝えられていたらと想像すると切なくなるけど、でも自分を助けてくれたり笑顔にさせてくれたりした思い出もあったので、その日々を思い出して愛おしい気持ちになれました。

──ハッシュタグと言えばSNSですが、みあさんもTwitterをやられていますね。
 はい。SNSは得意ではないのですが、みあの公式Twitter(@3_phantasia)では、ファンのみなさんからいろいろ教えてもらいながらやっています。日常でふと思ったことをつぶやいたり、最近は『Fate/Grand Order』の話題が多いですけど(笑)、そういう自分の趣味などを発信する場になっています。

──『Fate/Grand Order』のアドバイスをフォロワーからもらったり?
「バーサーカーから育てるといい」と教えていただいて、実際にアドバイス通りにやっていたら「なるほど! 確かに」と思う場面が何度もあって、本当に助けられています(笑)。Twitterはそういうファンのみなさんとの、交流の場でもありますね。

──6月23日には、2ndワンマンライブ「~星の川、月の船~」が開催されます。どんなライブになりそうですか?
 ライブでしか感じられない、音源を聴くだけとは違った音楽の楽しみ方をしてほしいと思っています。今回は七夕も近い日程なので、星空を連想させるタイトルにしました。日常のことは一旦忘れて、美しく幻想的な世界観をぞんぶんに楽しんでほしいです。「その日のことを思い出すと、また頑張れる」と、思ってもらえる1日にしたいですね。私も、今からすごく楽しみにしています。


◆プロフィール

三月のパンタシア【さんがつのぱんたしあ】 ボーカリスト・みあを中心とした音楽ユニット。2015年から活動をスタートさせ、2016年にアニメ『キズナイーバー』のEDテーマ「はじまりの速度」でメジャーデビュー。以降、アニメ『亜人ちゃんは語りたい』やアニメ『Re:CREATORS』など複数のアニメタイアップ曲を手がけている。6月23日に2ndワンマンライブ「~星の川、月の船~」を開催予定。


<ニューシングル「風の声を聴きながら/コラージュ」情報>

発売中
初回生産限定盤および各期間生産限定盤(スロウスタート盤、衛宮さんちの今日のごはん盤)1728円(税込)、通常盤1296円(税込)
SACRA MUSIC

アニメ『スロウスタート』のEDテーマで青春のきらめきを音に乗せた「風の声を聴きながら」と、アニメ『衛宮さんちの今日ごはん』のEDテーマで幸せの温もりが胸にじんわりと広がる「コラージュ」を収録。各盤共通で収録されるカップリング曲「#最高の片想い」は、みあのセリフも聴くことができる胸キュンなソングへと仕上がっている。

初回生産限定盤

期間生産限定盤1(スロウスタート盤)

期間生産限定盤2(衛宮さんちの今日のごはん盤)

通常盤

<ワンマンライブ情報>
三月のパンタシア2ndワンマンライブ
「~星の川、月の船~」
開催日:2018年6月23日(土) 開場16:30/開演17:30
会場:TSUTAYA O-EAST
前売:4,320円(税込)※ドリンク代別、オールスタンディング

 

取材・文/榑林史章



PAGETOP