超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

3rdシングル『風に吹かれて』をリリースした福原遥がインタビュー企画「Megami’sVoice」に登場!テレビアニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』のEDや歌での表現について語ってくれた。【インタビュー】

2020/7/11


 アニメやゲームの主題歌、テーマソングなどを歌うアーティストに楽曲について語ってもらうメガミマガジンのインタビュー企画「Megami’sVoice」。2020年8月号には、3rdシングル『風に吹かれて』をリリースした福原遥が登場。「超!アニメディア」では、本誌で紹介できなかった部分も含めた、ロングインタビューをお届けする。

 

語りかけるような歌い方を意識した表題曲

――表題曲の「風に吹かれて」は、『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』(以下『かぐや様』)のEDテーマです。作品についてはどんな印象を持っていますか?

 すでに自分でも知っている、すごい作品だなと思っていました。実写化もされて、仲のいいキャストさんも出演されていて……。ストーリー展開が早くて、ギャグのセンスもすごく、見ていて元気になるという印象でした。なので、そんな作品のEDを歌えると決まったときはビックリしました。

――最初に「風に吹かれて」の曲を聞いたときの印象を教えてください。

 じつは、曲はずっと以前から存在していたんですね。その当時、テストみたいな感じでレコーディングも少しだけしていて。しっとりとしていてやさしいメロディーだし、すごく好きな曲だと思っていました。ただ、『かぐや様』のEDに流れるとどうなるのかな、とは思っていました。アニメ第1期『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の曲は明るいものが多かったので、この曲はどんな感じにハマるんだろうと考えていました。

――本番のレコーディングでは、どんなことを意識しましたか?

 過去を思い出しながら、自分の大切な人に感謝を込めて歌うようなイメージでした。なので、語りかけるような歌い方を意識していました。ミュージックビデオを撮ったときもそうだったのですが、「昔はこんなこともあったけど、あなたがいてくれたから乗り越えられたんだよ」と伝えるような気持ちで。それから、タイトルにもあるように、風に吹かれながらやさしくささやくような歌声になったらいいなと思っていました。

――実際、レコーディングは思ったとおりに進みましたか?

 最初は難しかったです。以前一度レコーディングをしたときの歌い方とどうしても比べてしまって。いまのほうがちょっと甘く聞こえる気がしましたし、歌詞をちゃんと届くようにと思って歌うと、声に強さも出てしまい、以前と違うけれど大丈夫なのかな……と思うようになって。でも、『かぐや様』のオンエアに乗ったものを聞いてくださった皆さんが「『かぐや様』にあっているよ」と言ってくださっていたので、ホッとしました。

――自分でもオンエアは見てみましたか?

 見ました! めちゃくちゃ繰り返して見ましたね(笑)。作品とマッチしているなと思いましたし、曲の入りの部分がすごく好きで。こんな風に素敵な場所に連れていってくれるんだ……と感じてすごくうれしかったです。

続きを読む



PAGETOP