超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』のEDテーマ「Play the world」をリリースした佐々木李子が、インタビュー企画「Megami’sVoice」に登場

2020/3/7


 アニメやゲームの主題歌、テーマソングなどを歌うアーティストに楽曲について語ってもらうインタビュー企画「Megami’sVoice」。2020年4月号には、『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』のEDテーマを歌う佐々木李子が登場。「超!アニメディア」では、本誌で紹介できなかった部分も含めた、ロングインタビューをお届けする。


EDと挿入歌で『防振り』を盛り上げたい

――表題曲「Play the world」は、軽やかなポップチューン。『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』(以下『防振り』)のEDです。

 OPのような明るい曲だったので、初めて聞いたときはビックリしました。始まりを感じさせるようなイメージで、冒険をしたくなるようなワクワク感も詰まっているなと感じました。

――『防振り』という作品への印象は?

 異世界系の作品は、ガンガンにバトルをするというイメージだったので、『防振り』の主人公・メイプルちゃんのように、防御がメインで盾を使って戦う設定が斬新だなと感じました。しかも、メイプルちゃんはゲーム初心者なので、歩く速度が遅かったり、寝ている間に敵に攻撃されたりと、最初の頃はゲームに慣れた人だったらあり得ないような出来事にもよく遭遇していて。その姿に癒やされましたし、笑わせてもらいました。メイプルちゃんが手探りで進んでいくところには、自分のデビュー当時の手探り感が重なってきて、とても共感できました。

――佐々木さんはクールな歌声という印象で、ここまで明るいタイプの曲はあまりなかった気がします。

 そうですね。それもあって、どういう声色で歌ったらいいのか、最初は考えました。すごくかわいく歌ってみたり、かっこよくしたり、地声で歌ったり……。最終的には、自分の普段の声と明るさマックスとの中間くらいの声で歌いましたが、自然と笑顔があふれてくるような曲なんです。春っぽくてまっすぐで、自分が歌ってきた曲の中でもずば抜けて明るかったので、自分でも歌っていて元気が出ました。言葉に込められたメッセージをまっすぐに伝えられていると思います。

続きを読む



PAGETOP