超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

諸星すみれがミニアルバム「smile」でアーティストデビュー!「これまでの私の経験があっての1枚になったと思います」【インタビュー】

2019/10/30


 諸星すみれが10月30日発売のミニアルバム「smile」でアーティストデビューを果たした。アーティストデビューが決まった心境や、アニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』のOPテーマである「真っ白」の制作過程を聞いたインタビューがアニメディア2019年11月号に掲載している。「超!アニメディア」では、本誌には掲載しきれなかった部分を含めたインタビューの全文を紹介。


■今までの役者としての経験も詰まったデビュー作

――アーティストデビューおめでとうございます。最初にデビューの話を聞いたときの感想を教えてください。

 小さいときから歌は好きでしたし、お仕事でご一緒させていただいた方のライブを観に行かせていただくことも多かったので、私もいつか……という思いはありました。そんな憧れや夢がかなってうれしかったですし、20歳になって表現者として新しく挑戦できることがありがたく、頑張っていきたいなと思いました。

――ミニアルバムでのデビューというのは、いつ知ったのでしょうか?

 最初のレコーディングは「真っ白」だったのですが、それを録り終わったときに教えていただきました。私は、シングルだと思っていたので、驚きました。たくさんの曲が歌えることはうれしかったのですが、ミニアルバムということはシングルよりもお値段が高いですし、私のCDを買ってもらえるかな……と思ってしまって(笑)。でも、リリース前に行ったデビュー記念の特番の配信を見て、楽曲を聴いてくださったみなさんの反応がうれしくて、ようやく安心できました。

続きを読む



PAGETOP