超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『プロメア』アイナ役・佐倉綾音が感じる今石&中島タッグ作品の魅力「手に負える人たちは出てこないです。でも、それがいい」【インタビュー】

2019/5/24


『天元突破グレンラガン』『キルラキル』のTVシリーズを手掛けた監督・今石洋之と脚本・中島かずきが再びタッグを組み制作するオリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』。本作において主人公のガロが所属する消防隊〈バーニングレスキュー〉の女性隊員であるアイナ・アルデビット役を演じるのは声優の佐倉綾音である。超!アニメディアでは佐倉さんにインタビューを敢行。今石&中島作品に初めて参加する彼女に、作品のことやお芝居のことについてお話をうかがった。

アイナ・アルデビット役の佐倉綾音

【プロメアストーリー】
世界大炎上――突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の炎によって世界の半分が焼失してから30年、一部の攻撃的な面々は〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。彼らが引き起こす火災を鎮火すべく、司政官クレイにより結成された高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロは、〈マッドバーニッシュ〉のリーダーであるリオと出会い、激しくぶつかり合う。
そんな中、リオからバーニッシュをめぐる衝撃の真実を告げられることに。さらにガロたちは“ある計画”の存在を知ることになる――。

――佐倉さんが演じるアイナ・アルデビットについて紹介をお願いします。

 公式サイトによるとクールで落ち着いた女子ということみたいなのですが、それは今石・中島作品の中でという話(笑)。私としてはそこそこ活発で姉御肌な一面もある子だと感じています。ガロのお姉さんっぽくもありながら母のように彼を見守ることもある、また幼馴染のように接することもあるという、そんな女の子です。

――ガロに対してはちょっとした感情を抱いているのかなというシーンもありました。

 ちょっと想いを寄せているのかな、という雰囲気は出ていますよね。そういったシーンも楽しみにしていただきたいと思います。

――演じていてアイナはどういう人物だと感じましたか?

『プロメア』に出てくる面々の中ではすごくちゃんとしている子だなと思いました。でも、度胸もあって、果敢で、正義感もある。だからこそバーニングレスキューにいるんだと思います。

――演じるにあたって意識したのは。

 アフレコが始まる前は女の子らしくなりすぎないようにしようと思っていたんです。中島さんは強い女性を描くのにとても長けていて、私が観てきた中島さんの作品はどの女性も戦っていたんですよね。だから、『プロメア』の脚本を読んだとき、アイナもやっぱり弱い女性にはしたくないなと思ったんです。でも、スタッフさんからは「可愛らしさは残してほしい」っていうオーダーがありました。

アイナ・アルデビット

――例えば可愛らしさが出たなと感じるシーンは。

 ガロと二人でいるシーンは「少し可愛らしく拗ねてください」というディレクションを受けました。きっと観ている人に「アイナは可愛らしい女の子である」というヒロイン然とした印象を残したかったんだと思います。

――今回、今石さん&中島さんの作品に関わるのは初めてですよね。

 そうですね。TRIGGER・A-1Pictures共同制作作品の『ダーリン・イン・ザ・フランキス』で瞬時に死ぬ役を演じたことがありますが、お二人が手掛けられた純粋なTRIGGER作品は初めてです。これまでもオーディションは受けたことはあったのですが、お二人の作品にはなかなかご縁がないのかなと思っていました。今回、実はオーディションに落ちた別作品のオーディションテープを参考にキャスティングしていただいたみたいなんです。個人的に中島さんが手掛けられた舞台『髑髏城の七人』なども観ていたので、『プロメア』に関わることができて嬉しいですね。

――そんな中島さんや今石さんの印象は?

 今石さんは勝手にバリス(※)みたいなムキムキの人だと思っていたのですが、アフレコのときにお会いしたら、とても穏やかなで優しい、それでいて奥には何か感じるものもある目をされている目力のある方でした。中島さんはインタビューなどでお写真を拝見したことがあったので顔は知っていたのですが、実際にお会いしてコミュニケーション能力が高い方だなと感じました。うちの父親と同じくらいの年齢だと思うのですが、若いカルチャーにも精通しているし、人の立場に立って話を聞いてくださるんです。会話が途切れることがあまりなく、『プロメア』に関わってからもう2回くらいご飯を食べに行きました。話していてとても楽しいです。

※『プロメア』に登場するバーニングレスキューの重機ギア担当。筋肉質で大男。

――アフレコはいかがでしたか?

 普段声優として活動している面々は集まって収録できたのですが、皆さんTRIGGER作品に出演されている方々ばかりで……。その輪に入るってどうなんだろうと思っていたのですが、別に”村感“みたいなものはなくて、みんなが思い思いに喋っていました。誰かが絶対に喋っていたし、とても気さくに話しかけてくださる先輩方が多くて、一人にさせてもらえなかったです(笑)。口角が上がりっぱなしの楽しい収録現場でした。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP