超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

映画『翔んで埼玉』埼玉県の全上映劇場で先着1万名にそこらへんの草の種ならぬ“高級野菜の種”と埼玉新聞特別紙面をプレゼント

2019/2/19


 2月22日(金)公開の映画『翔んで埼玉』初日の日に、埼玉新聞社全面協力のもと「翔んで埼玉公開記念特集」が展開されることが決定。さらに、埼玉県の上映劇場限定での入場者プレゼントも決定した。

 埼玉新聞社の全面協力のもと、公開初日に埼玉新聞本紙で、公開に合わせて作成された【特別号】がラッピング紙面で登場することになった。「翔んで埼玉公開記念特集」と題した【特別号】には、原作の魔夜峰央と本作の監督・武内英樹の対談や、本作にも出演し埼玉県育ち・出身という、ブラザートム、島崎遥香のスペシャル対談が読める他、上田県知事や本作ゆかりの地・所沢市長からのお祝いコメントなども寄せられた、まさに特別な紙面になっている。

 さらに埼玉新聞社と映画サイドの「埼玉の動員数を全国1位に!!」という熱い想いが結実し、埼玉県の上映劇場でのみ、先着プレゼントの配布が決定。前述の読み応え十分な特集記事と、この想いに呼応した県内企業のトキタ種苗株式会社(さいたま市見沼区)提供の“そこらへんの草”の種……ならぬ埼玉県民が愛する“高級野菜の種”をセットにして先着1万名に配布される。この“高級野菜の種”は、食材にこだわるイタリアンレストランで食べたことのある野菜。奇しくも、原産である地中海沿岸では、“ルーコラ・セルバーティカ”と呼ばれ、日本向けに品種改良し、今も盛んに栽培している地域に敬意を評して“ローマ”と名づけられた高級野菜。純粋な野生種は、今でも道端に生えているという代物だという。

〈『翔んで埼玉』情報〉
公開日:2019年2月22日(金)

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)

キャスト:二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)
間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ / 中尾彬 / 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

公式サイト
tondesaitama.com

公式twitter
https://twitter.com/m_tondesaitama

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP