超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

大ヒット公開中の『ドラゴンボール超 ブロリー』について監督・長峯達也「悟空が前へ進むためにブロリーは必要」【インタビュー】

2018/12/19



 12月14日より公開された『ドラゴンボール超 ブロリー』が、公開3日間で82万人以上を動員し、10億5千万円以上の興行収入を記録。幅広いファンを集め、大ヒット公開中だ。より強い奴と戦うため、修行に明け暮れる孫悟空とベジータ。そこに、サイヤ人のブロリーが現れ……。サイヤ人VSサイヤ人の熱いバトルが展開する本作の監督・長峯達也のインタビューが、「アニメディア1月号」に掲載中。超!アニメディアでは、紹介できなかった部分を含んだロング版をご紹介する。

――今回、ブロリーの登場は、どの段階で決まっていたのでしょうか?
 僕が制作に参加した段階で、すでにシナリオは出来上がっていて、極力セリフは変えないでほしいという要望もいただいていました。もともと、ブロリーというキャラクターは、僕の師匠である山内重保さんが監督を務めた映画『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!! 熱戦・烈戦・超激戦』(1993年公開)に初めて登場していたんですね。その映画がとてもすばらしいものだったので、正直、恐ろしさもありましたが、引き受けたからには『ドラゴンボール』を届けなくてはという思いでいっぱいでした。

――長峯監督の考える『ドラゴンボール』とは、どのようなものですか?
 長い時間、多くの人に愛されて“みんなが大好きな『ドラゴンボール』像”がある作品でしょうか。ですから、今回の映画の制作にあたり、みんなで観て、すごく面白かったねと言ってもらえる、お祭のようなものにすることを意識しました。そういう意味では、長峯個人が考える『ドラゴンボール』はいらないと思っていたんです。実際、個人的な思い入れは作らず、なるべく客観的に、それでいてバトルシーンは観た人たちが熱くなれるものを目指しました。
 鳥山先生の描かれる『ドラゴンボール』って、僕はシニカルで突き放した部分も多いと思っているんですね。例に挙げると、チライのキャラ性ですね、若いので深く考えないで行動する。深みがないのがリアルで深い鳥山キャラクターで、チライ役の水樹奈々さんにも「力を入れすぎず、浅い芝居をしてください」とお願いして驚かれました。もともと演技の上手な方ですから、逆に結構苦戦されていましたね。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP