超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『はたらく細胞』にハマり中の千眼美子が声優に挑戦!劇場版『宇宙の法―黎明編―』で伝えたい「人はそれぞれ違うということを、受け入れるのが大事」【インタビュー】

2018/10/10


 女優・千眼美子が、映画『宇宙の法―黎明編―』で人生2度目の声優に挑戦。おっとりした彼女とは真逆で、好戦的なゼータ星のレプタリアン(宇宙人)の女帝・ザムザを演じている。そんな千眼美子に、作品の魅力や今ハマっていることなど、たっぷりと語ってもらった。


――最初に台本を読んだときの感想は、いかがでしたか?
 大興奮でした。3億3千万年前の地球が舞台というのもビックリなんですが、いろんな違いを持った人たちがひとつになっていく姿を、すごく楽しみながら観られるんじゃないかなという期待感があって。劇中の世界のように、肌の色も種族もみんな違うけど、全然違うからよくて、そもそも違うように神様に作られたものなんだよって考えることができたなら、戦争とかなくなるんじゃないかなと。本作を通して、それがエンターテイメントとして見せられる希望が持てて大興奮でしたので、「(私も)ぜひ参加させてください」ってお伝えいたしました。あと、個人的には、前作『UFO学園の秘密」を映画館で観ていたので、その3年後を描いたこの物語に入れるのがうれしくて、とにかく歓喜しましたね。

――千眼さんが演じたザムザについては、どういうキャラクターでしょうか。
 ゼータ星っていう星に棲むレプタリアンっていう種族で、弱肉強食の世界でも頂点を極めるような宇宙最強の戦士で女帝です。けど、強いだけじゃなくて、自分の星の部下とかに対する責任感も強く持っている人で、いじらしい、素直になれない部分がある人だなという印象です。短気なところもあるんですが、最強でセクシーなのにかわいらしさもある女性です。

――いわゆる“ツンデレ”キャラですね(笑)。
 そうですね。“ツン”どころか、刺されちゃうくらい“ツン”がすごく鋭利なんですけど(笑)。人間と触れ合っていくうちに、徐々に表情や言動が柔らかくほぐれていくことで、彼女の魅力が引き出されていくんです。

――アフレコの際に、「こう演じてください」などのディレクションはありましたか?
 「こういうふうに演じてください」というより、その都度「もっと余裕たっぷりな感じで」とか「そんなにここは一生懸命に伝えようと思わず、さらっと言って」とか、微調整していただく感じでしたね。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP