超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

劇場アニメ『薄墨桜-GARO-』のキャラクターデザイン・桂正和「敵であってもあえて黒色を使わないようにしたのがポイント」【インタビュー】

2018/10/5


 これまでTVアニメ、実写ドラマと、さまざまなメディアで展開されてきた『GARO』シリーズ。その最新作となる劇場アニメ『薄墨桜-GARO-』が、10月6日(土)より全国劇場で公開される。今回は、TVアニメ『牙狼-紅蓮ノ月-』に続き、キャラクターデザインを手がけた桂正和に話を聞いた。

桂正和

平安時代の魑魅魍魎や妖怪がいそうな空気感がいい

――今回の映画は、TVアニメ『牙狼-紅蓮ノ月-』の続編となっていますが、『紅蓮ノ月』にメインキャラクターデザイナーとして参加することになった経緯を教えてください。
 僕は、実写の『GARO』が好きで、ずっと応援していたんです。監督の雨宮慶太さんが専門学校時代の先輩ということもあってか、アニメ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』でなぜか声優として呼ばれて(笑)。そのときに、第2弾を考えているという話を雨宮さんから聞いたんです。その段階で、平安時代が舞台だとか、設定も少しうかがって、それがすごく面白そうだったんですよね。それで、「ぜひ、オレにやらせてください」ってお願いしたのが参加の経緯ですね。

――TVに登場したキャラクターは、TVシリーズのデザインを使われているんですか
 そうです。劇場版は、新キャラクターだけ描きました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP