超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』で初声優主演を飾る高杉真宙が語る「僕」について「怖がりで素直じゃない。『まったくこの子は…』と思いながら演じました」【インタビュー】

2018/8/29


高杉真宙
 住野よるの大ヒット小説が原作の劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』が、9月1日(土)にいよいよ全国公開。実写映画も公開された同作で、主人公「僕」を演じるのは俳優・高杉真宙。その瑞々しい感性で演じた「僕」について、たっぷりと語ってもらった。

――台本や原作を読んだときの感想を教えてください。
 先に台本を読んでから原作を読ませていただいてそれから小説を読んだんですけど、文章で風景が思い浮かぶんですよね。桜が散っている中で「僕」とヒロインの(山内)桜良が歩いているようなイメージだったり、そのふたりの距離感も本当に微妙で、壊れそうな感じだったり。原作を読んで、改めて本当に美しい物語だなと思いました。

――「僕」という役を演じるに当たって、アフレコ前に実写版はご覧になりましたか?
 実は観てないんです。(演技が)引きずられそうだと思ったのと、自分で理解して「僕」を作りたかったので。原作もそうですが、実写映画もたくさんの評価をされているので、答え合わせみたいで怖いじゃないですか(笑)。なので、あえて観なかったです。

――演じる上で気をつけたことは?
 桜良との距離感ですね。恋人でも友達でもない距離感、絶妙に近づきすぎない距離感というのを大事にしました。監督からは「一枚フィルターをかけて話して」と言われました。僕自身も人と距離を測る方なので、分かる気がします。他人に入られたくない距離って、誰にでもあると思うんですが、「僕」は壁が厚いんだと思います。徐々にその距離感が変化するというのを見せていけたらと思い演じました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP