超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】甘くて苦い『ママレード・ボーイ』の魅力は?桜井日奈子&吉沢亮インタビュー+超アニ限定写真!

2018/5/10


 累計発行部数1,000万部突破の大ヒット漫画『ママレード・ボーイ』がついに実写化。両親が突然パートナーチェンジをして再婚という、複雑な家族関係から始まる同級生との同居。そして、保健室でのキスなどセンセーショナルな題材で当時話題となった物語が、フレッシュな俳優陣により新たによみがえる。今回、ヒロイン・小石川光希役の桜井日奈子と、同居相手の松浦遊役の吉沢亮のスペシャルインタビューが、発売中の「アニメディア」5月号に掲載中。超!アニメディアでは、誌面で紹介しきれなかったロング版のインタビューをお届けする。

小石川光希 as 桜井日奈子


――主演を務めることが決まったときのお気持ちを教えて下さい。
 まだ数えるほどの作品にしか出演していない私を、主演に選んでいただいたことがとてもうれしかったです。「私で大丈夫かな」という不安もありましたが、「選んでいただいたからには全力でやろう!」という気持ちでした。

――光希をどのような少女だと考えて役作りをされましたか?
 光希はとてもピュアで、思ったこと全てを態度と口に出す女の子だと思いました。遊と違って、怒るときはすごく怒り、悲しいときは思いっきり泣く分かりやすい子で、そのあたりは演じやすかったですね。私も光希と同じで、考えていることが態度に出ちゃうので、自分と似ているなと思いました。あと、私が光希を演じると聞いた方々からは、私と近い感じだと言われましたし、吉沢さんにも言われました(笑)。でも、両親同士がパートナーチェンジをしてふたつの家族がひとつ屋根の下で暮らすのは、私だったら絶対考えられないです……(笑)。最初こそ状況を受け入れられなかった光希の気持ちも徐々に変化していきますが、そんな彼女の心境を自然に演じられるように、廣木監督が指導してくださいました。

――廣木監督からはほかにどのようなディレクションがありましたか?
 ナチュラルに、日常の一部として演じてほしいとおっしゃっていました。監督の話す「ナチュラルなお芝居」というのをやったことがありませんでした。今までは、コメディチックにデフォルメされたお芝居が多かったんです。そういう意味では、初めて受けた演出でした。

――ベテランのキャストの方々とお芝居をされて感じたことはありますか?
 まず、オーラがすごかったです。おひとりでのオーラもそうなのですが、光希と遊のそれぞれの両親を演じた、中山(美穂)さん、檀(れい)さん、谷原(章介)さん、筒井(道隆)さんの4人が一緒になったときの空気がとくにすごかったですね。呼吸が浅くなるくらい緊張しました。最初の撮影が、冒頭のふたつの家族が食事するシーンで、あのときは緊張で泣きそうでした。でも、谷原さんが「泣きの芝居良かったよ」って言ってくださって。一生忘れられないくらいうれしかったです。

――桜井さんご自身は、ふだんからマンガやアニメはご覧になりますか?
 『銀魂』が大好きです! 最近だと『いぬやしき』も観ました。私自身、男兄妹で育ってきたので少年漫画が好きなんです。『銀魂』では銀さん(坂田銀時)が好きです(笑)。でも、高杉(晋助)も大好きです。しばらく、寝る前にガチャガチャのボイスを聴いてたときがありました(笑)。

――それでは、最後にアニメディア読者へメッセージをお願いします。
 原作ファンの方々はこの映画を観ると、当時の憧れのシーンが詰まっていると感じると思います。また、原作を読んだことがない方にとっても、ときめきが詰まったていると思います。ぜひ、映画館に足を運んでときめいて欲しいですね!


↑「両親役の4名のキャストのみなさんは初対面だったとお聞きしているのですが、会った瞬間から本物の家族のような空気感を一瞬で作り上げているのを感じて、プロなんだな、と感じました」


↑「吉沢さんには、お芝居の面ですごくリードしていただきました。本読みですごく悩んでいた時に助言をしてもらいました。もっと楽に、気を抜いてやればいいんだよって。すごく心強かったです」


桜井日奈子【さくらい・ひなこ】
1997年4月2日生まれ。岡山県出身。「岡山美少女・美人コンテスト」で「美少女グランプリ」に選出されて注目を集める。舞台「それいゆ」(2016年)で女優デビュー。主な出演作は、ドラマ『そして、誰もいなくなった』(2016年)映画『ラストコップ THE MOVIE』 (2017年)。2018年公開の映画『ういらぶ。』ではヒロイン・春名優羽役を務める。

松浦遊 as 吉沢亮


――出演が決まった時のお気持ちは?
 まず、正直に「マジか!」って思いましたね(笑)。今まではそういう作品に出ても、噛ませ犬ポジションが多かったので、ちゃんと報われる役が来たって思いました(笑)。原作は、もちろん知っていましたが、読んだことはありませんでした。でも、周りの方から「ママレード・ボーイやるんでしょ」って声をかけていただいて、それくらい知名度のあるとんでもない作品なんだな、と実感していきました。

――遊を演じる時に意識したことは?
 最近はクセのある役を演じることが多かったのですが、遊みたいな「普通の男の子」を久々に演じることができてすごく楽しかったです。今回、演じる役というフィルターを通していない“吉沢亮”の生の感情がたまに出てくる瞬間がありました。今まではそれは悪いことだと思っていたのですが“自分が持っているものから出る芝居に勝るものはないのかも”と気づかされました。意識的にそうやって芝居することができたのも楽しかったです。

――撮影中など、廣木(隆一)監督とはどのようなお話をされましたか?
 初日の空き時間に監督とふたりで話しているとき「遊ってどんな人間なんだろうね」という話になりました。そしたら廣木監督が「彼はすごく気を遣うよね」みたいなことをサラッとおっしゃって、なるほどなと思ったんです。遊は、自分の感情よりも周りの動きや流れをくみとって話すことが多くて、どちらかというと円の中心から一歩離れて、物事を俯瞰して見ている人間なのかな、って思いました。その監督が仰ったひとことで役作りの幅が広がった部分がありました。

――撮影現場の雰囲気はどうでしたか?
 すごく楽しかったです。とくに学校での撮影は、銀太や茗子を入れた4人のシーンも多くて、みんなでご飯に行ったり、銀太役の佐藤大樹さんとはふたりで銭湯に行ったりすることもありました。

――ご飯に誘うのは吉沢さんが?
 今回は僕が(笑)。ふだん、そういうのが出来ないタイプなのですが、生徒役の中では最年長ですし、空気作りは僕がやった方がいいのかなと思って。みんなの連絡先を聞いてグループLINEをつくってご飯に誘って。でもみんな面白い人ばかりだったので、一度ご飯に行ったら自然と仲よくなっていきました。

――ふだんから、マンガやアニメは良くご覧になったりしますか?
 最近面白かったマンガは、『あげくの果てのカノン』ですね。マンガを選ぶ決め手は人からの紹介や表紙で買うことが多いですね。最近、表紙買いしたのは『七人のシェイクスピア』や『文豪ストレイドッグス』。『文スト』はアニメも少し観ました。芥川(龍之介)がかっこいいですね。

――では、アニメディア読者へメッセージをお願いします。
 恋愛だけじゃなく、家族やふたりの成長について描かれている話だと思います。幅広い世代で、キュンキュンも感動もしていただける、見どころの多い作品なので楽しんでいただけるとうれしいです。


↑「保健室のキスシーンは今まで演じたキスシーンで一番緊張しました。速度や角度や目をつむるタイミングなど、邪念が頭を埋め尽くしてしまい……(笑)。そういう意味ですごく緊張しました」

↑「両親を演じた4名のキャストの方々は、現場でも気さくにお話してくださって、現場での居方がすごく素敵でした。筒井さんは、趣味の自転車のお話をたくさん話してくださいました」


吉沢亮【よしざわ・りょう】
1994年2月1日生まれ。東京都出身。「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で特別賞を受賞。主な出演作は、映画『オオカミ少女と黒王子』日下部憂役(2016年)、映画『銀魂』沖田総悟役(2017年)、映画『斉木楠雄のΨ難』海藤瞬役(2017年)ほか。2018年の7月公開の映画『BLEACH』では石田雨竜役を務める。

〈『ママレード・ボーイ』情報〉
全国劇場で公開中
原作/吉住渉(『ママレード・ボーイ』集英社刊「集英社コミック文庫」)
監督/廣木隆一
脚本/浅野妙子 廣木隆一
出演/桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介  檀れい 中山美穂 ほか
配給/ワーナー・ブラザース映画

STORY  元気で明るい少女・光希はある日、両親の離婚を告げられる。その真相は、旅先で松浦夫妻と知り合い、母親がその夫、父親がその妻と恋に落ち、パートナーチェンジをして再婚するというもの。さらに、松浦夫妻の息子の遊も含めた6人での生活も始まり……。初恋相手・須王銀太からの告白や、親友・秋月茗子の恋愛模様を知るなど、さまざまな出来事を経て、惹かれていく光希と遊。しかし遊は、自分と光希との間にある秘密を知ってしまい…。

公式サイト
marmaladeboy.jp

©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 



PAGETOP