超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「泣きたい私は猫をかぶる」場面写真が公開、スタジオコロリド制作のアニメ映画

2020/3/28


 アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』(2020年6月5日ロードショー)より、不思議なお面で猫に変身して好きな人に超接近する、爽やかな青春の一コマがつまった場面写真が一挙に初公開された。さらに、限定特典のオリジナルクリアファイルが付属するムビチケが、4月3日に発売されることも決定した。

 

『泣きたい私は猫をかぶる』は、空気を読まない言動で周囲を驚かせることから“ムゲ(無限大謎人間)”というあだ名で呼ばれるちょっと変わった中学2年生、笹木美代を主人公とする青春ファンタジー。そんなムゲが、思いを寄せるクラスメイトの日之出賢人にどんなに相手にされなくてもめげないのは、ある夏祭りの夜にお面屋にいた猫の店主からもらった“猫に変身できる不思議なお面”を持っているから。なんとムゲは、お面の力で毎日のように猫に変身し、日之出の家に通っているのだ。

 このたび公開された場面写真には、お面を手にアクロバットな動きで猫に変身する直前のムゲや、猫となって大好きな日之出に抱き上げられる姿、クラスメイトたちと屋上で昼休みを過ごす青春感溢れる一コマまで、物語への期待が高まるカットが勢ぞろい。ムゲが猫の姿で日之出のもとへ訪れると、普段はそっけない日之出もまさか猫に変身したムゲとは知らずに「太郎」と名付け可愛がり、いつしか心の支えとしていく。特に頬ずりできそうなくらいの超接近は、ムゲでなくても「猫になりたい」と願ってしまうこと必至な心ときめくカットといえそうだ。

 アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』は、2020年6月5日より全国ロードショー。また4月3日からは、1,500円(税込)でムビチケの発売がスタート。ムビチケ1枚につき、劇場窓口限定の購入特典としてA4サイズのオリジナルクリアファイルがプレゼントされる。

『泣きたい私は猫をかぶる』作品情報
◆出演:志田未来 花江夏樹 小木博明 山寺宏一
◆監督:佐藤順一 柴山智隆
◆脚本:岡田麿里
◆主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサル J)
◆企画:ツインエンジン
◆制作:スタジオコロリド
◆配給:東宝映像事業部

映画『泣きたい私は猫をかぶる』公式サイト
https://nakineko-movie.com/

[本記事は、アニメ!アニメ!より転載しています。 https://animeanime.jp/article/2020/03/27/52512.html]

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP