超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

スタジオコロリドによる劇場用長編アニメ第2作『泣きたい私は猫をかぶる』本予告&本ビジュアル解禁。主題歌にヨルシカ、追加キャストに山寺宏一と小木博明(おぎやはぎ)が決定

2020/3/10


 新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が贈る長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』が6月5日(金)に公開となる。この度、本作の本予告映像、本ビジュアルが解禁。さらに追加キャストに声優の山寺宏一、おぎやはぎの小木博明が決定した。主題歌には今、若者から圧倒的な支持を受けるアーティスト・ヨルシカが抜擢。

 本作の主人公、笹木美代(ささき・みよ)(声・志田未来)は、いつも明るく陽気な中学2年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。そんな彼女はまっすぐで熱烈な恋に落ちている。思いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)(声・花江夏樹)に毎日、果敢にアタックを続けるが全く相手にされない……。それでもめげずにアタックを続ける彼女には誰にも言えないとっておきの秘密があった。伊勢湾を目の前に臨み、焼き物で栄えた街並みが印象的な愛知県常滑市を舞台に繰り広げられる、ちょっと不思議で、観客に幸せを届ける物語だ。

 監督は、『美少女戦士セーラームーン』『おジャ魔女どれみ』など90年代アニメを支えてきた、日本アニメ界の重鎮・佐藤順一と、スタジオジブリを経て現在はスタジオコロリドにて数多くのCMや映像作品に参加、本作で長編監督デビューを飾る柴山智隆。トップクリエイターと新世代の注目すべきクリエイターがダブル監督としてタッグを組んだ。脚本は、日本中が涙した大ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や、『心が叫びたがってるんだ。』『空の青さを知る人よ』など確かな描写力で定評のある脚本家・岡田麿里。

 主題歌を担当するヨルシカは、これまでに顔出しを一切していないにも関わらずMV総再生回数が2.9億回を突破するという驚異の超大型“ネット系ブレイクアーティスト”。ボーカルを務めるsuis(スイ)の透き通った歌声や、まるで小説を読んでいるかのように綿密に築き上げられた世界観が若い世代からの人気を呼び、「2020年 ネクストブレイクランキング(※オーディション&エンタメ情報サイト「Deview」調べ)」で10代・20代部門で、King Gnuに続く2位を獲得、「第34回日本ゴールドディスク大賞」でベスト5・ニューアーティストを受賞するほか、『君の名は。』『天気の子』などで知られる新海誠監督も注目しているほどの勢いを見せている、話題の2人組バンドである。

 また、主人公・ムゲを「猫」世界へと導き、物語のカギを握る猫店主役に、無限の声色を持つ山寺宏一。ムゲや日之出の学校の担任・楠木先生には、これまでに映画『マダガスカル』(05)でのキツネザル役の声優が高評価を受けるなど、近年でもドラマや映画に出演し幅広い活躍を見せるお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が決定した。日之出の声を担当する花江は、声優界のレジェンドである山寺に憧れて声優界入りしたということから、まさに夢の師弟共演が果たされたという点も、今作の大きな見どころの一つだ。また、本作の演出家が大ファンという理由で、予め小木をイメージして作られたムゲと日之出の担任「楠木先生」。生徒思いで、マイペースな性格も小木自身を彷彿とさせるキャラクターとなっており、本人そっくりのビジュアルとなっているのも見どころだ。

本予告You Tube 

追加キャスト&主題歌担当コメント

■猫店主役:山寺宏一
Q1:出演が決まった際の感想
作品の内容を知る前に、主演が志田未来さんと花江夏樹くんだと聞き、共演出来ることを嬉しく思いました。花江くんは嫉妬する程の活躍をみせている事務所の後輩。
志田さんは『女王の教室』から注目していた大好きな女優さんで、この作品においてもその天才振りを発揮していて、ますますファンになりました。

Q2:演じたキャラクター“猫店主”について
不気味で、トボケてて、掴みどころがない、なんともユニークなキャラクターです。演じていて本当に楽しかったです。

Q3:観ていただく方へのメッセージ
主人公2人の揺れ動く心情、日常の風景、摩訶不思議な猫の世界、どれもが繊細かつ丁寧に描かれている素敵な作品です。悩み多き多感な10代はもちろん、いろんな世代の方々に観ていただきたいと思います!

■学校の担任・楠木先生役:小木博明
Q1:出演が決まった際の感想
僕をキャスティングしてくれるスタッフの気がしれないと思いました(笑)。前回アフレコしたときは海外作品だったので、現場に海外スタッフが多く、イントネーションとか通訳をかいしてやったのでそのときはリラックスしてできましたが、今回は日本のアニメーションだったから日本のスタッフがたくさんいて緊張しました。

Q2:演じたキャラクター”楠木先生”について
実は最初オファーをいただいたときに、当て書きだということを事前にお聞きしました。キャラクターの楠木先生が眼鏡かけているし、ちょっと歳をとっていて、太った感じにみえたし、なんだかそれも僕っぽく再現されていたので、半信半疑ではありましたがその気持ちでアフレコにのぞみました。
ですので、キャラクターの見た目が僕に似ているものですから、そのまんまでやらせてもらいました。正直、アフレコを終えた今でも半信半疑です(笑)。

Q3:観ていただく方へのメッセージ
ちゃんと家族で観れるような作品です。大人も子供も楽しめる作品ですし、みんなに観てほしいです。
僕は家族愛があるものが大好きなので、この作品はぜひ家族でも見てほしいですね。
あと、僕のところも良い先生だなと思って観てくれたらありがたいですね(笑)。こんな先生いたらいいな!みたいな(笑)。
映画なので長いかもしれませんが、映画館ではスマホを見るのを我慢してくださいね。

■ヨルシカ
昔から映画をよく見ます。暇になる度に邦洋問わず鑑賞するのですが、音楽と調和した一本を見たときの感動はほかには代え難いものがあります。特に物語の個性と、音楽の個性がぶつかり合った作品に心惹かれます。
はじめ打ち合わせで監督の方に言われた言葉は「自由に作ってみてほしい」でした。ヨルシカは基本的にコンセプトが軸にある音楽を出しているバンドで、話をいただいたときは新たなコンセプトアルバムを作っている最中でもありました。
僕はその言葉が嬉しくもありつつ、つまりは、作品という枠組みの中で支える音楽ではなく、枠組みの外で泳ぐ自由さを求められているのだと捉えました。
今回使っていただいた主題歌はヨルシカとしての作品性をそのままアウトプットしたものでもあり、この映画の創造力とぶつかり合って輝くような、独立した二作品が綺麗に調和を保っているような、そんな景色を作る音楽になっていればと、そう願っています。映画館で鑑賞できることを一つの楽しみにしています。

<ヨルシカ プロフィール>
ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中の“n-buna(ナブナ)”が女性シンガー“suis(スイ)”を迎えて結成したバンド。2017年より活動を開始。2019年8月に発売した2nd Full Album「エルマ」はオリコン初登場3位を記録し、各方面から注目を浴びる。n-bunaが生み出す文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている

作品概要
<ストーリー> 
私はあなたの力になりたい。好きって言われたい――

笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学2年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。
そんなムゲは、熱烈な想いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)へ毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない。めげずにアピールし続ける彼女には誰にも言えないとっておきの秘密があった……。
それは、猫の姿になって大好きな日之出に会いにいくこと。
実はムゲは、ある夏祭りの夜、お面屋にいた猫の店主から「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面をもらって以来、猫・太郎として日之出の家に通っていたのだ。
普段はクールに振舞う日之出だが、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができ、いつしか太郎は日之出の支えになっていた。≪人間≫のときには距離を取られてしまうが、≪猫≫のときには近づけるふたりの関係。ムゲもまた、猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく。
猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになるムゲ。
ある日、再び現れた猫店主から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、≪人間≫を捨て≪猫≫として生きるよう迫られる……

このままずっと、あなたのそばにいたい。でも、≪私≫に戻ることができなくなる――

自分が誰に支えられているのか。大切なものに気がつくとき、2人の世界が変わり始める。

<スタッフ>
出演:志田未来 花江夏樹 小木博明 山寺宏一
監督:佐藤順一 柴山智隆
脚本:岡田麿里
主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサルJ)
企画:ツインエンジン
制作:スタジオコロリド
配給:東宝映像事業部

公式サイトnakineko-movie.com
Twitter@nakineko_movie
Instagram@nakineko_movie

© 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP