超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「もはや自分がおっぱいなんじゃないかな」 – 高木プロデューサーが語る「閃乱カグラ」シリーズに対する想いとアニメ化へのこだわり【インタビュー】

2018/11/19


 2011年9月に『閃乱カグラ -少女達の真影-』(ニンテンドー3DS)を発売してから8年目を迎えた人気ゲームシリーズ『閃乱カグラ』。2013年にはTVアニメ第一期を放送、その後もさまざまな展開をし続ける本シリーズがTVアニメとして帰ってきた。2018年10月より放送中のTVアニメ第二期のタイトルは『閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-』。アニメ第一期には登場しなかった死塾月閃女学館のリーダー・雪泉をはじめ、ゲームに登場した忍たちが勢ぞろい。『閃乱カグラ』らしく、激しいバトルを繰り広げ、過激な姿を露わにする。

 今回は本シリーズのプロデューサーである高木謙一郎氏にインタビュー。アニメ第二期の見どころに加えて、これまでのシリーズを振り返っていただきつつ、ご自身にとっての「閃乱カグラ」「ゲーム」「おっぱい」とはどんな存在になったのか、うかがった。

閃乱カグラ

アクションあり、笑いあり、涙あり、ちょっとエッチなシーンありという構成へのこだわり

――これまでゲーム、OVAなどさまざまな展開をしてきた『閃乱カグラ』シリーズ。アニメ第二期のプロジェクトはいつ頃から話が挙がっていましたか?

具体的に話が進み始めたのは2年前だったと思います。ただ、アニメ第一期が終わった後からTVアニメをまたやりたいという気持ちはありました。いつやろうかとタイミングを見計らっていて今に至るのですが、思ったより時間がかかったなという印象が個人的にはあります。

――アニメ第二期までにもゲームはほぼ毎年のように発売され、スマホゲーム『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』(以下、シノビマスター。※1)も始動しましたよね。そういう点では常に動きがあったシリーズだという感じがします。

そうですね。実際のところ、ゲームの作業が忙しくてアニメのほうに手が回らなかったという物理的な問題もありました(笑)。

※1『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』……2017年11月29日サービス開始。『閃乱カグラ』シリーズ初のスマホゲーム。基本プレイ無料(アイテム課金制)。プレイヤーは少女達の先生となり、少女達と共に「シノビマスターズ」の頂点である「シノビマスター」を目指す「爆乳ハイパーチームバトル」。

――なるほど(笑)。では、今回のアニメ化に期待していることはどんなことでしょうか?

『閃乱カグラ』シリーズももう8年目。これまでもさまざまな展開をしてきましたが、ここで改めてより多くの方に『閃乱カグラ』というコンテンツを知っていただきたい、触れていただきたいと思い、TVアニメ化という選択をしました。インターネットが普及したとはいえ、TVアニメというのは興味がなかった方もたまたま目に触れる機会があるメディア。認知拡大という点で効果があるのではと思ったのが期待している点でありアニメ化の意図でもあります。あとは個人的にやりたかった(笑)。

ーー高木さんの希望でもあったんですね!

そうです。制作していくうえで、アニメ第二期は第一期よりも少し濃い味にして、『閃乱カグラ』本来の魅力を映像化したいなと思っていました。そうすることで、より面白いものが作れるんじゃないかなと思ったので。

――「濃く」というお話がありましたが、具体的にはどのようなこだわりを持って第二期を制作していきましたか?

キャラクターとおっぱいはもちろんこだわりつつ、「爆乳ハイパーバトル」とうたっている以上、バトルやアクション要素は絶対に入れようと思いました、バトルって制作するうえでどうしてもカロリーがかかるので避けがちなんですけども、会話劇やまったりとした日常だけを描くのは、『閃乱カグラ』の魅力を濃く伝えるうえでは違うかなと思って。だからアクションあり、笑いあり、涙あり、ちょっとエッチなシーンありという構成にこだわりました。

――日常シーンだけではなく、バトルやアクションシーンを入れたかった。

日常シーンだけってのもそれはそれでいいんですけどね。ただ『閃乱カグラ』では違うよねと思って。

閃乱カグラ

――キャラクターもこだわりということでしたが、一期と比べてかなり多くの忍の少女が活躍します。

一期が放送していたときにちょうど『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』(以下、シノビバーサス。※2)というゲームが発売したのですが、ここでキャラクターがかなり増えたんです。それから、シリーズの魅力を濃く伝えると考えたときに、ゲームに登場したキャラクターはできるだけ登場させたほうがよいと思ったんですよね。だから、第二期では多くの勢力、忍が登場しています。アニメのみの視聴でゲームをプレイされていない方は「誰だ?」というキャラクターもいるかと思いますが、色々な個性を持った忍が登場するので、誰か一人でも気に入ってくれると嬉しいですね。

※2『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』……2013年2月28日に発売。前作までのベルトスクロールアクションから3Dフィールドによる3Dバトル形式へと変更。プレイアブルキャラはTVアニメ第一期にも登場した国立半蔵学院や元秘立蛇女子学園の抜忍集団・焔紅蓮隊のほか、アニメ第二期に登場する死塾月閃女学館や秘立蛇女子学園の新メンバーなど多数のメンバーが追加となった

――本当に個性も豊かですし、胸のサイズもそれぞれで異なりますよね。アニメでもその点はこだわっている?

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP