超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アクションゲーム『進撃の巨人2』の新情報が解禁! 原作キャラクターとの友好度を上げると特別な会話が発生

2018/2/11


 コーエーテクモゲームスは、2018年3月15日(木)発売となるタクティカルハンティングアクションゲーム『進撃の巨人2』の最新情報を発表した。

 『進撃の巨人2』は、世界中で人気を誇るアニメ『進撃の巨人』の世界観を原作としたゲーム。アクション面では空中を自由自在に駆け回る “立体機動アクション”を駆使して巨人を狩る爽快感が体験でき、ストーリー面ではオリジナル主人公の目線で繰り広げられるストーリーを体験することでの没入感に加え、キャラクターの私服や普段見せないような一面が覗ける「日常パート」で原作のキャラクターたちと絆を深められるのも特徴だ。

 また、プレイアブルキャラクターが前作の10名から30名以上に大幅アップし、「ミケ」「ナナバ」「ライナー」「ベルトルト」「アニ」といった人気キャラクターたちが操作できるようになったのも魅力のひとつである。今回発表された新情報は『進撃の巨人2』ストーリーモードクリア後に解禁される要素、装備などについて。詳細は以下の通り。

『進撃の巨人2』ストーリーモードクリア後に解禁される要素について
●超強力な「緊急討伐対象」の出現
ストーリーモードを一度クリアすると、「緊急討伐対象」が解禁。戦闘毎に設定された条件を満たすことで、そのシナリオの戦闘中に「緊急討伐対象」と称される通常よりはるかに強力な特別な巨人が登場するようになる。この巨人を討伐し、さらにSランク評価の条件を満たすと、さらに上の評価であるSSランクを獲得でき、報酬が追加される。

圧倒的な力を持つ「緊急討伐対象」との戦闘

●悲劇を塗り替えられるミッション解禁
ストーリーモードクリア後に、特別なミッションを解禁。そのミッションを達成すると、原作で命を落としてしまったキャラクターの運命を変えることができるという。無事運命を変えることができれば、そのキャラクターはストーリーモードクリア後の日常パートなどに再び姿を見せるようになる。

大切な仲間との日常を取り戻すことができるか

戦闘を更に楽しくする、様々な装備
●能力だけではない、見た目もユニークな装備品
本作では装備品の種類がさらに追加。全16シリーズとなる装備品は、それぞれの能力はもちろん、見た目も非常に個性的になっている。「刀身」「鞘・ボンベ」「立体機動装置」の3種を同じシリーズ装備でそろえると、特殊なセット効果が発動することも。

はたきブレードを装備した掃除衣装リヴァイ

炎熱装備の攻撃で巨人が炎上

●戦闘中に使用可能な「携行アイテム」
ブレードとガスの交換以外にも、戦闘で使用できる様々な携行アイテムが登場。これらはストーリーモードの進行の他、「巨人研究所」のレベルを上げる事でも種類を増やすことができる。

携行アイテム「煙幕」で巨人の視界から逃れる

原作キャラクターとの友好度の上げ方とメリット
●友好度の効率的な上げ方「贈り物」
原作キャラクターとの友好度は、会話や一緒に任務に出撃することで上げられるが、相手に「贈り物」をすることによって、さらに友好度を高めることが可能。

贈り物で友好度がさらにアップ

●友好度を上げることで、様々な会話イベントが発生
友好度を上げることで、それぞれのキャラクターに用意された会話イベントを見ることが可能。原作キャラクターの普段見せない一面を見られることも。

兵長の力になりたいリヴァイ班の面々

仲間と過ごし、ひと時のやすらぎを感じるアニ

●友好度を上げてスキルを獲得
友好度を上げることで、スキルを獲得することが可能。戦闘時に役立つものから、報酬アップなどの効果があるものまで、様々なスキルが存在する。

習得したスキルは調査日誌で確認可能

 <友好度を上げて習得できるスキルの一例>
・リヴァイから習得:「連撃」攻撃時に連続でボタンを入力することで連続攻撃を行う
・ナイルから習得:「好待遇」報酬で得られる資金が少し上昇する
・クリスタから習得:「友愛」友好度の上昇量が増加する

●友好度を上げると新たな「施策」が実行可能に
日常パート内で実施でき、戦闘や日常に様々な影響を与える「施策」についても、キャラクターとの友好度を上げることによって、新たな施策を実行できるようになる。

ハンネスの友好度を上げると実施できる施策 「兵団購買部セール」

リコの友好度を上げると実施できる施策 「動物愛護週間」

●戦闘時に設営できる「拠点」の強化も可能
戦闘時に設営し、有利な効果を発生させる「拠点」。これらについても特定のキャラクターとの友好度を上げることで、レベルを最大3まで強化できるようになる。

キッツとの友好度を上げると 「採掘拠点」をレベル3まで強化可能

<強化できる拠点の一例>
・補給拠点:全てのアイテムを補給することができる(ハンネスとの友好度を上げることで、レベル3まで強化可能に)
・採掘拠点:戦闘終了時に獲得できる資材が増える(キッツとの友好度を上げることで、レベル3まで強化可能に)
・前線基地:この拠点の周囲では、味方の能力が上昇する(リコとの友好度を上げることで、レベル3まで強化可能に)

●『進撃の巨人2』紹介映像オンライン編

本作のオンラインプレイの要素の紹介動画を公開。最大4vs4で対戦する「殲滅モード」や、2人でのストーリーモードの協力プレイ、PS Vitaのアドホック通信やNintendo Switchのローカル通信を活用したプレイなど、各モードについて紹介している。

 

 『進撃の巨人2』は2018年3月15日(木)に発売予定。新情報は『進撃の巨人2』公式サイトや公式Twitterアカウントでも随時公開される。

『進撃の巨人2』製品概要
発売日:2018年3月15日(木)発売予定
対応機種:PlayStation4/PlayStationVita/Nintendo Switch/Steam
価格:PlayStation4⇒7,800 円(税別)、PlayStationVita⇒6,800円(税別)、Nintendo Switch⇒7,800円(税別)、Steam⇒7,800円(税別)
CERO:D(17歳以上対象)
『進撃の巨人2 TREASURE BOX』製品概要
概要:ゲームソフト本体に加えて、サウンドトラックや公式調査記録集などが同梱されるスペシャルパッケージです。
発売日:2018年3月15日(木)発売予定
対応機種:PlayStation4/PlayStationVita/Nintendo Switch
価格:PlayStation4⇒1万4,800円(税別)、PlayStationVita⇒1万3,800円(税別)、Nintendo Switch⇒1万4,800円(税別)
同梱物
・ゲームソフト
・公式調査記録集
・サウンドトラック
・キャラクターピンズ(8種)
・プレミアムポスター(A4サイズ・2種)
『進撃の巨人2 GAMECITY & Amazon.co.jp 限定セット』製品概要
概要:TREASURE BOXの同梱物にリヴァイ等身大タペストリーなどのアイテムが追加された限定セットです。
発売日:2018年3月15日(木)発売予定
対応機種:PlayStation4/PlayStationVita/Nintendo Switch
価格:PlayStation4⇒2万4,800円(税別)、PlayStationVita⇒2万3,800円(税別)、Nintendo Switch⇒2万4,800円(税別)
同梱物
・ゲームソフト
・公式調査記録集
・サウンドトラック
・キャラクターピンズ(8種)
・プレミアムポスター(A4サイズ・2種)
・リヴァイ等身大タペストリー
・キャラクター私服タペストリー(A1 サイズ)
ダウンロード版
予約受付期間:PlayStation4/PlayStationVita は2018年3月14日まで予約受付中。Nintendo Switch予約受付期間は後日公開
価格:PlayStation4⇒7,800円(税別)、PlayStationVita⇒6,800円(税別)、Nintendo Switch⇒7,800円(税別)
特典
ダウンロード版専用予約購入特典:クリスタ&ユミル「私服」コスチューム早期解放
早期購入特典:エレン&リヴァイ「私服」コスチューム早期解放
『進撃の巨人2 Deluxe Edition』
概要:ゲーム本編で使用できる追加衣装20点がセット。
予約受付期間:PlayStation4/PlayStationVita は2018年3月14日まで予約受付中。Nintendo Switch予約受付期間は後日公開
価格:PlayStation4⇒1万2,800円(税別)、PlayStationVita⇒1万1,800円(税別)、Nintendo Switch⇒1万2,800円(税別)
ダウンロード内容
・『進撃の巨人2』ゲーム本編
・追加衣装20点セット
※こちらのセットに含まれる追加衣装は、単体でもご購入いただけます。重複購入にご注意ください。
※本コンテンツをご購入いただいて入手した追加衣装は、対象となるアイテム等のダウンロードの有無に関わらず、キャンセルすることはできません。
特典
ダウンロード版専用予約購入特典:クリスタ&ユミル「私服」コスチューム早期解放
早期購入特典:エレン&リヴァイ「私服」コスチューム早期解放

『進撃の巨人2』公式サイト
http://www.gamecity.ne.jp/shingeki2/

『進撃の巨人』公式Twitter
@kt_shingeki

ω-Force20周年記念サイト
https://www.gamecity.ne.jp/omega20th/

原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載)
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス



この記事のキーワード

PAGETOP