超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

“BanG Dream!”発のボーイズバンド・Argonavisが1stライブ開催!5人での“出航”に「夢みたい」【レポート】

2019/5/28


 5月17日、舞浜アンフィシアターで、Argonavisの1stライブが行われた。

 “ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)”とは、様々なメディアミックスを展開する“BanG Dream!”から誕生した、キャラクターを演じる男性声優によるボーイズバンドプロジェクト。メンバーは、七星 蓮役の伊藤昌弘(Vo.)、五稜結人役の日向大輔(Gt.)、的場航海役の前田誠二(Ba.)、桔梗凛生役の森嶋秀太(Key.)、白石万浬役の橋本祥平(Dr.)の5人組。“BanG Dream!”プロジェクトから誕生しただけあって、客席には男性ファンの姿も多く見られる。

 オープニングは、かわいいミニキャラのアニメーション映像から。楽屋で緊張気味のメンバーが気合を入れる様子が流れ、メンバーはステージ中央のセリから登場。5人が拳を合わせ、気持ちを合わせると、いよいよライブがスタートする。

 1曲目はファーストシングルの「ゴールライン」。早くも観客の大合唱が起こり、ライブハウスのような熱気に包まれる。2曲目はアニソンの名曲「Butter-Fly」のカバー。伊藤と日向、前田がステージを左右に走り回り、観客を煽って盛り上げた。

 ここで、自己紹介を兼ねたMCへ。森嶋が「今日は最高なステージをみんなに届けられそうだ」とクールな凛生らしく話すと、伊藤は「夢みたいだ。こんなステージで歌を歌えるなんて」と感慨深そうにコメント。続けてポップなオリジナルナンバー「Steady Goes!」では、日向がギターソロでアピール。

 メンバーが一旦退場し、ライブ数週間前の練習スタジオで、セットリストを話し合うミニキャラ映像が流れると、ここからソロのカバーコーナーへ。トップバッターの日向はロック好きの結人らしく「サムライハート(Some Like It Hot!!)」を熱唱。続く前田が歌詞を噛みしめるように「季節は次々死んでいく」を歌い、森嶋は「青い栞」を丁寧に歌いあげた。そして「シュガーソングとビターステップ」で軽快なダンスでステージを駆け回る橋本に続けて、特撮好きの蓮役の伊藤の「UNION」では、ファンも手拍子で応える。

 続いてバンド名の由来を語るVTRが開けると、オリジナル曲の「流星雨」、カバー曲の「天体観測」と美しくメロディアスなナンバーを披露。MCを挟み、「メリッサ」「READY STEADY GO」、「GO!!!」と立て続けにアップテンポなカバー曲で会場のボルテージを上げる。曲中、ギターソロを奏でる日向に伊藤が絡みにいくも、日向が笑顔でかわす一幕も。ラストでは森嶋が橋本に向けて指で銃を撃つ振りをすると、橋本が大きく倒れるなど、メンバー間の仲の良さも見られた。

 舞台が北海道の函館らしく、“ラッキーピエロ”推しなVTRが開けると、全員が少しずつ歌をつないでいく新曲の「VOICE」を最後に披露し、ライブは一度終了した。

 ファンの“アンコール”が流れるなか、VTRでWEBラジオ「Argonavisラジオライン」の配信決定、2019年度後半コミカライズ連載、8月21日2ndシングル発売、「ゴールライン」アニメーションMVの制作決定が発表され、ファンからは大歓声が湧き上がる。

 アンコールの1曲目の「Steady Goes!」は、撮影OKの時間に。演奏を終えると、Vo.伊藤の口から次回2nd LIVEの発表がされた。

 最後に2018年7月に行われた「Argonavis 0-1st LIVE」からのメンバー・日向、前田、森嶋は、5人でライブが出来ることの喜びと感謝を語り、森嶋が「大きな船に乗って、一緒に旅をしてください」と観客に呼びかけた。2018年12月の「Argonavis 0-BEYOND LIVE」で加入が発表された“5人目”の橋本も「どんな嵐が来ても負けない、でっかい丈夫な船にしたい」と宣言。最後に2018年9月の「Argonavis 0-2nd LIVE」から参加の伊藤は「魅力的なキャラクターをもっと魅力的にできるように、精進していきたいと思います」と、バンドのみならず声優としての決意を明かし、最後は「ゴールライン」で締めくくった。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

【セットリスト】
1.ゴールライン/Argonavis
2.Butter-Fly
3.Steady Goes!/Argonavis
4.サムライハート(Some Like It Hot!!):五稜結人
5.季節は次々死んでいく:的場航海
6.青い栞:桔梗凛生
7.シュガーソングとビターステップ:白石万浬
8.UNION:七星 蓮
9.流星雨/Argonavis
10.天体観測
11.メリッサ
12.READY STEADY GO
13.GO!!!
14.VOICE(新曲) /Argonavis
En1 Steady Goes!/Argonavis
En2 ゴールライン/Argonavis

photo:西槇太一
©ARGONAVIS project.
©BanG Dream! Project



この記事のキーワード

PAGETOP