超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『甲鉄城のカバネリ』完成披露舞台挨拶で畠中祐「この作品が大好きです」と熱い愛を語る【レポート】

2019/4/23


 4月23日(火)、東京・新宿ピカデリーにて、『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』完成披露舞台挨拶が行われ、畠中祐(生駒役)、増田俊樹(来栖役)、逢坂良太(巣刈役)、大河内一楼(構成)、荒木哲郎監督が登壇。

 試写会後に登場した逢坂は「収録から早い間隔で上映されたので、あのときの感覚を思い出しながら見れました」と語ると、増田は「僕たちが参加した日数は限られてますが、準備してくださったスタッフの汗と涙の結晶がどう伝わるのか。やっと見てもらえるのが嬉しい」と、いよいよ公開を控えた感想を明かした。また、畠中は試写を観た際に「無名の声が聞こえた瞬間から涙が出て、冷静に見れなかったです。改めて大好きだなと実感しました」と興奮気味に語った。

 一方、荒木監督は「TVシリーズが終わって、まだやりたいと思ってました。いいキャラクター作ったのに、もうおしまいなんて…と。理想的なアニメにして、もう一度活躍させたいと思いました・いいフイルムができて、皆さんに見てもらえて、いい人生だなと思いました」とコメント。大河内も「TVシリーズの『こういう面白いところがあったよね』というのを全部入れたいと思ったのが、実現できた」と、作品の手応えを明かした。

 アフレコについて増田が「楽しかったです。アニメシリーズから成長や変化があって、どうしようもなかった生駒からヒーローになっていくのを演じる畠中くんが、2年ぶりに会うと、こんなにも背中が大きくなってるんだって感じました」と絶賛すると、畠中は恥ずかしさから「筋トレしてるからね」と冗談ではぐらかしつつ、「こんなに熱量がある現場だから、アニメのアフレコをしていた頃に戻れるか不安でした。でも、監督から『あのときに巻き戻って演じなくていい。生駒も前に進んでるから、変わってていい』と言ってもらえて、楽になりました」と明かした。さらに逢坂も「我々の成長を見せなきゃいけないので、それはそれで、いい緊張感がありました。前向きにさせてくれる、いいプレッシャーでした」と、現場について感想を語った。

 『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』は5月10日(金)より2週間限定上映。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

(C)カバネリ製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP