超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』の制作発表会にて世界観・ゲームシステムの概要を発表ー主人公は世界を終わらせる7人の破壊者【レポート】

2019/4/6


 株式会社フジゲームスは、新作スマホアプリゲーム『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』の記者発表会を、4月6日(土)に恵比寿ガーデンルームにて開催した。本イベントにはゲームの総合プロデューサー・赤井誠一、ゲームのクリエイター陣である河野純子、小牟田修、山根ミチル、古代祐三、柳川剛、メインキャラクターの声を担当する赤羽根健治・大空直美に加えて、フジテレビで放送中のゲーム情報バラエティ番組「エイコーさん」のパーソナリティーを務める狩野英孝と富田美憂・山田麻莉奈、ボーカルユニット・Kleissis(田中有紀、富田、山田、髙橋麻里、山根綺、元吉有希子、金子有希)が登壇。「エイコーさん」の公開収録も兼ねてイベントが行われた。なお、司会はフジテレビの伊藤利尋アナウンサーが務めた。

 イベントがスタートすると、まずは狩野、富田がステージに姿を現す。その後、会場後方にずっとスタンバイしていたという5時起きの山田が会場の間を通ってステージへ上り、合流。それから『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』のクリエイター陣と赤羽根・大空も登壇した。

 それぞれの紹介が終わると、続いて本ゲームのPVを公開。美麗な映像に狩野は「これがスマホゲームとは!」と驚きを隠せない様子だった。

 その後、ゲームのポイントについての紹介が行われる。ポイントは以下の通り。

ポイント1「破壊と創造テーマの重厚な世界観」
世界は7つ。7人のメインキャラクターが世界を終わらせるという物語となる。終わりそうな世界を正しく終わらせる、リセットして新しく始める、というのが主人公たちの目的、役割。この7つの世界が繋がっていたり、その世界に存在するキャラクターが別世界にも存在して、世界によって役割も異なっているという。

ポイント2「群像劇を表現するゲームシステム」
仲間との会話、絆スキルなどで人間関係を表現・演出。信頼関係によって仲間が倒れると“怒る”などが反映されるゲームシステムになっているとのこと。絆スキルはキャラクター同士で出す必殺技のようなもの。また、「方舟」と呼ばれる仲間たちが集まる拠点のようなものがあり、ここは仲間と共に発展させることができる。「方舟」の会話などで人間関係や世界の繋がりがわかることもあるという。なお、キャラクターは初期で60人以上いるとのこと。

ポイント3「幻想的な世界観と臨場感あふれるバトルを表現する音楽」
OPのBGMをその場で披露。特徴はソウル・サウンド・ライアーの生音を入れていること。バトルのBGMについてはゲームでは定番なだけに、一番ユーザーが聞くところになる。だからこそ飽きないような音楽にすることを考慮して制作している。モチーフの原型の曲は10曲以上作ってその中から選んだとのこと。ファンタジーっぽさを意識している。

 それぞれのポイントの説明が終わったあとには赤羽根・大空が演じるキャラクターについて紹介。赤羽根が演じるクロウはユーザーが最初に出会う主人公。ベーシックな主人公のため、感情移入しやすいよう、とがりすぎずもせず、ひっこみしすぎもせずということを意識して演じたという。大空が演じるシュカは楽天的でポジティブな性格。食いしん坊で好きな食べ物は肉。破壊者と呼ばれることに納得がいっていないのだという。

 制作発表会の後には、Kleissisのメンバーが登場。挨拶もそこそこに重大発表が行われた。一つ目の発表はKleissisの面々がゲームに登場すること。ゲームにもKleissisが歌姫として登場し歌とキャラクターの声を担当するという。2つ目の発表はKleissisが本ゲームのテーマソングを歌唱すること。また、これまで発表されていたKleissisの7曲がすべてゲームの世界観に併せたものとなっているという。

 その後、『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』の事前登録がスタートしたこと、また2019年夏にリリース予定であることもこの場で発表された。

 イベントの最後には狩野が本ゲームの宣伝大使に就任したことを発表。狩野は「大使としてアルカラストを『神ゲー』にできればと思っていますので、応援よろしくお願いします」と意気込みを言葉にして、イベントを締めくくった。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』公式サイトURL
https://arca-last.com/teaser/
『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』公式Twitter
@arca_last



この記事のキーワード

PAGETOP