超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『劇場版ウルトラマンR/B』公開記念舞台挨拶で平田雄也の子供の頃の夢は「シャ乱Qになること」【レポート】

2019/3/9


 3月9日(土)、東京・新宿ピカデリーで、『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』の公開記念舞台挨拶が開催。本作の主人公・湊カツミ役の平田雄也、湊イサミ役の小池亮介、湊アサヒ役の其原有沙に加え、前作『ウルトラマンジード』の主人公で本作にも出演する朝倉リク役の濱田龍臣、武居正能監督が登壇。4人の生変身によりウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、ウルトラウーマングリージョ、ウルトラマンジード プリミティブが登場し、イベントを盛り上げた。


 作品のキーワード『夢』にちなみ、小さい頃の夢を聞かれた平田は「一番最初の夢は、シャ乱Qになることでした」と驚きの告白。さらに「つんくさんに憧れて、子供なのに眉毛を細くしてほしいと親に頼んだり、赤いジャケットも着たくて。いま『Ushio Minato』ブランドの赤いジャケットを着られているので、夢は叶いました!」と笑顔で語った。一方の小池は「ちょうど平成3部作が世代で、ウルトラマンをよく見ていた影響で正義感のある仕事に憧れて、警察官になりたかったです。ウルトラマンは憧れだったので、自分がウルトラマンになったのは不思議な感じです」と語り、其原「幼稚園の文集に看護師になりたいと書いていました。アサヒも看護師を目指しているので、運命を感じました」と現在に通じる夢を明かした。また、濱田は「僕は本当にウルトラマンになりたかったので、夢は叶っています!今の夢は推し(ウルトラマンジャスティス)の新規立体造形物がほしいので、バンダイさん!お願いします(笑)」と、しっかりアピール。武居監督「一番最初はプロ野球選手になりたくて、その後、漫画家、監督と変化しました。夢は叶います!」と、子ども達に向けて力強く語った。

 さらに、兄たちと一緒にウルトラウーマングリージョとして変身して戦うことについて、其原は「自分がヒーローになるとは思ってなかったので、変身すると聞いた時は驚いて、でも素直に嬉しかったです。ヒーローなんですが、アサヒらしさも残っていて、可愛らしいなと思いました」と思いを明かした。

 最後に平田は「ウルトラマンを見始めた小さいお友達や、昔からウルトラマンが大好きでずっと応援してきてくれている大人の方もたくさんいると思います。そんな中で、『ウルトラマンR/B』として平成最後のウルトラマンが進化しました。劇場版の公開は始まったばかりですが、ぜひみなさんに楽しんでいただきたいです」と語り、武居監督は「撮影がクランクインしたのがちょうど去年の3月9日で、今日は『R/B』が始まった記念日です。カツミ・イサミ2人の初めての撮影は10日でしたが、変身シーンの『オレ色に染め上げろ!』がなかなか合わず、苦労しました。でもすぐに合わせられるようになって、もう言うことはないです。リクを含めて、この4人がウルトラマンに初めて出演した時からずっと見てきて、ずっと応援してくださっているみなさんと今日こうしてこの時間を共有できたことをすごく嬉しく思っています。『R/B』は家族や仲間の絆を描いてきました。劇場版では、特に子供達には夢は叶うこと、大人も夢を持ち続けてほしいということ伝えたかったです」と、作品へ込めたメッセージを明かし、2日続けてのイベントを締めくくった。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』
全国公開中
配給:松竹メディア事業部

公式サイト
https://m-78.jp/rb/movie/

公式Twitter
https://twitter.com/ultraman_series

©劇場版ウルトラマンR/B製作委員会



PAGETOP