超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

楠田亜衣奈のバースデーイベントは幸せと笑顔が溢れる魔法の時間ー「29歳だろうが、30歳だろうが、私は私!」【レポート】

2019/2/23


 声優・楠田亜衣奈のバースデーイベント『楠田亜衣奈さんくっすんBIRTHDAY 2019 ~The Little Witch~ 』の東京公演が2019年2月2日にヒューリックホール東京にて行われた。超!アニメディアでは「これが“くっすん”だよなぁ」と感じられるほど彼女の魅力がたくさん詰まっていると感じた昼の部の模様をレポートする。

 「さんくっすんBIRTHDAY」は2016年から行われている楠田の誕生日付近に行われる恒例イベント。2016年はライブとトークパート、2017年・2018年はお芝居と歌やダンスを交えた構成でイベントを展開してきた。ことしはどんな演出でくすサポのみんなを楽しませてくれるのか……そんな想いを抱えながら会場に一歩足を踏み入れると、そこに広がっていたのは怪しげな森であった。

 いきなりのセットに驚いてしまったが、バースデーイベントの度に自らが考えた構成で楽しませてくれるのがくっすん(楠田)。どうすればイベントを盛り上げられるか考える、彼女のエンターテイナーな一面が垣間見えた。

 イベントがスタートすると、まずは今回紡がれる物語についての説明がとある方のナレーションで行われる。どうやら2019年のバースデーは、見習いの魔法使いに扮したくっすんが、一人前の魔法使いになるため「魔法使い認定試験」を受けるという物語をその時々のシチュエーションに合った歌を交えながら進行していくようだ。なお、認定試験ではさまざまな試練を乗り越え、7つのマジックハートストーンを集める必要があるという。それを応援・助力するべく、駆け付けたくすサポは今回、「森の妖精さん」となり、くっすんをサポートする役割を担った。

 ナレーション後、魔法使いが装備していそうな白いローブに身を包んだくっすんが登場し、今回の物語のオープニングテーマともとれる「ハッピーシンキング!」を披露する。ノリのよい楽曲に併せて軽やかなステップを魅せるくっすん。その後、早速「技の試練」「心の試練」「知の試練」の3つに挑戦することとなった。「技の試練」では「右目右耳ミニニキビ」という呪文を早口で3回唱える、「心の試練」では大勢の精霊たち(くすサポ)の前で「トードーコーラス」(かえるの歌)を縦笛で吹くことで、試験をクリアする。

 続く「知の試練」では、クイズ形式で暗号を解き、知力を試すことに。本試験の暗号は客席に隠されており、くっすんが実際にクイズを解きながら該当する席番に座っているくすサポのところへ足を運ぶ。手がかりを持っているのに渡すのを渋るくすサポに「何よ、なんか文句あるの~?」と投げかけたり、暗号が分からずにくすサポに解かせたりなど、くすサポと交流を図る彼女は実に楽しそうであった。

 そんなくすサポたちと過ごす時間や自身の気持ちを表現したかのような楽曲「ただいまを歌おう」や「進化系HEROINE」を歌いあげたあとは、第4の試練「恋の試練」に臨む。この試練では、「知の試練」にて手に入れた薬草を使って魔法薬を精製し、その効果を示せという難題が課せられる。くっすんは、その場で精製した目の前にいる人のことが好きになるという惚れ薬をくすサポの一人に飲ませる。くっすんが作った魔法薬……くすサポに効果は抜群だ。壇上に上がったくすサポは「大好き」と一言。これで試験もクリア……かと思われたが、これでは試験クリアと認められず。「まだ魔力が足りない」、そう思ったくっすんはトレーニングしなければと思い至る。そして歌唱したのは「ウェルカム・フューチャー」、さらには恋について歌った「Melty Valentine♡」と「magic」だ。

 この3曲を歌うことで魔力を向上させ、「恋の試験」を見事にクリア。しかし、休む暇もなく、続く「和の試練」「動の試練」に挑むこととなった。この2つではくすサポ全員の協力がカギとなる。まず、「和の試練」ではくすサポが持っている光る魔法の棒で虹を描きウェーブを行うことで「和」を示し、「動の試練」では、くすサポたちに振り付けを教えて全員の動きを一致させて、「動」を示すことに。その流れから歌唱したのは、歌詞に先ほどくすサポがかけた“虹”という言葉も出てくる「JUMP UP」だ。本曲ではくっすんが教えた振り付けを会場が一体となり行う。また、くっすんは傘を使ったエレガントなダンスも魅せた。彼女のダンスはキレがよいだけでなく、さまざまなステップや動きで曲を体現する。ライブに足を運ぶ人が多い理由が分かるほどの表現力に、思わず見入ってしまった。

 「アイ・アム」を歌唱した後はいよいよ最後の試練「愛の試練」へ。「愛の魔法力を見事我に示してみよ」というアバウトなお題だったが、ここまでの試練を乗り越えてきたくっすんは、くすサポたちに光る棒をピンク色にしてとお願いする。そして、「一緒に大きな愛を作り出してね」と言葉をかけた後は愛が溢れ出す呪文「アイナンダ!」を歌唱した。会場中に愛が溢れたことが認められてか、最後の試練も見事に通過。この物語のエンディングテーマともとらえられる「Smile プラス」を歌唱中にマジックハートストーンが7つ集まり光輝き、くっすんは一人前の魔女として認められた。そして、物語はそのままラストへ。ナレーションが親友・南條愛乃であることもここで発表され、会場では大きな拍手が巻き起こった。

 そんな会場に今度は魔法使いが着ていそうな黒い衣装に着替えたくっすんが登場。「まいにち誰かのハッピーデイ♡」「ラブリージーニアス」を披露した後のMCでは、30歳になった実感があまりなくて気持ちは小学校5年生くらいから変わっていないこと、前日はリーディングライブの本番で、お芝居をしながら誕生日を迎えることができて幸せだったことを言葉にする。併せて、「こんなわけの分からないコンセプトのイベントなのに本当に来ていただいてありがとうございます」と冗談交じりに素直な気持ちも露わにした。イベントを締めくくるナンバーは「POWER FOR LIFE」。くすサポとくっすんのイメージを書き起こしてもらったという一曲で、歌でも感謝の気持ちを伝えた。

 内容、言動、ダンスなど彼女の魅力がたっぷりと詰まったバースデーイベント。30歳になった彼女だが、「29歳だろうが、30歳だろうが、私は私!」と自ら公言していたように、これからもその魅力は失われないだろう。夜の部では2019年6月に『さんくっすん祭り』が開催、夏には5thフルアルバムが発売、さらに東名阪ツアーが行なわれることも発表された。まだまだ続く彼女の物語。次はどんな仕掛けで幸せを振りまいてくれるのだろうか。いずれにせよ、また、驚かせて笑顔にしてくれるに違いない。

『楠田亜衣奈さんくっすんBIRTHDAY 2019 ~The Little Witch~ 』昼の部セットリスト
オープニングVTR
M1.ハッピーシンキング!
第1の試練・技の試練
第2の試練・心の試練
第3の試練・知の試練

M2.ただいまを歌おう
M3.進化系HEROINE

第4の試練・恋の試練

M4.ウェルカム・フューチャー
M5.Melty Valentine♡
M6.magic

第5の試練・和の試練
第6の試練・動の試練

M7.JUMP UP
M8.アイ・アム

最後の試練・愛の試練

M9.アイナンダ!
M10.Smile プラス
M11.まいにち誰かのハッピーデイ♡
M12.ラブリージーニアス
M13.POWER FOR LIFE

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

撮影:江隈麗志



この記事のキーワード

PAGETOP