超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』発売記念イベント開催! ヒャダイン&あばれる君&大谷凜香がプレイを披露!

2018/11/18



 Nintendo Switch ソフトとして発売された『ポケットモンスター』シリーズ最新作の『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』の発売を記念して、池袋サンシャインシティ・ポケモンセンターメガトウキョーにて発売記念カウントダウン生放送を、ラゾーナ川崎プラザにて発売記念ステ ージを発売日当日の11月16日に開催した。

<発売記念カウントダウン生放送 at 池袋サンシャインシティ・ポケモンセンターメガトウキョー>

■発売記念カウントダウン生放送に約200 名もの行列が!
発売日当日の9時30分から、池袋サンシャインシティのB1F噴水広場にて、発売記念カウントダウン生放送を開催。朝から発売を心待ちにしていたファン約200名が集まった。ファンの手には本作の舞台であるカントー地方に登場するポケモン151体のぬいぐるみが。イーブイのカチューシャをしたMCの十束おとは(フィロソフィーのダンス)が登 場し、ピカチュウとイーブイを呼び込むとファンは大盛り上がりを見せた。




■本作の見どころは「大画面なのでみんなで、リビングで遊べる。ぜひみんなでわいわいと楽しんでほしい!」
 その後、本作の制作を担った株式会社ゲームフリークより、ディレクターの増田順一、プロデューサーの大森滋、プランニングディレクターの斉藤優史が登場。増田は発売について「世界同時発売なので世界中のみんながプレイしてくれると思う とすごくうれしい。大画面で遊べるポケモンなのでリビングでみんながどうやって楽しめるかを考えました。リビングでいろんな人とワイワイ楽しんでほしい」と話した。大森は「ストーリーにもこだわっています。いろんなポケモンを捕まえてぜひ一緒に冒険に出てほしい」と語り、斉藤は「ゲーム内でポケモンを実寸大で出したいと言うことで・・・例えばイワークは8mもあるんです。とても臨場感のある仕上がりになりました」と見どころを話した。斉藤は本作と同日に発売される「モンスターボール Plus」についても、「“モンスターボール Plus”でポケモンを捕まえるのも楽しみ方の一つです。ボタンを押して、構えて、まっすぐ投げるのがコツです」と振り方の指南を。「モンスターボール Plus」を見た十束は「手のひらサイズでかわい い!持ち歩くのもいいですね」と絶賛。また十束は、「『ポケットモンスター 赤・緑』からポケモンをプレイしています。はじめて親におねだりして買ってもらいました。リザードンが好きなんです」と思い出を語った。また、ポケモンセンターオーサカ、ナゴヤをはじめ9箇所との中継をつなぎ、各地でも多くのファンが本作の発売を楽しみにしている様子が見られた。


■いよいよ発売開始カウントダウン
そしていよいよ10時オープンのカウントダウンを前に、2Fのポケモンセンターメガトウキョー前での行列ができた。本作の舞台であるカントー地方に登場する「151種類」のポケモンにちなみ、151 秒前からカウントダウンを行い、10 時のオープンとともに 発売開始を迎えた。行列の先頭に並んだ方は、夜遅くから並んでいたそうで、「『ポケモン 赤・緑』からのファンで、今日の発 売を心待ちにしていました」と話してくれた。



<発売記念ステージ at ラゾーナ川崎>
■発売記念ステージにヒャダイン、あばれる君、大谷凜香らが登場!中川翔子のビデオレターも
 発売記念カウントダウン生放送に続いて、17時15分からラゾーナ川崎プラザに場所を移して開催された発売記念ステージでは、毎週日曜日8時~8 時30分テレビ東京系列ほかにて放送中の「ポケモンの家あつまる?(ポケんち)」からヒャダイン、 あばれる君、大谷凜香が登壇し、スペシャルゲストとして株式会社ゲームフリーク ディレクターの増田順一が登壇。最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』をご紹介してくれた。

 「みなさんポケんちはー!!!」とヒ ャダインが登場し、次いであばれる君、大谷凜香を呼び込む。あばれる君は登場すると、「イシツブテ!」とご自身に そっくりなポケモンのモノマネで会場を盛り上げた。そして、番組レギュラーの中川翔子によるビデオレターでは「私は 『ポケモン Let’s Go! ピカチュウ』をやりたいと思います! あと(本作で登場する幻のポケモン)メルタンが気になる!」と語った。ビデオレターが終わると本作のディレクターを担当した増田が登場し、本作の見どころを紹介。今回、新たに登場した「モンスターボール Plus」の制作意図として増田は、「やっぱりみんなポケモン トレーナーになりたいじゃないですか。トレーナーに必要なものと言ったらやっぱりモンスターボールだと思うので、実際に作ってしまい ました」と話し、「とにかくたくさんのポケモンをゲットしてもらいたい!」と話した。本作の見どころのひとつである、『ポケモ ン GO』との連携については、「『ポケモン GO』で捕まえたポケモンを本作に連れてくることができる。例えばスマホを持っていない子どもたちに、お父さんお母さんが『ポケモン GO』からポケモンをあげてください!」と家族での楽しみ方も紹介した。





■ゲームプレイの模様
そして、いよいよ実際のゲームプレイに入り、あばれる君と大谷が挑戦。はじめて使う「モンスターボール Plus」を使っ たポケモンゲットはなかなかうまくいかなかったが、慣れてくると簡単にポケモを捕まえることができた。トレーナーとのバトルでは、ヒトカゲを使ってバトルし勝利を納めた。ゲームプレイが終わると、エンディングを迎え、増田は「本作はリビングで も楽しめるように、怖くないようにやさしいゲームにしました。音楽もみんなが集まって聴きやすいものを選んだつもりです。ぜひみん なで楽しんでほしいです」と話した。ヒャダインは、「今日は発売記念ステージに来てくれてありがとう!ぜひゲームを手に入 れて遊んでみてください!」と話し、発売記念ステージは終了した。


 『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』は、Nintendo Switch ソフトで発売された 『ポケットモンスター』シリーズ最新作。 本作は、1998 年にゲームボーイソフトとして発売した『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースに、遊び方やシナリオを再構築した 作品です。 Nintendo Switch と『ポケモン GO』の特徴を掛け合わせることで、まったく新しい体験ができる『ポケットモンスター』となっています。

タイトル :『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』 『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』
・発売 :株式会社ポケモン
・販売 :任天堂株式会社
・制作 :株式会社ゲームフリーク
・対応機種 :Nintendo Switch
・CERO :A(全年齢対象)
・ジャンル :RPG
・発売日 :2018 年11 月16 日(金)
・販売形態 :パッケージ版/ダウンロード版
・メーカー希望小売価格 :各5,980 円(税別)

公式サイト
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_vee/

©2018 Pokémon. ©1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。 Nintendo Switch のロゴ・Nintendo Switch は任天堂の商標です。



PAGETOP