「テイルズ オブ デスティニー」を愛する全ての人々へ!懐かしくも新しい物語に歓喜【レポート】 | 超!アニメディア

「テイルズ オブ デスティニー」を愛する全ての人々へ!懐かしくも新しい物語に歓喜【レポート】

「TALES OF READING LIVE -ONLINE- テイルズ オブ デスティニー編」が、2021年9月19日(日)にバンダイナムコエンターテインメントが送る新感覚のオンラインイベントスペース「ASOBISTAGE」でオンラインにて配信された。

ニュース
注目記事
「TALES OF READING LIVE -ONLINE- テイルズ オブ デスティニー編」イベントの模様
  • 「TALES OF READING LIVE -ONLINE- テイルズ オブ デスティニー編」イベントの模様
  • 「TALES OF READING LIVE -ONLINE- テイルズ オブ デスティニー編」イベントの模様
  • 「TALES OF READING LIVE -ONLINE- テイルズ オブ デスティニー編」イベントの模様
  • 関智一
  • 小松由佳
  • 緑川光
  • 井上喜久子
  • 速水奨

 人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの中でも、いまだ多くのファンに語り継がれる名作『テイルズ オブ デスティニー』。その豪華キャスト陣が集結したタイトル単独イベント第1弾「TALES OF READING LIVE -ONLINE- テイルズ オブ デスティニー編」が、2021年9月19日(日)にバンダイナムコエンターテインメントが送る新感覚のオンラインイベントスペース「ASOBISTAGE」でオンラインにて配信された。

 当日はスタン・エルロン役の関智一さん、ルーティ・カトレット役の小松由佳さん、リオン・マグナス役の緑川光さん、フィリア・フィリス役の井上喜久子さん、ウッドロウ・ケルヴィン役の速水奨さん、チェルシー・トーン役の渡辺菜生子さん、ディムロス・ティンバー役の置鮎龍太郎さんが登壇。さらに、本作を導くナビゲーターを木村良平さんが務めた。新規書き下ろしシナリオの朗読劇のほか、キャストやファンが選んだ名シーンの紹介、クイズなどのバラエティコーナーと、2時間40分を超える内容で大いに盛り上がりをみせたイベントの模様をレポートする。

 まずはメインの朗読劇からスタート。ゲームのタイトル画面からオープニング映像が流れた後、木村さんのナレーションでストーリーの冒頭が語られて物語が始まる。大司祭グレバムから「神の眼」と呼ばれる巨大レンズを奪還し、ハイデルベルグ城にて束の間の休息をとるスタンたち。「任務を終えたスタンの様子がどうもおかしい」と感じたメンバーたちが、様々な憶測を巡らせていく。果たして、スタンの悩みの元凶とは……。

 途中、敵とのバトルでは秘奥義などゲーム当時と変わらぬ声と演出で、約1時間にもおよぶ壮大な物語をキャスト陣が熱演。巨大LEDモニターを活用した大迫力の演出もあり、臨場感たっぷりの朗読劇となった。他にも、ゲーム中には描かれていない、ルーティ・フィリア・チェルシーの女子会トークなどほのぼのした日常会話もぜひ注目してほしい。今回の物語は、実際のゲーム本編の第二部へ進む直前の内容となっており、ゲームをプレイされた方は、より感情移入できる内容だっただろう。

 その後、ナビゲーターの木村さんが進行するバラエティパートへ。フリートークでは、朗読劇を演じた感想やゲーム収録当時の想い出などが語られる。また、公の場で本作品の朗読を披露するのは初めてだったとのことで「今後も何かしらの企画をやれたらいいな」と意気込むキャスト陣だった。また、ルーティ役として2代目となる小松さんについては、キャスト一同、その演技が素敵で驚いたという反応。小松さんは安堵し嬉しそうな様子だった。

「テイルズ オブ デスティニー 名シーンランキング ベスト1発表」コーナーでは、キャストやファンそれぞれが選んだ名シーンを紹介。ファンが選んだ名シーンのセリフをキャストがその場で披露するという、たまらないサプライズも。

 なかでも、リオンの名セリフ「さて、優しいお姉さん…… それでも僕を殺せるかい? 僕は殺せる」を緑川さんが演じると、ゲームでは音声収録されていなかった場面ということもあり、キャスト陣も大いに沸いた。それに負けじと関さんと小松さんも、リオンの死に際して複雑な想いを抱え込むルーティをスタンが支えるという名シーンを実演。その演技に全員が魅了された。

 続いては、各キャストが選ぶ“名シーンベスト3”を公開。自身が選んだエピソードを熱く語っていった。速水さんは、先ほど披露された関さんと小松さんの演技に心を打たれ、自身の選ぶ名シーンベスト1を、急遽これに変更してしまうという一幕も。関さんと緑川さん、そして渡辺さんは同じシーン「海底洞窟でのリオンの最期」をチョイス。選んだ理由に、ほかの登壇者全員が納得していた。

「テイルズ オブ デスティニー クイズ」では、本作にまつわるカルトなクイズにキャスト陣が挑戦。パーティのなかでも博識で通るクイズ研究会男子部長ウッドロウ(速水さん)と、クイズ研究会女子部長フィリア(井上さん)が司会を務め、バラエティに富んだ問題が出題された。結果は、4問中2問正解した小松さんと緑川さんが優勝し、ウッドロウ(速水さん)から「新・雑学王」の称号が贈られた。

 最後は『テイルズ オブ』シリーズではおなじみの、ゲーム中に収録されているキャラクターの表情別アニメイラストを使って、キャラクターたちが会話する「スキット」コーナー。巨大レンズ奪還の任務を終えた一行が、故郷へ戻る前にダリルシェイドの街へ繰り出し、立ち寄った店であるグッズを発見。そこから、ひと騒動が繰り広げられる。今回のイベント用に新規に制作されたグッズの紹介を盛り込みつつもスキットならではの面白おかしい展開もあり、心がほっこりする内容で締め括られ、最後まで見所いっぱいのイベントとなった。

 なお、本イベントでは、12月11日(土)に開催予定の「テイルズ オブ ファンタジア編」について、チケット販売がスタートしたことが告知された。ぜひ、公式サイトをチェックして欲しい。

Text・Photo/佐伯 敦史

《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース

特集