超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】『B: The Beginning』試写会イベントに平田広明、梶裕貴、瀬戸麻沙美、石川界人、中澤一登監督が登壇! 「前の話を確認するのが楽しい作品」

2018/2/22


 2018年3月2日(金)よりNetflixにて配信がスタートするアニメ『B: The Beginning』のワールドプレミア試写会&トークイベントが2月21日(水)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。登壇者は、キース・風間・フリック役の平田広明、黒羽役の梶裕貴、星名リリィ役の瀬戸麻沙美、皆月役の石川界人と中澤一登監督。司会は吉田尚記が務めた。

(左から)皆月役の石川界人、黒羽役の梶裕貴、キース・風間・フリック役の平田広明、星名リリィ役の瀬戸麻沙美、中澤一登監督

 『B: The Beginning』は、映画『キル・ビル』でアニメパート監督を務めた中澤一登氏が原作、監督、キャラクターデザイン、総作画監督を担当したノンストップクライムアクション。Netflixオリジナルアニメとしても話題を呼んでいる作品だ。

 今回の先行試写会では、本編の第3話までを上映。上映後には、登壇者によるトークショーが行われた。トークではまず監督が、プロデューサーから「ダークヒーローをやりたいです」と言われて本作を製作していったとコメント。続けて、ダークヒーローとは何かと考えたときに、「一人ぼっち」「孤独」「虚空」という単語が出てきて、言葉遊びをしていたら「黒い羽」と書いても「黒羽(こくう)」と読むと気づき、主人公のひとりに黒い羽を生やそうと思ったというエピソードを披露した。

 また、キャラクターを作っていくなかで黒羽がすごくピュアになったため、対照的な人物として、何でもかんでも複雑に考える、キースというキャラクターが生まれたという経緯についても述べた。

 なお、瀬戸が演じるリリィについては「清涼剤が欲しかった」「(作中で)正直に自分を出しているのはリリィだけ」と回答。石川が演じる皆月については、キースとは異なる形で「黒羽」の対極にあるピュアなキャラクターで、見る側によっては悪にもなるし善にもなると語った。

 トークショーでは引き続き、キャストそれぞれがシナリオを読んだときの感想について話し合う。平田は、大人向けの脚本でシナリオをもらうたびに一観客としてワクワクしていた、梶は海外ドラマみたいな空気感、世界観でありつつ、日本らしいファンタジー要素も楽しめる作品であるとコメント。

 対する瀬戸は演じる役柄が元気でうっかりしている面があるからか、「最初は1話完結の警察チームものコメディだと思っていた」と回答。しかし、実際に台本を読んでいくと「こんなにも壮大な話なんだ」と気づいたという率直な感想を述べた。続く石川は「前の話を確認するのが楽しい作品」「終盤になって最初を見直しても楽しめる脚本」だと作品の複雑さが魅力であるということが分かる言葉を残した。

 さらに本編を作るうえで意識したことについて、監督は、色々な作品を見ているうちに、自分たちの記憶にあるようなフィルムの作り方よりも視聴者が進化している印象を受けて、何でもかんでも説明する必要はないのではと感じ、説明を省いている部分があるとコメント。代わりにテンポやタイミングを大切にしているとのことだ。

 イベントの最後には平田が代表して挨拶。まずは「良質な映画・ドラマを見ているよう。ストーリー、映像、効果音含めすべてがとても上質な仕上がりになっている」「ちょっと(ストーリーが)難しい作品。物語の全体感が分かったところで見直すと一回見ただけでは分からなかった答え合わせができる」と作品の魅力についてコメント。「私のことはゲニ(天才)と呼んでください」と作品に絡めた笑いも交えつつ、イベントを締めくくった。

 『B: The Beginning』は2018年3月2日(金)よりNetflixにて全世界配信。配信日当日から全12話を見ることができる。

■B: The Beginning作品情報
タイトル
Netflixオリジナルアニメ「B: The Beginning」
配信
2018年3月2日(金)、Netflixにて全世界同時配信 エピソード:約23分 / 全12話

ストーリー
王立警察特殊犯罪捜査課へと戻って来た天才捜査官キース・フリックは、ある事件の犯人を追っていた。凶悪犯罪者ばかりを狙う連続殺人鬼、通称『Killer B』。犯行現場に必ず刻み込まれた『B』の文字は人々の注目を集め憶測を呼んだ。『B』それは彼女のためのメッセージ。『ぼくはここにいる……』その身を異形に変え、黒羽は届かぬ思いを刻み続ける。キースと黒羽、互いに見知らぬ二人の運命は、やがて一つの陰謀へと飲み込まれていく――
スタッフ
原作:中澤一登×Production I.G
監督:中澤一登・山川吉樹
プロデューサー:黒木 類
シリーズ構成・脚本:石田勝也
キャラクターデザイン・総作画監督:中澤一登
美術デザイン:伊井 蔵
メカニックデザイン:常木志伸
プロップデザイン:津坂美織・冨田収子
色彩設計:境 成美
美術監督:田中孝典
3DCGディレクター:磯部兼士
撮影監督:荒井栄児
音響監督:長崎行男
音楽:池 頼広
編集:植松淳一
主題歌 「The Perfect World」
アーティスト マーティ・フリードマン feat. Jean-Ken Johnny, KenKen
プロデューサー:藤本コウジ, マーティ・フリードマン
制作:Production I.G
製作:Production I.G

Netflix
https://www.netflix.com/jp/ 

Twitter
https://twitter.com/NetflixJP

(c)Kazuto Nakazawa / Production I.G



PAGETOP