超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』の先行上映会イベントに堀江瞬・河野ひより・早瀬莉花が登壇! 「すごい熱量で役作りに取り組んでいます」

2018/1/2


 TVアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』の先行上映会&トークショー「デスマーチからはじまる 2018」が2018年1月1日(月)に新宿バルト9にて行われた。登壇者はサトゥー役の堀江瞬、ポチ役の河野ひより、ルル役の早瀬莉花。超! アニメディアでは本イベントの模様をレポートする。

(左から)ポチ役の河野ひより、サトゥー役の堀江瞬、ルル役の早瀬莉花

 『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』(以下、デスマーチ)は日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」で5億超のPVを獲得し、同名の小説とマンガシリーズの累計発行部数も200万部を突破した人気作。異世界に迷い込み、ひょんなことから最強の力と財宝を手にしてしまった主人公”サトゥー”が、 女の子達を助けたり、デートしたり、観光したり、美味しいものを食べたり…という異世界冒険譚だ。

 2018年1月11日(木)よりTOKYO MX・BS11ほかにてTVアニメが放送され、本イベントでは放送に先駆けて1話の上映とキャストによるトークショーが行われた。

 1話の上映が終わると、司会の呼びかけで堀江、河野、早瀬が舞台へ登壇。まずは元日にイベントを行ったことにちなんで、2018年の豊富をそれぞれが述べた。堀江は「平たく言うとめっちゃ売れる(笑)」と笑いを誘いつつも、「もっと飛躍の年にして、色々な場面で『デスマーチ』の宣伝の機会をいただけるように頑張りたい」と、本作への意気込みと併せて豊富を語る。

 また、河野は「2018年は戌年で演じるポチちゃん(犬耳族という犬の容姿をしたキャラクター)の年なので、ポチちゃんのようにこの1年を駆け抜けていきたいと思います!」と緊張した面持ちながら精一杯に豊富を語った。

 一方で早瀬は「全身全霊をかけて『デスマーチ』を売って、売って、売って、売って! いきたいなと思います」と本作へかける想いと共に、「(演じる)ルルちゃんが料理上手なので、料理スキルを身に着けたいと思います」と個人の目標についてもコメントした。

 続く『デスマーチ』の見どころについてのトークでは、堀江が戦闘以外にも異世界観光をするシーンなどがあり、目まぐるしく話が展開していく点だと回答。また、河野はゲームをしているような演出が多数出てきてゲームの世界に入っているような感覚になれる点、またゲームを実際にプレイしたり横で見ていたりする感覚になれる点(本人曰く一挙両得!とのこと)、早瀬はBGMなど異世界に入り込める要素がたくさんある点と、アニメ化ならではの魅力についてコメントした。

 続いてのトーク内容は、キャラクター紹介とアフレコ現場でのエピソードについて。堀江が今回演じるのは、主人公のサトゥー。元々はゲーム開発関係の仕事に勤しむ一社会人(本名・鈴木一郎)だったが、デスマーチ(プロジェクトにおける過酷な労働状況のこと)中に仮眠を取っていたら、いつの間にか異世界に迷い込んでいたというキャラクターだ。そんなサトゥーについて堀江は「ちゃんと一般教養を身に着けているからこその対人関係ができていて、変にオドオドしない」と、冷静で大人な面が魅力であると語る。

 また、演じるうえで難しかったこととして、モノローグで語る鈴木一郎としてのサトゥー、異世界を冒険するサトゥー、そして異世界でのサトゥーが語るモノローグという、同じ人物でありながらもシーンによって、3つのパターンの演じ分けが必要だったことと回答。堀江は第一話でその演じ分けを見事に行っているので、ぜひ注目いただきたい。

 河野が演じるのは、サトゥーによって拾われた奴隷の一人であるポチ。サトゥーと出会った頃は奴隷という立場からかビクビクしているが、元々は天真爛漫で元気な性格だという。ポチの魅力について河野は「可愛い!」と声高らかに答え、続けてマイペースなキャラクターのタマと一緒にいるとき、一人でいるときのポチの可愛さが違うので、「一挙両得!」だと語った。

 なお、河野は今回がアニメでメインの役どころを演じるのが初めてで、役作りのやり方もあまり分からなかったが、実生活でポチに近づくことによって、心情を理解しようとしたという。例えばポチの可愛さがよく出ていると感じた「お肉を食べるシーン」の心情を理解するために、あえて友達に肉を食べてもらって自身は野菜だけを食べる、肉が目の前にあるのに食べられないという状況を作り、最後の一切れの肉だけを食べたときの感動、そして状況をしっかりと感じ取ったというエピソードを語った。

 早瀬が演じるのは黒髪清楚系美少女のルル。日本では当たり前のように美少女と思われるような容姿だが、異世界では醜いとされており、苦々しい過去もあるという。引っ込み思案な性格だがサトゥーのことが大好きで、彼に対しては女の子らしい感情が爆発したり、妄想が膨らんだりする一面もあるとのこと。早瀬は「(妄想などしちゃう)一面が面白い子でもあるので、ぜひ注目していただけたら」とコメントした。

 また、アフレコ時の様子についても聞かれた早瀬は「皆さんが朗らかで、すごく演じやすい空気を作ってくださる」と回答。実際、リザ役の津田美波が毎回お菓子を差し入れしてくれること、アリサ役の悠木碧がアフレコ現場での立ち回りなどをアドバイスしてくれるというエピソードを披露した。このエピソードには堀江、河野も共感していていた。

 トークに続いては、『デスマーチ』のOPテーマ曲を歌うRun Girls, Run!の3人と、EDテーマ曲を歌うWake Up, Girls!の7人からのコメント動画が上映される。それぞれがテーマ曲を担当するうえでの意気込みなどを語った。

 コメント動画の上映後には、元日のイベントにちなんでお年玉企画が行われることに。原作者・愛七ひろ先生のサイン入り本、キャラクターデザインを担当する滝本祥子氏が書き下ろしたイラスト色紙が入った福袋を来場者18名にプレゼント。さらに、キャスト3名が選んだものも来場者に抽選でプレゼントされた。

 なお、堀江はタマにちなんだネコグッズ(ブランケット)、河野はポチとタマにちなんだお肉の柄のタオル・犬のぬいぐるみ・猫のティッシュケース、早瀬はルルが料理上手で『デスマーチ』に料理の描写がたくさんあることからお鍋とフライパンをプレゼントとしてチョイスしていた。

 イベントの最後には登壇者がそれぞれ一言ずつ挨拶。堀江は、「この作品は一人一人がすごい熱量で役に対して取り組んでいて、よりよい作品にしようという熱意でいっぱいです。誰一人として手の抜くことのないこの作品を最後まで応援してくださればと思います」と、熱のこもったコメントでイベントを締めくくった。

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』公式サイト
http://deathma-anime.com/

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』公式Twitter
@deathma_anime



PAGETOP