超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

伊織もえが、美脚御坂美琴コスであの名シーンを完全再現!『とある』シリーズおなじみの“とある公園の自販機”が現実に【レポート】

2020/1/25


 スクウェア・エニックスは、1月20日に、『とある電撃姫の蹴自販機(#とあるキック自販機)』の設置を記念したイベントを東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて実施した。


 本イベントは、『とある』シリーズでおなじみの“ヒロインの御坂美琴が自動販売機を蹴る”という公園での名シーンをリアルに再現した「とある電撃姫の蹴自販機」の設置を記念して開催。イベントには、コスプレイヤーとして活躍する伊織もえが、御坂美琴のコスチュームで登場した。実際に自動販売機を蹴ってもらう体験を実施したほか、アプリゲーム『とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)』のプロデューサー・中倉岳大も登壇し、自販機を見た感想や、コスプレのポイント、とあるシリーズの魅力、現在放送中の『とある科学の超電磁砲T』の感想などについて語った。

 コスプレイヤーとして活躍する伊織もえは、『とある』シリーズのヒロイン・御坂美琴のコスチュームで登場した。美脚が際立つ常盤台中学の制服にオレンジ色のミディアムヘアのウィッグを被り、御坂美琴が愛用しているスカートの中からちらりと見える短パンまで再現する徹底ぶり。これまでに数多くのキャラクターのコスプレをしてきた伊織は、今回の御坂美琴コスのポイントについて「個人的な話になるのですが、人生で初めてルーズソックスを履いたんですよ! お家にルーズソックスが届いた時にすごく長くてびっくりしました。髪の毛を片側に寄せていている美琴ちゃんの髪型を再現する為ウィッグのセットも頑張りました。あと、美琴ちゃんの通っている学校はお嬢様学校なのにすごくスカートの丈が短いので、その長さも再現しました。着用しているスカートはちゃんとした制服のやつを買って丈を詰めました」と話した。

 アプリゲーム『とある魔術の禁書目録 幻想収束』のプロデューサー・中倉岳大が伊織のコスプレの再現度について問われると、「すごい再現度高いな、と。先ほどちょっとだけお話をさせて頂いたときに、スカートや制服もこだわって購入されていて、髪飾りも自作ということですごいなと思ってまして…素晴らしいです」と感動している様子だった。

 今回のイベントは、『とある電撃姫の蹴自販機』の設置を記念して開催したもの。自販機の中のドリンクのラインナップも原作に忠実に再現された『とある電撃姫の蹴自販機』を実際に見た感想を尋ねられると、伊織は「一番最初に“自販機を蹴る”とお話を頂いた時にどういう自販機が出てくるんだろうと思ってたのですが、黒豆サイダーとかいちごおでんとか…そこも再現されていてすごいなと思いました」と答えた。

『とあるIF』プロデューサーが語る、アプリの魅力は「原作ファンの方やアニメだけ見てる方も独自のストーリーが楽しめる」


 続いて、スマートフォンアプリ『とある魔術の禁書目録 幻想収束』の紹介がされ、本ゲームの“キック自販機”イベントの詳細が語られた。プロデューサーである中倉は「今回のキック自販機のイベントは『イマジナリーフェスト』が0.5周年ということで、それに合わせてどういった形でプロモーションできるかを考えた時に、原作の自販機をキックするというエピソードがめちゃめちゃ面白いからどうにか実現できないかというところからスタートしています。キック自販機のようなリアルイベントだと参加できる方が限られるので、スペシャルサイトとゲーム内と、リアルな自販機というところで、どこにいる方でも参加できるよう工夫しています。先週からイベントを開始しているのですが、ソーシャルキック数というのがもう4,900万回超えていて! 最初は2,020万回を超えたらゲコ太石というゲーム内アイテムをプレゼントしたり、3,510万回いったら★3キャラ確定ガチャチケットをもらえるという設定をしていて、最初この数値までいくかどうか分からず、この設定で大丈夫かなと不安だったのですが、1週間であっという間に超えて、今やもうよく分からない数字になってしまって。あと1週間あるので、どこまでいくんだろうと。有難いなと思っています」と紹介した。

『とある』ファンから支持されている『とある魔術の禁書目録 幻想収束』の魅力について、「シリーズの垣根・作品の垣根を超えて、独自の組み合わせで色々なキャラクターでチームが組めたり、原作ではありえないようなキャラクター同士で闘わせる体験ができるのが魅力です。あとは時系列的にそのキャラクターとそのキャラクターは会ってないだろという、このイマジナリーフェスト上で独自に共演ができたりとか、原作ファンの方は勿論アニメだけ見てる方も独自のストーリーが楽しめる内容になっています」と語った。

 さらに、“とある”シリーズの魅力について質問されると、伊織さんは「“とある”に初めて触れたのが結構昔なのですが、言葉がすごいカッコよくて。「一方通行」って書いてアクセラレータって言ったり、禁書目録とか、とにかく横文字がすごくカッコよくて、自分の中でスタイリッシュでカッコいいなっていう衝撃があったんですよ。英語に関してそこだけ詳しくなりました。出てきた英語をウィキペディアで調べてみたりとかして。それからもうずーっと好きで今回こうやってイベントに参加できて嬉しいです」と話した。

現在放送中のアニメについて「ビルから美琴が飛んできて助けるシーンが超カッコよくてキターって思いました!」

 そんな魅力溢れる『とある』シリーズの最新作である、現在放送中のTVアニメ『とある科学の超電磁砲T』について伊織は「一話目の、建物が倒れてくる、初春ちゃんがピンチになるシーンがあるじゃないですか。あそこでビルから美琴が飛んできて助けるシーンが超カッコよかったです。キターって思いました!」と興奮した様子で感想を語った。

 今後、『イマジナリーフェスト』では、『とある科学の超電磁砲T』の放映に合わせて連動施策もやっていくとのことで、中倉さんは「0.5周年に合わせて『とある科学の超電磁砲T』の放映記念ということで専用のログインボーナスキャンペーンだったり、放映日である金曜日にだけ貰えるログインボーナスみたいなものを実施していくので、是非アニメを見た後、ゲームにも入っていただき両方楽しんでみてください」と話した。

 

 

いよいよ蹴り初め! 伊織もえ、御坂美琴のキックを再現する為にキックボクシングに通った蹴り技を披露


 イベントの中盤では、伊織による「とある電撃姫の蹴自販機」の蹴り初め式が行われた。蹴り初めの前に意気込みを聞かれた伊織は「今回御坂美琴ちゃんのキック自販機の再現をさせて頂くにあたって、お話を頂いた際、そもそもキックをしたことがないなと思って、キックボクシングに通いに行ったんですよ。なので準備はバッチリ!…なんですけど、今は緊張してます」とちょっぴり緊張した様子だった。自販機を蹴ると、全部で12種類あるキャラクターのオリジナルステッカーが必ず1枚でてくる仕組みになっている『とある電撃姫の蹴自販機』。どのキャラクターを狙っているのかを尋ねられると、「そうですね~。今日コスプレしているので美琴ちゃんがだせたらいいなと思います」と元気に答えた。

 そして、いよいよ蹴り初めの披露。伊織さんがバンっ! と勢いよく自販機を蹴ると爽快な電撃音が鳴り、自販機の取り出し口からオリジナルステッカーが出てきた。伊織の御坂美琴さながらのキックに会場は盛り上がる。1回目のキックでは、「白井黒子」のステッカーがでた。再度チャレンジしてみると、なんと「ビリビリチャンス」と題した大当たり演出が発動。「ビリビリチャンス」は、自販機の隣にある大きなモニター上にアニメのワンシーンを盛り込んだスペシャルな映像が流れたり、稲妻型のLEDパネルのド派手な演出を楽しめるだけでなく、ステッカーを12種類全てゲットできる当たり演出。運良く「ビリビリチャンス」に当たった、伊織は「ステッカーがはみ出てる! いっぱいだ!」と喜んでいた。


 今回ゲットできるステッカーはこのイベントだけの限定品。オリジナルステッカーについて、中倉は「今回の企画のためだけに制作したオリジナルの限定ステッカーとなってまして、『超電磁砲』にちなんだキャラクターは勿論なのですが、オティヌスのような、原作小説で人気のあるキャラクターもいるので、ぜひ皆さんこれを手に入れる為にいっぱい蹴って頂ければと思います」と話しました。

普段蹴る機会のない自販機を蹴り、「こうやってコスプレをして原作の再現をできるのは、コスプレイヤー冥利に尽きる」

 蹴り初め終了後の伊織は「蹴った瞬間に止まってと言われていたんですけど、本気で蹴りすぎちゃいました。蹴ったらドゴーンと音が鳴ったので、気持ちよかったです!」と笑顔で語った。伊織の蹴りっぷりについて、中倉は「すごかったと思います。うちの会社の女性が蹴ったら反応しなくてですね、伊織さんの蹴りは充分威力があった感じでしたね」と話した。

 イベントの最後には、伊織は「今回蹴らせて頂いて気になっている点が1つあって…ちゃんと短パン見えたかなって不安になってまして。見えましかね? 見えてないかな? 普段自動販売機って蹴る機会がないというか蹴ってはいけないものなので、それをこうやってコスプレをして原作の再現をできるっていうのは、コスプレイヤー冥利に尽きるなって。こういう場を用意してくださって、感謝の気持ちでいっぱいです」、中倉は「キック自販機というイベントに今回伊織さんに来て頂いて、この画はめちゃくちゃ“映えてる”と思っています。『イマジナリーフェスト』に関しては、2020年も色々なイベントをやっていくのですが、『超電磁砲T』の先ほどお伝えしたログインボーナスとかキャンペーンに加えて、0.5周年ならではのイベントが今後盛り沢山なので、是非ゲームで遊んでいただければと思います」と笑顔で締めくくった。

 

 

『とある電撃姫の蹴自販機(#とあるキック自販機)』は、『とある』シリーズでおなじみの“ヒロインの御坂美琴が自動販売機を蹴る”という公園での名シーンを、リアルに再現した企画。1月26日(日)までの期間限定設置となっている。業界初の“蹴る自販機”型アトラクション交通広告を、試してみてはいかがだろうか。
※本イベントでは、自動販売機を蹴ると出てくるのは飲み物ではございません。あらかじめご了承ください。

【期間】 2020年1月20日(月)~1月26日(日)
【掲出場所】 東京メトロ丸ノ内線新宿駅 メトロプロムナード

■『とある魔術の禁書目録 幻想収束』
 シリーズ累計3100万部を突破する『とある魔術の禁書目録』をはじめとした“とある”シリーズのスマートフォン向けの学園異能バトルRPG。

【概要】
タイトル:とある魔術の禁書目録 幻想収束
ジャンル:学園異能バトルRPG
プラットフォーム:iOS / Android
価格:アイテム課金制(基本プレイ無料)
配信時期:好評配信中

<ゲーム『とある魔術の禁書目録 幻想収束』公式サイトURL
https://www.jp.square-enix.com/index-if/ 

(C) 2019 TOARU-PROJECT (C) 2019.2020 SQUARE ENIX CO. ,LTD. ALL Rights Reserved.



PAGETOP