超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』舞台挨拶でディーン・デュボア監督が中島かずきの『プロメア』を絶賛【レポート】

2019/10/30


 10月30日(水)、現在開催中の第32回東京国際映画祭で1作目の『ヒックとドラゴン』が特別上映され、今回の上映に合わせて来日を果たしたディーン・デュボア監督(製作・監督・脚本)と、現在ロングランヒット中のアニメ映画『プロメア』の脚本を手掛けた中島かずきが舞台挨拶を行った。


 シリーズの原点となる第1作目の上映にデュボア監督は「日本人はアニメに対してのリスペクトが深いし、世界のどの国よりもアニメを愛してきた文化があります。アニメ界で働くもの全員が日本のアニメにインスピレーションを受けてきました。そんな国で私たちにとっての冒険を始めてくれた第1作目を上映できるのは嬉しいこと」と満面の笑み。本シリーズが愛される理由については「ヒックは、周りから少し浮いてしまうキャラクターです。僕自身もみんなとは好きなことがちょっと違う少年だったんです。彼が表現するのは、他の人とは違う部分が自分の強さだと発見するところです。そして怖がられる立場のドラゴン・トゥースもヒックとの出会いによって価値観を変えていくわけです。観客はそんな彼らの存在を応援してくれるのではないかと思います」と分析。

 『プロメア』執筆の際に『ヒックとドラゴン』を意識したという中島も「集団に入ることのできない少年とドラゴンがコミュニケーションを取ることで、お互いに成長していき、その関係性が周囲を変えていく。その様子が上手く丁寧に描かれている。とてもいいジュブナイル」と物語が持つ魅力を熱弁し「『プロメア』をやるときも、『ヒックとドラゴン』のようなジュブナイルをやりたいと思って…。結局全く違うものになりましたがすごく参考にしました(笑)」とデュボア監督に感謝。最新作『ヒックとドラゴン聖地への冒険』については「シリーズの完結編として素晴らしい完成度。大変面白かった。ヒックとトゥースがどう成長していくのか…。見事な作品でした」と期待をあおった。

 そして、『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』同様に、『プロメア』も第92回アカデミー賞長編アニメ映画部門にエントリーしているが、『プロメア』を鑑賞したというデュボア監督は「とても美しく、観ていてワクワクしました。そしてアカデミー賞へのエントリーもおめでとうございます。エントリーされるべくしてされた作品であり、インスピレーションを与えてきた日本のアニメ作品の中に今後加わる名作です」と大絶賛していた。

 また、影響を受けたアニメーション作品の話題になるとデュボア監督は『AKIRA』や『パプリカ』、宮崎駿作品を挙げて「『AKIRA』は10代の頃に初めて観て、アニメの勉強をしたいと私にインスピレーションを与えてくれました。そして宮崎駿監督の作品に出会い、その世界観に感嘆すると同時にイノセンスを持ちながらもパワフルな物語に魅了されました。そこで、たとえ若者向けのアニメであっても、大人向けのテーマを扱えることを知りました。アニメという部分で日本は肥沃な土地です」とジャパンアニメにリスペクト。そして、最後にデュボア監督は『ヒックとドラゴン』の特別上映に向けて「1作目を観ると、シリーズ2、3のテクノロジーの進化が見て取れます。第1作目はシンプルなテクノロジーで作られている分、ピュアな心で作られているともいえます。何か響くものを感じてもらえたら嬉しいです」と思いを込めた。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』情報〉
12月20日(金)TOHOシネマズ日比谷他公開

■製作総指揮:ディーン・デュボア、クリス・サンダース
■製作:ボニー・アーノルド(『トイ・ストーリー』)
■監督&脚本:ディーン・デュボア(『リロ&スティッチ』、『ヒックとドラゴン』シリーズ)
■原作:『ヒックとドラゴン』クレシッダ・コーウェル著(小峰書店刊)
■配給:配給:東宝東和、ギャガ

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公式サイト
hicdragon.jp

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公式twitter
@Dreamworks_JP

© 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.



この記事のキーワード

PAGETOP