超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『地獄少女』完成披露舞台挨拶開催!スペシャルバースデーケーキで玉城ティナをサプライズでお祝い「存在感に圧倒されました!」【レポート】

2019/10/9


 10月8日(火)に東京・新宿バルト9で『地獄少女』完成披露舞台挨拶が行われ、玉城ティナ、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督が登壇。


 地獄少女のカラーである黒を基調とし、赤のワンポイントというスタイリングで華やかに揃えたキャストたちが登壇すると、場内は割れんばかりの大歓声。それぞれ一言挨拶が終わるとトークセッションへ。

 様々なコンテンツに展開された原作漫画「地獄少女」の印象などを聞かれると、玉城は「世代的にドンピシャで小学生の頃から読んでました。まさか自分が閻魔あいを演じることになるとは。昔の自分に教えてあげたいですね」と嬉しそうにコメント。その一方で「100%再現することは出来ないかもしれないけど、原作をリスペクトしつつ、新しい閻魔あいを作り上げられたらなという気持ちで取り組んでいました」と多くの人に愛され続け、求められるものへの責任感につ いても熱く語った。森は「まわりの子も読んでいた大人気作という印象でした」とし、「あの閻魔あいを演じるんだろうと思っていたので、本編を見てただただ玉城さんの存在感に圧倒されていました」と玉城の再現度に感嘆した様子。仁村は「私も深夜のテレビアニメで観ていた記憶がありますね。人間ドラマが深いなぁという印象でした」とコメント。続いて大場は「私も小学生の時ハマっていました。地獄と聞くと怖いイメージがあると思うんですけど、子供ながらに不思議な世界だなぁと思ってました」と当時の印象を語った。藤田は「そうですね。みなさんと同じでパチンコで知りました!」とボケると、一同から「ちがうちがーう!」と総ツッコミが。それを受けて「大人の世代にも人気があるんだなと思った」とまとめ、会場の笑いを誘った。

 今回最もこだわった点について監督は「原作の持つ『復讐を果たしてそれで人はスッキリするのか?』という問いかけや、恨みを晴らさずにいられなくなってしまう人たちの黒い感情や切なさを閻魔あいが見届けるというエッセンスを中心に描いたつもり」とこだわりを語った。圧倒的存在感を誇る閻魔あいを演じる上で意識した点について玉城は「かなり細かいところからアプローチをしました。衣装や髪形から合わせていくというのはもちろんなのですが、セリフが今回少ないので、その少ない中で感情をのせられるかというのが課題でした」とし、「目線と声の使い方には一番気を付けました。ここまで目線のひとつひとつに意味を持つ役はこれまでにもなかったですし、人と会話するときも目線を合わせずにどこか違う次元にいるような感じをだせるようにしました」と熱いこだわりを語った。

 そんな熱く語る玉城以上に熱い視線を送っていたのは森だった。「共演シーンもほとんどなくて、現場でお話をされている姿を見たことがなかったので…お話されている~!」と生・玉城に大興奮。

 映画の内容にちなんで「怨みを持たれた時の解消法」もとい、「イライラした気持ちを晴らす方法」を聞かれた玉城は「人には絶対に見せられない、負の感情を書き込んだノートがあります」と“玉城版デスノート”の存在を明かし「負の感情をわざわざ声に出したりせず、対自分との対話で収められるように書いています。書き始めたのは18歳の頃から。おススメですよ」とニコリ。白石監督から「すごい言葉で書かれているんですか?」と聞かれると「多少。ごくまれに」と微笑みながら追加修正を加えていた。森は「寝るに限る。良いことも悪いことも寝て忘れる」と真っ直ぐすぎる方法に会場は思わずホッコリ。仁村は「1日家から出ない日を作り、宅配で美味しいものを食べて犬を抱いて匂って配信動画を見る」、大場は「頭の中で処理をして、自分にされたイヤなことを他人にはしないようにする」と悟りコメント、藤田は「恋愛リアリティ番組を見る。自分の悩みがバカバカしくなる」とそれぞれリフレッシュ方法を紹介した。

 イベントの最後には偶然にもこの日は玉城の22歳の誕生日ということで、サプライズで閻魔あいのイラストがあしらわれた特製バースデーケーキと原作者・岡真里子氏による書下ろしイラスト色紙がプレゼントされた。このサプライズに玉城は「やだー!恥ずかしい。そんな身分の人間じゃない。照れますね」と赤面しながら大歓喜。さらに「22歳もしつこくしつこく頑張っていきたい」と抱負。撮影を振り返り「約1年前に撮っていた作品ですが、少しでも成長した姿を見せることができればと思いながら…。その時のベストの閻魔あいが詰まっていると思います」と胸を張った。

 最後に玉城は「閻魔あいという圧倒的なキャラクターに魅了されてもらいながら、人間の本質や誰しもが感じたことのある気持ちを受け取ってもらい、映画を観た後に自分が何を感じたのか心に問いかけてほしいです」と鑑賞後感に期待を込め、笑いと熱い思いが飛び出した舞台挨拶は大盛り上がりの中、幕を閉じた。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

映画『地獄少女』
公開日:11月15日(金)
監督・脚本:白石晃士
原案:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
出演:玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、麿赤兒、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、森優作 片岡礼子、成田瑛基、藤田富、波岡一喜
製作:NBCユニバーサル・エンターテイメント 藤商事 ギャガ ギャンビット
制作プロダクション:ダブル・フィールド 配給:ギャガ
ストーリー:―午前0時に開く禁断のサイト「地獄通信」―「ねえ、知ってる? 夜中0時にだけ開くサイトで依頼すると、地獄少女が現れて、怨みを晴らしてくれるんだってー」都市伝説の話題に沸く女子高生。そのグループになじめず、浮かない表情を浮かべるのは、市川美保。大好きなアーティスト、魔鬼のライブで知り合った南條遥に魅了された美保は、遥とともに魔鬼ライブのコーラスのオーディションを受けることに。受かったのは遥。やがて少しずつ様子がおかしくなっていく遥を心配した美保は、魔鬼が、遥をライブで行う<儀式>の生贄にしようとしていることを知り、噂のサイトにアクセスするー。

映画『地獄少女』公式HP
https://gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/

©地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP