超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

一期の“波風立つ”ような現場裏話も!? TVアニメ『有頂天家族2』波風立てるよ 先行上映会レポート

2017/4/14


yut_6691_

 TVアニメ『有頂天家族2』の『「波風立てるよ」先行上映会』が、4月7日(金)に東 京・六本木のTOHO シネマズ六本木ヒルズで行われた。「超!アニメディア」では本イベ ントの様子をレポートする。

yut_6559_  

 最新作をいち早く見られるということで、入場受付開始のだいぶ前から大勢の人が劇場 の入り口に駆けつけ、ワクワクした面持ちで開場を今か今かと待ちわびていた。

 イベントは、最初に、作品のおさらいをかねた前作『有頂天家族』の最終回・第十三話 の振り返り上映、続いて『有頂天家族2』の第一話、第二話の先行上映が行われた。すべての上映が終わると、客席からは自然と拍手がわき起こった。

 上映終了後のトークショーには、弁天役の能登麻美子、二代目役の間島淳司、原作者の 森見登美彦、アニメ監督を務める吉原正行が登壇。間島が開口一番「いやぁ諸君、何しに ここに来たのかね?」と二代目になりきった挨拶を披露すると、能登も「面白くなるわねぇ、矢三郎」と弁天になりきって、持参した三男・矢三郎の狸のぬいぐるみに語りかける。すると、作品の世界観に会場が包まれ、客席のテンションが一気に上がった。

 司会者からまず、第一期の最終話についてアフレコ時のエピソードなどを聞かれると、 「好きなシーンは沢山あるのですが、中でも四兄弟と母の電話のシーンは思い出深いです」と、能登。「特に母が矢二郎に『私にはお前のことは分かっているもの』と優しく言うセリフを聞いて、『有頂天家族』は家族の物語なんだと改めて感じました。アフレコ当時も後ろで聞いていてウルウルとなりました」と当時を振り返った。原作の森見も「原作を執筆している時はアッサリと書いたシーンなんですけど、映像になると原作者なのに グッときましたね」と、思い出深いシーンだったと語った。一方、吉原監督が最終話の思い出を「現場的にはツラい記憶しかないんですが……」と冗談まじりに話し始めると、会場からは笑いが。「最終話の、大勢の鞍馬天狗が神社を歩いてくるシーンは、原画では 別々のキャラクターが描かれていたんですけど、手違いで帝金坊という天狗の画しか上が ってこなくて、コピペで帝金坊を増やしたんです」と、貴重な現場の裏話を披露すると、 客席からはどよめきが起こった。

 二期からの参加となる二代目役の間島は、今回のアフレコを振り返り、「二代目は何を 考えているのか分からない部分が多く、またそれがベースになる。そうなると感情を込め られなくて芝居をしている気がしないんです(笑)。ベースのキャラクター作りが一番苦労しましたね。ただ赤玉先生との絡みでちょっとだけ感情が垣間見えたりもするので、そういう部分で徐々に変化をつけていきました」と、役作りについて語った。また、二期からのキャラクターということで、皆に受け入れてもらえるか心配だったと明かすと、客席からは大きな拍手が。「以前からの『有頂天家族』ファンの方たちにも受け入れていただけるよう頑張っていきたいなとは思うのですが、実はもうアフレコが終わってしまったの で、演技に関してはどうしようもありません(笑)。なので皆さんの優しい気持ちで支え ていただければと思っております。ぜひ最後まで見てください」と茶目っ気たっぷりに作品をPRした。一期から引き続き、弁天役を担当した能登は、一期と二期との弁天の違いについて聞かれると、「二代目と絡むシーンは今までクールでどこか掴みどころのない弁天 が、感情をむき出すというか、人間らしくどこか生々しさを感じる部分が見えると思いま した」と答えた。

yut_6662star_

yut_6651_

 トークショーの後は、オープニング主題歌を歌う milktub がステージに登場し、オープ ニングテーマ「成るがまま騒ぐまま」、一期のオープニングテーマ「有頂天人生」を熱唱。 出だしから全力で歌うボーカル bamboo が会場を沸き立たせようと、跳んだりはねたり、 ステージ上を動き回り迫力のステージを披露した。客席も手を左右に振ったり、手拍子をしてノリノリの様子だった。 全力疾走で歌いきったあとの MC では「第二期の制作が決定した時、実はまだ主題歌のオファーはなかったんです。でも自分も『有頂天家族』の一ファンなので、オファーが来なくても第二期をイメージした曲を勝手に作ってアルバムに入れようと思っていました (笑)。でも縁あって担当することになり、吉原監督ともディスカッションをして曲を作り上げ、自分の中でも思い出に残る一曲となりました。PV では作品にちなんで、いろいろと化けていますので、そちらも見てください」と挨拶した。

 生歌披露の後、再び能登、間島、森見、吉原監督が登場し、能登は「『成るがまま騒ぐまま』を生で聞いて、いよいよ『有頂天家族2』の幕があがるんだと鳥肌が立ちました」 と、milktubのステージの感想を語った。その後、TVアニメの放送情報の他に、7月28日 に『有頂天家族2』(1 話~6話)のDVD発売が決定したこと、5月25日から東京・中野 で原画展が開催されることが発表された。

 最後は作品の名ゼリフに合わせ、「面白きことはー?」というキャストたちからの呼び かけに「良きことなりー!」と客席が返すコール&レスポンスが行われ、大きな拍手に包まれながら、本イベントは終了となった。

TVアニメ『有頂天家族2』公式サイト
http://uchoten2-anime.com/

TVアニメ『有頂天家族2』公式ツイッターアカウント 
https://twitter.com/Uchoten2_Anime



PAGETOP