超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『ヒプマイ』T.D.D.やイヤホンズ、月蝕會議などが出演! 「EVIL LINE RECORDS 5th Anniversary FES.“EVIL A LIVE” 2019」【レポート】

2019/8/29


『ヒプマイ』こと『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』や、声優ユニットのイヤホンズ、アニメ作品の楽曲を数多く手掛ける音楽クリエイターギルド月蝕會議などが所属する、アニメディア読者にもおなじみの個性派音楽レーベル・EVIL LINE RECORDS。その設立5周年を記念して、2019年7月15日にライブイベントが開催された。

 場所は神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホール。開演前から多くのファンが会場に詰め掛け、物販ブースも大賑わい。グッズ購入者が並ぶ会場ロビーでは、レーベル所属の個性派バンド・どついたるねんのフリーライブも行われ、これから訪れる“祭り”の予感を盛り上げた。

 そして、いよいよフェスが開幕。まず『ヒプマイ』から木村昴と、イヤホンズの高橋李依から注意事項のアナウンスが行われた。およそ5,000人のオーディエンスの期待感もマックスに。そこへ、『ヒプマイ』のThe Dirty Dawgの4人と、サイプレス上野とロベルト吉野、そして月蝕會議が登場すると、客席からは大きな悲鳴にも似た歓声が。彼らがこのフェス限定の目玉企画であるコラボ曲「The Three Musketeers Mic Relay」を披露し、煮えたぎったプレイとフロウを見せつけると、フロアの熱気も開幕から早くも沸点に達した。

 コラボ曲が終わると、月蝕會議がそのまま残りステージを継続する。ライブ現場でもスタジオ現場でも、場所を選ばず常に高いパフォーマンスを発揮する音楽クリエイターギルド月蝕會議。「死んでよダーリン」、TVアニメ『18if』の第6話EDテーマでもある「行方知レズ」と彼らのオリジナル曲2曲を演奏し、このステージでも圧巻のプレイを披露した。

 続いて登場したのはサイプレス上野とロベルト吉野だ。月蝕會議からの転換の時間でロベルト吉野は自慢のスクラッチを披露し、「ぶっかます」「ヒップホップ体操第二」ではサイプレス上野が得意のコールで、オーディエンスのレスポンスを強制励起! 巧みな音頭でフロアの温度をさらに上昇させた。そして最後は、ふたりの出身地であり、この会場でもある横浜をレペゼンしたトラック「Yokohama La La La」。ファンはおのおののスマホのライトを頭上に掲げながら、フック(サビ)を伴唱。会場はまばゆい光に包まれ、夜景の宝庫である横浜の名にふさわしいステージとなった。

 4番手は、高野麻里佳、高橋李依、長久友紀による3人組声優ユニット・イヤホンズだ。彼女たちは月蝕會議をバンドに、その演技力を活かした歌劇的楽曲「新次元航路」「あたしのなかのものがたり」を熱演。サイリウムの海を上手下手に自由に泳ぎ回り紡がれる幻想的なストーリーと、海の天気のように一瞬で色を変えるビートやメロディーに、オーディエンスは魅了されることしきりだった。

 続くは“みんな大好き♡”清竜人! グランドピアノ1台を伴奏に、ステージ中央に置かれたシングルソファに腰かけ、けだるげに歌う清竜人。「抱きしめたって、近過ぎて」「平成の男」「痛いよ」と、哀愁漂うシャンソン風のバラードを続けて披露し、アリーナは一瞬にしてオールスタンディングのディナーショーと化した。そこへ、突然イヤホンズをはじめとした女子たちが乱入し、竜人の奪い合いが勃発。そしてそのままハーレムチューン「竜人くんが大好きです♡」になだれ込んだ。この曲はフェス限定のイヤホンズと内藤るな・高井千帆・平瀬美里とのコラボ曲。オーディエンスからは「りゅーじん♡ りゅーじん♡」と熱烈なコールが飛び、ステージ上に突如出現した豪華ハーレムに大興奮の様子だった。

 そして、このフェスで新体制での活動再開を宣言していた元ロッカジャポニカの内藤るな・高井千帆・平瀬美里が、新メンバーの青山菜花・白浜あやと共に登場。新曲である「星の降る街」を披露し、新グループ名をB.O.L.Tとすることを発表した。新メンバーのふたりは、なんと現役小学生。その小学生離れしたキレのあるダンスに、会場からも驚きの声が上がった。

 ステージには続いて、志磨遼平のソロプロジェクト・ドレスコーズが登場。シンプルかつ力強いバンドサウンドで「コミック・ジェネレイション」「エリ・エリ・レマ・サバク・タニ」「人間ビデオ」という代表曲を次々と演奏。繰り広げられる確かなステージングに会場もロックフェスのような熱さを帯び始める。MCで志磨はEVIL LINE RECORDSを「ニッチなレーベル」と呼びながらも、あたたかに謝意を伝えた。ドレスコーズは最後にももいろクローバーZに提供した「天国のでたらめ」のセルフカバーを披露した。

 志摩は、ドレスコーズの出番終了後ひとりステージに残る。そしておもむろにステッキ、サングラス、マフラーを取り出し、ロッキンロールスター・内田裕也に変身。ももクロの玉井詩織も登場し、ふたりでフェス限定の故・内田裕也に対するトリビュート曲「コミック雑誌なんかいらない」を熱唱した。TeddyLoidによるデジタルで力強いアレンジが施された、頭脳警察によるロックの名曲に、会場も大いに盛り上がった。

 続いてのステージは、EDMミュージシャンのTeddyLoid。DJブースを基地(ベース)に、縦横無尽にステージを駆け巡り、歌とプレイを見せつけた。「Game Changers (LAST BOSS Mix) with 中田ヤスタカ (CAPSULE)」「Winners feat. Reol & Giga」「もののけ姫 2018 feat. MeraLoid (TeddyLoid EDM Remake)」「Forever Love (VIP Mix)」と、キャッチ―かつダンサブルな曲を繋げ、フロアはパーリー状態に。

 そして、満を持して『ヒプマイ』からT.D.D.がステージに姿を現す。会場全体がひときわ大きな歓声で包まれた。TeddyLoidがDJを務め、彼らのチーム曲「T.D.D LEGEND」をDrop bomb! T.D.Dの4人でステージに立つのは、これが初めて。様々なジャンルのアーティストが集うこのフェスに参戦した彼らだが、物おじする雰囲気も無く生き生きとライムを刻み、“声優×ラップ”というジャンルのポテンシャルを、音楽ファンに向けて発信していた。山田一郎役の木村昴が「明日のことなんか考えてんじゃねえよ!」とフロアをあおりつつ、Division All Starsの3曲の特別メドレーに突入。普段より早めに感じるBPMに合わせ、勢いあるフロウを披露した。

 続いてのステージは、もはやそのたたずまいに大御所感すら感じる、ももいろクローバーZ。『ヒプマイ』ファンの黄色い声援に負けじと、モノノフ(ももクロファン)たちも雄々しい4色のコールを張り上げる。「overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜」や「行くぜ!怪盗少女 -ZZ ver.-」など、キラーチューンを立て続けに披露し、会場のテンションもマックスに。MCでは「じゅんじゅん」ことEVIL LINE RECORDSの宮本純乃介プロデューサーをいじりつつも感謝の言葉を伝え、百田夏菜子の「お前ら、全員働け―!」のシャウトを合図に「労働讃歌」が始まった。そこへ、突然この曲の作詞者でもある大槻ケンヂが闖入し、ももクロメンバーに交じりサビでのダンスを強行。労働の大切さを訴えた。

 そして、大槻ケンヂ率いる特撮が登場。先ほどの乱入を「事故」と弁明しながらも「オムライズ」「アングラ・ピープル・サマー・ホリディ」を2年ぶりのライブとは思えない精力的なステージングで熱演した。MCで大槻はこのフェスを「闇鍋のようなライブ」と例えたが、ファンも大いに共感した様子。続いて「人として軸がぶれている」や、イヤホンズと一緒に「林檎もぎれビーム!」など、TVアニメ『さよなら絶望先生』シリーズのナンバーを披露した。

 そして、このフェスのトリの曲となったのは、特撮×ももいろクローバーZによるフェス限定コラボ曲「パーティーは今」。特撮のギターを担当するNARASAKIならではの骨太な楽曲と、ももクロの歌声のケミストリーに、会場の盛り上がりは最高潮に。そして、フェスの終わりの楽しさとさみしさが詰まった大槻ケンヂによる歌詞――。数時間に及ぶ長いジェットコースターのような時間を過ごしたファンたちは、それぞれ大きなカタルシスを感じながら、ラストナンバーに聞き入った。

 全楽曲が終了後、出演したアーティストたちがもう一度ステージに集合。大槻ケンヂが音頭を取り「1、2、EVIL LINE!」を全員で唱和し、EVIL A LIVEは大団円の時を迎えた。振り返ればまさに“闇鍋”的な数時間であった。それぞれのアーティストのジャンルも様々。バンドあり、アイドルあり、ヒップホップあり、歌劇あり、DJあり、体操あり……。一見バラバラでカオスな状態であったことは間違いないが、どこか統一感を感じる不思議な体験だった。これからもEVIL LINE RECORDSの放つ素敵な変化球から目が離せない。

 なお、このライブの模様はMTVでオリジナル編集版として9月下旬に放送予定だ。

「EVIL LINE RECORDS 5th Anniversary FES.“EVIL A LIVE” 2019」
2019.7.15@パシフィコ横浜 国立大ホール
<セットリスト>
M01. The Three Musketeers Mic Relay/サイプレス上野とロベルト吉野×月蝕會議×The Dirty Dawg(from「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」)
M02. 死んでよダーリン/月蝕會議
M03. 行方知レズ/月蝕會議
M04. INTRO/サイプレス上野とロベルト吉野
M05. ぶっかます/サイプレス上野とロベルト吉野
M06. ヒップホップ体操第二/サイプレス上野とロベルト吉野
M07. Yokohama La La La/サイプレス上野とロベルト吉野
M08. 新次元航路/イヤホンズ(Band:月蝕會議)
M09. あたしのなかのものがたり/イヤホンズ(Band:月蝕會議)
M10. 抱きしめたって、近過ぎて/清 竜人
M11. 平成の男/清 竜人
M12. 痛いよ/清 竜人
M13. 竜人くんが大好きです♡/イヤホンズ×内藤るな・高井千帆・平瀬美里×清 竜人
M14. 星が降る街/B.O.L.T
M15. コミック・ジェネレイション/ドレスコーズ
M16. エリ・エリ・レマ・サバク・タニ/ドレスコーズ
M17. 人間ビデオ/ドレスコーズ
M18. 天国のでたらめ/ドレスコーズ
M19. コミック雑誌なんかいらない/玉井詩織(ももいろクローバーZ)×ドレスコーズ×TeddyLoid
M20. Game Changers (LAST BOSS Mix) with 中田ヤスタカ (CAPSULE)/TeddyLoid
M21. Winners feat. Reol & Giga/TeddyLoid
M22. もののけ姫 2018 feat. MeraLoid (TeddyLoid EDM Remake)/TeddyLoid
M23. Forever Love (VIP Mix)/TeddyLoid
M24. T.D.D LEGEND/The Dirty Dawg(from「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」)、DJ(TeddyLoid)
M25. ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- Special Medley/The Dirty Dawg(from「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」)、DJ(TeddyLoid)
M26. overture 〜ももいろクローバーZ 参上!!〜/ももいろクローバーZ
M27. 黒い週末/ももいろクローバーZ
M28. The Diamond Four/ももいろクローバーZ
M29. 行くぜ!怪盗少女 -ZZ ver.-/ももいろクローバーZ
M30. 労働讃歌/ももいろクローバーZ with 大槻ケンヂ
M31. オム・ライズ/特撮
M32. アングラ・ピープル・サマー・ホリディ/特撮
M33. 人として軸がぶれている/特撮
M34. 林檎もぎれビーム!/特撮 with イヤホンズ
M35. パーティーは今/特撮×ももいろクローバーZ

写真提供:キングレコード



PAGETOP