超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

一人暮らしを始めどこか伊織を遠ざける一貴、そこに伊織に似た雰囲気を持つ女性が現れて…連続ドラマ『I”s』第11話のあらすじと先行カットを紹介

2019/4/10


 専門性の高い多彩なジャンルの番組を楽しめる放送サービス・スカパーは、かつて「週刊少年ジャンプ」で連載され、伝説的な人気を博した桂正和原作の漫画『I”s(アイズ)』の実写ドラマ化を決定。連続ドラマ『I”s』として BS スカパー! ・スカパー! オンデマンドにて12月21日より放送・配信を開始している。この度、第11話のあらすじと先行カットが到着したので紹介する。

<次回4月12日(金)放送第11話「藍子」のあらすじ>
高校卒業後の夏、自分の将来の目標を見つけるために一人暮らしを始める事にした一貴。芸能界で活躍する伊織を遠ざけるような言動をする一貴に、引っ越しの手伝いに来ていたナミは伊織への劣等感を指摘する。その夜、荷解きをした段ボールから出てきた伊織との卒業式の写真に一人溜息をこぼしていると、部屋のチャイムが鳴り、玄関前には隣の部屋に住む女性が立っていた。名前は麻生藍子、どこか伊織に似た雰囲気を持つ女性だった。

画像ギャラリーはこちら。画像をクリックすると拡大します


【ドラマ『I”s』第11話 裏話】プロデューサー/長内敦

第11話は『I”s』最後のヒロイン麻生藍子の登場回です。随所に散りばめられている豊島監督演出による伊織と藍子の対比描写がとても新鮮でユニークな回で、ストーリーの根幹ではないような場面でもこのドラマを楽しんでもらおう、という映像へのサービス精神がとても印象に残りました。そして、葦月伊織役オーディションの末、約700人の中から選ばれたのが白石聖さんでしたが、同じ場にいたのが今回麻生藍子役を演じた加藤小夏さんでした。連ドラは初めてということで、“女優”というよりは“普通の女子高生”の佇まいが印象的でしたが、その光る素材、賭けてみたいと思わせる
魅力はピカイチで「この子で『I”s』を作ったらどんなことになるんだろうか」というワクワクを監督も原作の桂先生も僕も抱いたものでした。そしてクランクイン。不慣れが故の戸惑いは加藤さん自身にもスタッフにもありましたが、1シーン1シーン進んでいく度にそれは彼女の成長物語を見ているようで、最後は堂々とした演技と満面の笑顔で撮影を終えることができました。「楽しかった」そして「これからも女優を続けていきたい」彼女が伝えてくれた言葉は苦難を分かち合ったドラマに関わるスタッフ全員にとって嬉しいものでした。そんな加藤小夏さんの僕らにとっては記念すべき登場回です。

≪連続ドラマ『I”s』放送概要≫ 
タイトル :連続ドラマ『I”s』第11話「藍子
放送日時 :2019年4月12日(金)後9時 ほか
チャンネル :BS スカパー!(BS241/プレミアムサービス 579)/スカパー! オンデマンド
原作 :桂正和「I”s」 <集英社文庫(コミック版)>
主題歌 :竹澤汀「yesterdays」(ストロボレコード)
エンディングテーマ :Mrs. GREEN APPLE「Coffee」(ユニバーサル ミュージック / EMI Records)
出演 :岡山天音/白石聖/柴田杏花/萩原みのり/加藤小夏/伊島空/春花/須藤叶希/小越勇輝
冨田佳輔/水石亜飛夢/福山翔大/荒井敦史/宇梶剛士/竹財輝之助/安達祐実/堀部圭亮
監督 :豊島圭介・安里麻里
脚本 :片岡翔・吹原幸太
音楽 :渡邊崇
撮影 :長野泰隆
プロデューサー :柴原祐一
企画・プロデュー ス:長内敦
制作プロダクション :ダブ
製作著作 :スカパー!

<連続ドラマ『I”s』はスカパー! オンデマンドでも同時配信!>
連続ドラマ『I”s』は、スマートフォンや PC、タブレットでも手軽にスカパー! をお楽しみいただけます。ご契約者であれば専用アプリのダウンロードがオススメです。スカパー! 公式サイトのログインページより My スカパー! IDを取得するだけで、スカパー! オンデマンドでも当番組をご視聴いただけます。

ドラマ『I”s』公式サイト
https://www.bs-sptv.com/is/
『I”s』公式 Twitter 
@sptv_is

(C)桂正和/集英社・スカパー!



この記事のキーワード

PAGETOP