「シャインポスト」声優・長谷川里桃“アイドルコンテンツの集大成と思ってもらえる作品”― 声優インタビュー第4弾【祇園寺雪音】 | 超!アニメディア

「シャインポスト」声優・長谷川里桃“アイドルコンテンツの集大成と思ってもらえる作品”― 声優インタビュー第4弾【祇園寺雪音】

TVアニメ『シャインポスト』が、2022年7月より放送中。このたび、「TiNgS」メンバーを演じる声優5名のオフィシャルインタビューが到着。第4弾の本記事では祇園寺雪音役を演じる声優・長谷川里桃へのインタビューをお届けします。

特集
注目記事
TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』キービジュアル(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
  • TVアニメ『シャインポスト』場面写真(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会

コナミデジタルエンタテインメントとストレートエッジが手掛けるメディアミックスアイドルプロジェクト発のTVアニメ『シャインポスト』が、2022年7月より放送中。
大きな夢を抱くも、小さな成果しかあげられないアイドルユニット「TiNgS」のもとに、まるでやる気はないが、一つ特別な力を備えたマネージャー・日生直輝が現れるところから、物語は始まります。

TVアニメ『シャインポスト』キービジュアル(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会

このたび、「TiNgS」メンバーを演じる声優5名のオフィシャルインタビューが到着。
第4弾の本記事では祇園寺雪音役を演じる声優・長谷川里桃へのインタビューをお届けします。

クールビューティーに見えるけれど 実は年相応のかわいさもある雪音

長谷川さんが担当している祇園寺雪音はどんな女の子ですか?

第一印象は、オーディションの資料にあったとおり「イケメン、クールビューティー」でした。実は、オーディションのときに雪音とは違うキャラクターを受けていて、当日その場でセリフを言ってみてほしいと言われたんです。雪音のようなキャラクターにはあまり縁がなかったので、すごく驚いたことを覚えています。

【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

アフレコに入ってから、その印象に変化はありましたか?

そうですね……。今の放送の段階ではまだ明らかになっていませんが、雪音は「イケメン」とも「クールビューティー」とも違ったイメージのものが好きなんです。それを隠しているところも、それがバレちゃった瞬間の姿もすごくかわいくて。実際、お芝居でも「かわいくしていい」と言われたので、年相応の部分もある子なんだなと思うようになりました。

雪音を演じる際には、どんなことを心がけていますか?

及川啓監督からは「しっかり言い切る」「語尾は下げる」「テキパキとした口調で」とディレクションをいただいたので、その点はとても意識しました。基本的に、雪音は紅葉を除くTINGSの3人にはきつく当たるんですが、紅葉に対してだけははねつけるような言い方は一切ないんですね。でも、紅葉に対しても「語尾は下げて」という指示があったので、そこを大切にしつつ、凛々しさと頼もしさが感じられるような声の出し方を心がけました。

雪音は「私様」という一人称が特徴的ですよね。

正直に言うと……ものすごく負担です(笑)。すごく言いづらいんですよ。しかも、雪音は説明口調というか、固いしゃべり方をするのも難しくて。そこに重ねて「私様」が来るので、いつもしんどいです。

【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

長谷川さんは普段舞台をメインに活動していますが、声だけのお芝居に挑戦した感想は?

動きたくなっちゃいます(笑)。私と蟹沢萌子ちゃん、中川梨花ちゃんは、声優のレッスンを受けていたんですが、「自由にやっていいよ」と言われるとのびのびお芝居ができる一方で、「声優としてどうしたらいいかを考えて」と言われると途端に縮こまってしまうみたいで。よく岩男潤子先生からその点を指摘していただきました。でも、岩男先生から「声優も全身でお芝居をしている」とアドバイスをいただいてからは肩の力が抜けていきました。自分でも、動かないと声が出ないんだったらまず動こうと思って。それから少しずつ動きを減らしてセリフを言うことにならしていったんです。でも、やっぱり今も動きたいです(笑)。

ということは、実際にTINGSとしてステージに立つときのほうが楽だったりしますか?

それがそうでもないんです。舞台のときはセリフがあって、「私」は求められていない。でも、ライブではMCになった途端に「私」として話さなければいけないじゃないですか。それがもう困ってしまって、「セリフをください!」という気持ちになるんです(笑)。雪音ちゃんという役を背負っているけれど、ひとりの表現者としての言葉も求められているところはお芝居と違うなと感じます。舞台では相手に届けと思いながらセリフを言いますが、ライブのときは皆さんに届けと思っている点でも違いがありますね。

作中には、TINGS以外にもたくさんのアイドルが登場します。その中で、TINGSがほかには負けていないと思うのは、どんなところですか?

ガチャガチャ感です。TINGSって「これ」というものが定まっていない感じがするんですね。HY:RAINなら「カッコいい」「王者」とわかりやすいんですが、それがない。最終的にアイドルとして成長していきたいという気持ちは同じだけど、それぞれの考え方の違いから来るガチャガチャ感は、ほかのユニットにはないものだと思います。

【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

作中でもキーワードとして登場する「シャインポスト」ですが、長谷川さんにとっての「シャインポスト」は?

私、すごく人に恵まれるタイプなんですね。田舎に生まれて普通の家庭に育ち、学力も普通で運動はできないという平凡なタイプなんですが、そんな私が普通ではない芸能界になんで入れたのかと考えたら、絶対に周りの人のおかげなんです。どの現場でも助けてくださる方、導いてくださる方がいる。だからきっと私にとっての「シャインポスト」は、これまで出会ってきてくださった方、今出会った方、そしてこれから出会うすべての方だと思います。

5人それぞれにソロインタビューをさせてもらっているので、ぜひほかのメンバーについての印象も教えてください。伊藤紅葉役の中川梨花さんは、長谷川さんから見てどんなところが魅力ですか?

絶対インタビューの時間だけでは語り切れません(笑)。りかりんは初めて会ったときから元気になれる笑顔を見せてくれるし、いてくれるだけですごく安心する人です。私は緊張しぃで、本番前にはすぐ不安になっちゃうんですね。でも、りかりんはどっしり構えてくれて、「大丈夫だよ」「絶対できるよ」と言ってくれる。お仕事のときだけじゃなく、プライベートでもふとポジティブな言葉をかけてくれるんです。紅葉にみたいに視野が広くて人のことを見てくれているし、イベントなどのスケジュールもいち早く把握して教えてくれる。プライベートでもすべてをポジティブにとらえられる。そこがすごく魅力的ですし、とても頼りにしています。

【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

では、放送も始まったところで、『シャインポスト』という作品全体の面白さを教えてください。

非日常的な存在だと思われがちなアイドルですが、『シャインポスト』では彼女たちを人間的に描いていて、悩んだり工夫したり失敗したり、ヘコんだりあきらめたり、本当にリアルなんですね。物語も正統派の成長物語ですし、私はアイドルコンテンツの集大成と思ってもらえる作品だと感じています。アニメ以外にもゲームやライブ、小説と幅広く展開していますし、落ち込んだときも盛り上がりたいときも、そしてキラキラしたものに触れたいときも、どんな気持ちのときにでも見てもらえるところが魅力だと思っています。どの瞬間に出会っても『シャインポスト』が好きだなと思ってもらえるように全力で頑張りますので、楽しんで笑顔になってもらえたらと思います。

取材・文/野下奈生(アイプランニング)


『シャインポスト』を見るならコチラ
プライムで観る/30日間の無料体験を開始する


【TV アニメ放送情報】
2022年7月12日火曜深夜より日本テレビ AnichU枠および
7月14日木曜よりBS日テレ、AT-Xにて放送スタート!
日本テレビ 毎週火曜 25:29~
BSレ 毎週木曜 24:30~
AT-X 毎週木曜 21:00~ ※リピート放送 毎週(月)9:00~、毎週(水)15:00~
※放送日時は予告なく変更になる場合がございます。

◆スタッフ
原作:コナミデジタルエンタテインメント/ストレートエッジ
世界観設定/小説執筆:駱駝
監督:及川 啓
シリーズ構成:SPP
脚本:駱駝/樋口達人
キャラクターデザイン原案:ブリキ
キャラクターデザイン/総作画監督:長田好弘
サブキャラクターデザイン/総作画監督:宗圓祐輔
総作画監督:坂本俊太、清水慶太
美術監督:松本浩樹
色彩設計:中野尚美
撮影監督:松井伸哉
CG ディレクター:吉良柾成
編集:高橋 歩
音響監督:森下広人
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:西木康智、伊藤 翼
音楽プロデューサー:木皿陽平(Stray Cats)
アニメーション制作:スタジオ KA

◆キャスト
青天国春:鈴代紗弓
玉城杏夏:蟹沢萌子
聖舞理王:夏吉ゆうこ
祇園寺雪音:長谷川里桃
伊藤紅葉:中川梨花
螢:大橋彩香
黒金 蓮:芹澤 優
唐林青葉:高瀬くるみ
唐林絃葉:久保田未夢
氷海菜花:高柳知葉
苗川 柔:香里有佐
兎塚七海:野口衣織
陽本日夏:木野日菜
梨子木麗美:ファイルーズあい
ナターリャ:古賀 葵
広瀬実唯菜:齋藤樹愛羅
日生優希:小松未可子
虎渡 誉:富田美憂
菊池英子:種崎敦美

(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]