「リネージュW×ベルセルク」コラボ開催中! ガッツ役・岩永洋昭ら声優陣のコメントも | 超!アニメディア

「リネージュW×ベルセルク」コラボ開催中! ガッツ役・岩永洋昭ら声優陣のコメントも

「リネージュW」初となるコラボレーション、アニメ『ベルセルク』とのコラボが現在開催中!こちらでは、「リネージュW×ベルセルク」コラボの背景となるストーリーや、今回コラボに参加した声優のコメントなどをまとめて紹介します。

ニュース
注目記事
(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会(C) NCSOFT Corporation. Certain rights granted to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
  • (C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会(C) NCSOFT Corporation. Certain rights granted to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
  • (C) NCSOFT Corporation. Certain rights granted to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
  • 行成とあ(「キャスカ」役)
  • 斎藤千和(「シールケ」役)
  • 興津和幸(「セルピコ」役)
  • 岩永洋昭(「ガッツ」役)
  • (C) NCSOFT Corporation. Certain rights granted to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
  • (C) NCSOFT Corporation. Certain rights granted to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
「リネージュW」初となるコラボレーション、アニメ『ベルセルク』とのコラボが現在開催中!(7月27日(水) 定期メンテナンス前まで開催予定。)こちらでは、「リネージュW×ベルセルク」コラボの背景となるストーリーや、今回コラボに参加した声優のコメントなどをまとめて紹介します。

「リネージュW」とは




「リネージュW」はPCオンラインゲーム『リネージュ』の正統性を継承しつつ、「ワールドワイド」というコンセプトに基づきグローバル展開を前提として戦略的に開発された、最新タイトルです。

フル3Dグラフィックとクォータービューを採用し、「グローバル ワンビルド」でのサービスを展開するほか、日本国外の言語が異なるプレイヤー同士のスムーズなコミュニケーションのため、リアルタイム「AI(人工知能)翻訳」機能を実装しています。

「リネージュW」は、App Store / Google Play のほか、PC版「PURPLE」にて、ゲームのダウンロードが可能です。

≪App Store≫
https://apps.apple.com/jp/app/id1444980563
≪Google Play≫
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ncsoft.lineagew
≪PURPLE≫
https://ncpurple.com

「リネージュW×ベルセルク」コラボについて


世界的なIPとのコラボでさらに拡張される「リネージュW」の世界

[リネージュW] ベルセルク コラボトレーラー
「リネージュW」は24年間続いている「リネージュ」シリーズの決定版とも言われ、「リネージュ」ならではのダークファンタジーを継承、中世ヨーロッパ風のファンタジー世界を舞台にしています。シリーズのトーン&マナーと合わせつつ、考証をもとに中世ファンタジーの雰囲気をリアルに表現。「リネージュW」は様々な文化とゲームを経験してきた、世界各国のプレイヤーが一緒に遊ぶ「グローバル コミュニティ」を目指しており、それを実現するための施策の一つが、世界的なIPとのコラボでした。そのような経緯から初回のコラボの相手は、奥深い世界観を持つ「ベルセルク」となりました。

原作の雰囲気を活かしつつ、「リネージュW」に合わせた工夫


今回のコラボでは「ベルセルク」のオリジナリティを活かすため、キャラクターの細かい動きから、ゲーム画面では見えづらいところまで、こだわってデザインしました。また劇場版『ベルセルク 黄金時代篇』3部作とテレビアニメ『ベルセルク』の声優の方々に参加していただき、アニメーションと同じボイスにするなど色々な取り組みを行いました。

「ベルセルク」の奥深い世界観、キャラクター、ストーリーを、「リネージュW」の世界に自然に盛り込むため、「リネージュW」 のシナリオデザインチームは、「ベルセルク」の世界観をしつこく勉強し、研究し、またアートチームは原作特有のダークで繊細な雰囲気を実現するため、そして戦闘チームは原作の戦闘シーンを「リネージュW」で実現するために、色々な工夫を重ねました。

また、多くのフィードバックのやり取りをした日本のスタッフや、様々な取捨選択をゲームに反映する際に方向性を損なわない様に支えたPMチームなど、多くの人々の力で「リネージュW」の世界を、さらに拡張させることができました。

2つの世界が混在する「次元の狭間」で繰り広げられるストーリー


今回のコラボでは、当初「ベルセルク」と「リネージュW」を組み合わせた新しいストーリーを入れようとしましたが、議論を重ねた結果、その案は不採用となりました。「ベルセルク」の世界に何かしらの新しい変化を取り入れることは、どちら側にも負担になると思われたことが理由でした。それからも何度も議論を重ねた結果、新しいコラボ用の空間を作り出し、「ベルセルク」のオリジナルストーリーに影響を与えることなく「リネージュW」との接点を持たせることにしました。

どちらの世界にも属さない中立的な空間「次元の狭間」で、「リネージュW」の重要なキャラクターである「エクシード」とプレイヤーたちが「ベルセルク」の登場人物と出会い、物語が始まります。

「リネージュW」の観察者であるプレイヤーは、助力者である「エクシード」と、「ベルセルク」の魔術師「シールケ」と共に行動します。

中立的な空間「次元の狭間」


「次元の狭間」は「リネージュW」の世界でも、「ベルセルク」の世界でもない奇妙で歪んだ空間にしました。そして、その空間をトゥーンレンダリングというアニメ調の描画にすることで「リネージュW」とは異なる雰囲気を演出しました。「次元の狭間」は異様な空間ですが、「リネージュW」とつながっているので、「リネージュW」のプレイヤーなら一度は会ったことのあるモンスターが登場します。しかし、クエストで遭遇する強力な存在は「ベルセルク」のキャラクターにしました。

徹底した考証をもとに作り上げたキャラクター


今回のコラボにおいて、最も重要視したのは徹底した考証でした。各キャラクターの見た目、モーション、エフェクトまで原作漫画とアニメを踏襲し、「リネージュW」に盛り込みました。例えば、風を司る元素霊(エレメンタル)の加護を授かった武器を使う「セルピコ」の姿など、それぞれのキャラクターの特徴と動きがうまく表現できるように作業しました。特に「ガッツ」が大剣を振り回す姿は「リネージュW」の中でも一番美しく表現されているのではないか、と思うくらいです。エフェクトについても、担当者が「ベルセルク」のファンだったため、いつもより情熱を込めてディテールまでこだわり抜いて作業しました。







今回の「ベルセルク」コラボの見どころ


自身のキャラクターが30レベル以上になると、「ベルセルク」のキャラクターである「ガッツ」や「シールケ」が「次元の狭間」に迷い込むストーリー形式のコラボ限定クエストが発生します。クエストでは自身が「シールケ」や「イシドロ」になって戦ったり、終盤には敵としてあの「ゾッド」や「フェムト」も登場するなど、「ベルセルク」好きにはたまらないクエストが展開します。

そして、クエスト達成後にはイベント ダンジョン「次元の狭間」に1日2時間、入場することが可能となり、同ダンジョン内のモンスターを倒すことで得られる「狭間の封印石」を集めると、自身のキャラクターの見た目を「ガッツ」に変えられる「[スキン カード] ガッツ」を獲得することもできます。

そのほか、各村で受注することができる印章クエストにおいても、「ゾッド」や「フェムト」と戦える今回のコラボ限定のクエストが存在するので、是非挑戦してみてください。



▼次元の狭間
1日2時間利用可能
レベル 30~39 / レベル 40~49 / レベル 50~59 / レベル 60~

▼「狭間の封印石」
イベント ダンジョン「次元の狭間」では「狭間の封印石」を獲得でき、
該当アイテムで一部スキンとアイテム、消耗品を交換できます。
※詳しくは公式サイトのアップデートニュースをご確認ください。
https://lineagew.plaync.com/jp/board/update/view?articleId=62c494bc0f5b58533a1b8076

コラボ記念「キャスカ」「シールケ」「セルピコ」「ガッツ」役キャストのコメント動画を公開中

[リネージュW] 「ベルセルク」コラボ メイキング動画
今回の「リネージュW×ベルセルク」コラボにて新たに収録を行った、行成とあさん(「キャスカ」役)、斎藤千和さん(「シールケ」役)、興津和幸さん(「セルピコ」役)、岩永洋昭さん(「ガッツ」役)から、今回のコラボレーションに関して動画でコメントをいただきました。今回はこちらの内容も一部テキストでご紹介します。

行成とあさん(「キャスカ」役)コメント




<「リネージュW」と「ベルセルク」のコラボレーションについて、どう思われましたか?>
「リネージュW」と「ベルセルク」は、何か世界観が似ていて、「ベルセルク」のキャラクターたちも、スッと入っていけるんじゃないかな、と感じました。

ダークファンタジーという、ちょっと中世寄りな世界で、「キャスカ」とか「グリフィス」とか「ガッツ」とかが、皆さんの手で動かせて、今まで「ベルセルク」の方でも描かれていなかった「if」の冒険が出来る、というのは、ものすごく楽しそうだしワクワクしますね。自分もちょっとやってみたいな、と思いました。

<「リネージュW」及び「ベルセルク」ファンの皆様に一言>
今回「リネージュW」の中で「キャスカ」として皆さんにお会いできるのが、すごくうれしいです。本当に魅力的なキャラクターが、今回のコラボではいっぱい登場すると思いますので、皆さんも「ベルセルク」とのコラボ、みっちり、しっかり、どっぷり浸かって楽しんでいただけたらと思います。

斎藤千和さん(「シールケ」役)コメント




<今回の録音で特に印象に残った台詞は?>
「魔術師は自らの心の中に神殿を築くのです。」という台詞です。これは魔術師としての「シールケ」の在り方をすごく表してる台詞だな、と思います。魔術師として、というだけではなく、人間として自分の中に一つ神殿のようなぶれないものを築くということだと思うのですが、彼女をすごく的確に表した台詞だな、と思い印象に残っています。

今回、魔術師が出てくるようなお話の世界だったので、何かすごくその二つの世界がつながるような台詞でもあるように思いますね。

<「リネージュW」及び「ベルセルク」ファンの皆様に一言>
「シールケ」は私にとって、とっても大切で大好きなキャラクターです。彼女は「ベルセルク」の中ですごく真面目で、頑張り屋さんなんですが、いつも一生懸命な分、自分がちょっと大変な時に、自分の折れそうな心に気付けないような弱さもあったりして、そういうところがすごく可愛いな、と思って演じているキャラクターです。

今回、このような形で「リネージュW」に参加して、また新しい世界が広がりました。皆さんにもっとたくさん「ベルセルク」を知っていただいて、お互いの世界が広がったら嬉しいと思っています。是非コラボレーションを楽しんでください。

興津和幸さん(「セルピコ」役)コメント




<今回収録して気になった部分は?>
「リネージュW」の世界に、どう「ベルセルク」のキャラクターたちが上手く入り込んでいけるか、そしてこの何とも面倒くさい「セルピコ」というキャラクターのイメージを、短いセリフの中でどう伝えられるか、っていうのは考えましたね。

<「リネージュW」の中で見たセルピコの感想は?>
いや「セルピコ」、カッコいいですよ(笑)。ダークファンタジーなイメージが強い「リネージュW」の中で、緑色のお召し物(シルフェのフード)を着た「セルピコ」は、とても鮮やかで、「なんだセルピコ、やっぱりカッコいいじゃないか!」って感じました。後、「セルピコ」は精霊さんを味方につけることができるんですけど、一緒に戦っている姿をムービーシーンで拝見した際、とても美しく、是非とも皆さんにも目にして欲しいな、と思いました。

岩永洋昭さん(「ガッツ」役)コメント




<ガッツはどんなキャラクターですか?>
誰もが見て分かるような、一言でいえば「強い」、そんな最強の剣士で、「ベルセルク」を象徴するキャラクターの一人です。ただ僕は「弱さ」というか、、、その裏にある、親に捨てられ、仲間もいなく、ましてや育ての親にも裏切られたトラウマというか、悲しい過去を背負いながら生きていて、それ故に強さを求め、誰よりも実は人間味あふれたキャラクターなのかな、と勝手に思いながら、演じていました。

<今回のコラボレーションに関してどのような想いをお持ちですか?>
今回、「リネージュW」とのコラボレーションで再び「ガッツ」を演じたのは僕自身も斬新で、どういう風な世界観が広がっていくのか、すごく楽しみにしています。「ガッツ」及び「ガッツ」の仲間たちが、「リネージュW」という世界でどういった戦いを繰り広げるのか、今か今かとワクワクしています。

コラボ3週目では「グリフィス」や「キャスカ」に変身できるスキン カードも


今回の「リネージュW×ベルセルク」コラボは現在3週目で、変身スキン「フェムト」「グリフィス」「キャスカ」が登場しています。

コラボは7月27日(水)定期メンテナンス前まで開催予定となっているため、 『ベルセルク』ファンもぜひこの機会に「リネージュW」の世界を体験してみてはいかがでしょうか。

(C) NCSOFT Corporation. Certain rights granted to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS
(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会
《アニメディア編集部》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集