「300億の女になったらどうしよう」――『劇場版 生徒会役員共2』天草シノ役・日笠陽子に作品の魅力と愛され続ける理由を聞く【インタビュー】 | 超!アニメディア

「300億の女になったらどうしよう」――『劇場版 生徒会役員共2』天草シノ役・日笠陽子に作品の魅力と愛され続ける理由を聞く【インタビュー】

『劇場版 生徒会役員共2』天草シノを演じる日笠陽子さんにインタビュー。10年以上も愛され続ける本作の魅力について聞いた。

ニュース
注目記事
『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
  • 『劇場版 生徒会役員共2』キービジュアル (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
 2010年にTVシリーズ第1期が放送されたアニメ『生徒会役員共』。ほんのり下ネタ風味学園4コママンガを原作とした本作は、アニメでもそのスタイルを貫き通す。それが功を奏してか、2014年にはTVアニメ2期が放送、2017年には劇場版第1作目が公開、そして、2021年1月1日には劇場版第2作目が公開されるなど、長きにわたり愛される作品となった。

 超!アニメディアでは、そんな『生徒会役員共』の中心人物である桜才学園生徒会長・天草シノを演じる日笠陽子さんにインタビュー。『劇場版 生徒会役員共2』のことに加えて、10年以上も愛され続ける本作の魅力について聞いた。

『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
『劇場版 生徒会役員共2』場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】

はいはい、また辞める辞める詐欺でした


――『生徒会役員共』の劇場版が再び公開されると最初に聞いたとき、どのようなお気持ちでしたか?
 TVアニメ2期が終了したあとに、メインキャストが集合するイベントがあったんです。あのイベントはアニメ『生徒会役員共』の総決算とも言えるもので、「もう『生徒会役員共』はこれで最後です」みたいな空気が流れていたんですよ。……にも関わらず、2017年に劇場版の第1弾が公開されることに。「辞める辞める詐欺じゃねーか!」とキャスト陣の誰もがツッコみました。とはいえ、劇場も公開したから、さすがに続編はないのかな、と思っていたところに、今度は劇場版の第2弾をやるという知らせ。……驚きや喜びというよりは、「諦め」に近い感情でしたね。もう慣れました。

――「あー、このパターンね」という感じ? 
 そうそう(笑)。「はいはい、また辞める辞める詐欺でした」というのが、最初に劇場版第2弾が公開されると聞いたときの率直な感想ですね。

――(笑)。ただ、第2弾が公開されることになったのは、応援してくれてる人たちがたくさんいたという証でもあります……よね!?
 そうですね。劇場版の第1弾なんて、「そもそも公開できるのか?」という議論が巻き起こっていたくらいだったのに、予想以上の方が見てくださったようでして。本当に、皆様のおかげなんです。スタッフさんの「辞める辞める詐欺」を覆してるのは恐らく、皆さんの謎の熱意なんです。

『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

――何があっても驚かないぐらい長い付き合いになった本作。日笠さんとしても声優デビューしてから早い段階で主役を演じることになったアニメ作品ですよね。
 アニメ1期が放送されたのは2010年ですが、収録はその1年くらい前にはやっていたんです。そう考えると、声優としてデビューしてから早い段階でお声がけいただいた役ですね。私、実は自分の声優キャリアの中で、学生服を着ている役が少なめなんです。鎧を着ていたり剣を持っていたりする、戦う女性を演じることが多いんですよね。なので、『生徒会役員共』は珍しく学生服を着た役の作品なんですよ。

――そういう意味では、ある種貴重な作品でもある。
 とても貴重です。下ネタは言いますが、意外とみんな肌は露出していなくて。ここまで下ネタギャグだけで突き通す作品って、ここ10年くらいを見返してみても、あまりなかったと思うんですよね。しかも、最初からそのスタイルがブレていない。もはや、原作の氏家ト全先生と、アニメスタッフの執念すら感じます。

――いわゆるお色気とかセクシー要素がある作品のノリとは違いますもんね。
 小学生たちが下ネタを言い合っているのに近いノリ。応援してくださる皆さんも、もしかしたら童心に帰ったような気持になっているんじゃないかな。「あぁ、こいつらアホだな」って(笑)。

――それも長く応援され続けている理由のひとつかもしれません。
 本当に! 下ネタって本域過ぎると、引いちゃうって方もいらっしゃると思うんです。でも『生徒会役員共』は、「アホだなぁ、あはは」って笑える。絵もギャグチックな顔立ちになることがあって、それが可愛いんですよね。意外と癒し系……ではなくとも、ほっこり系アニメの領域に入り始めてるんじゃないかと思います。

――な、なるほど?
 最初の頃は、下ネタの内容が高等すぎて分からないものが多かったんです。それが、アフレコが進んでいくとみんなも理解してきて、もう分からないものがないくらいのレベルにまで達しました。そういう意味では、下ネタワードに麻痺してしまい、もはやほっこり系だと思うようになってしまったのかもしれません……。

――最初の頃は意味が分からず、セリフを発することを躊躇するようなワードもあった。
 あったと思います。以前は男性陣……特に(津田)タカトシ役の浅沼晋太郎さんが、アフレコの度に「このワードってどういう意味なの?」と女子たちに聞かれて「説明しにくい……」と、困っていました。それが今では「これはね、こういう意味」みたいに、サラッと言うんですよ。麻痺してますよね。気が付いたら言える仲になっていました。

――ファミリー感がありますね。
 ファミリー感は確かにあるんですけど、あいつらと家族になるのは抵抗あるなぁ(笑)。だって、うるさいんだもん。本当にうるさい。アニメ第1期から出ているメンバーは等しく10年以上の歳月を経ているはずなのに、賑やかさが最初から全然変わっていない。逆に尊敬します。すごいです。やっぱり、あいつらは『生徒会役員共』に選ばれし者たちなんですよ。たぶん、誰も止められる人はいないです。

――ベテラン声優さんでも止められない。
『生徒会役員共』にもベテラン声優さんが出演されていらっしゃいますが、結構みんなノリノリで(笑)。そういう現場なんです。それがよさでもあるかなと。

『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

――実際に、本作のアフレコはいかがでしたか?
 アフレコが始まったころに、1、2回ほどある程度の人数で集まって収録しましたが、途中から新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、1人で収録をすることが増えたんです。ただ、1人の収録時でも、タカトシ以外のメンバーはどういう芝居でくるのか、わりと想像ができたので、あまり不安もなく、のびのびと収録ができました。恐らく、他のボケ担当の声優も同じような感覚だったんじゃないかな。別々の収録となると、ツッコミチームが大変だとよく聞きます。

――ボケがどういうテンションでくるか分からないとツッコミのテンションも作りづらいのかもしれません。ボケを受けてのツッコミなので、かみ合わない可能性も出てくる気がします。
 ボケはツッコミがあって成立することが多いですもんね。そんなツッコミの大事さを『生徒会役員共』で知りました。ツッコミさえうまくいけば、ギャグも生きると思います。

――その学びは、他の現場でも役に立ってる?
 た、たぶん(笑)。『生徒会役員共』でキャストがバラバラに収録するのは初めてに近い機会でしたが、結果的には変わらず良い形になりました。それは、我々ボケチームが自由にやっても、ツッコミチームが何とかしてくれるだろう、という信頼感があったからだと思います。いつも通りの『生徒会役員共』の雰囲気が作品に乗っていると思いますので、楽しみにしていてください。

『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

クラウドファンディングでそんなに集まっちゃったんですか!?


――改めて、最初に本作の台本を読んだときの感想を教えてください。
 まず感じたのは、相変わらずセリフが多い! 短編でテンポ感もいい作品なことにプラスして、シノはほとんどの場面に出ているので、毎回チェックするたびに「いっぱい喋ってる、あばばばば!」ってなっています(笑)。それでいて、今回は色々な話が詰め込まれていたので、いつも以上にボリューミーに感じたかも。

――話の展開が繋がっていないようで繋がっている構成になっていると感じました。
 そうですよね。不思議な作り方だなと感じました。あとは「あれ、この人がそんなフラグ立てちゃうんだ」とも思いました。思わず、「お前だけが最後の砦だったじゃん!」と心の中で叫んでしまいましたね。タカトシには、そのフラグすらも叩き割って欲しいんですけど。

――タカトシはいつまで鈍感なのか……。
 もう一生じゃないですか。でも、それがいいのかもしれないです。鈍感だから、みんながやきもきして、よりタカトシのことを好きになっているんだと思います。

――本作の予告は、そんなタカトシがいなくなってしまうのでは?という憶測を呼ぶようなシリアスなものになっていました。
 そうなんです。ただ、『生徒会役員共』はシリアス展開に見せかけてだいたいギャグなので、安心してください。真面目な話をするのは、5年に1回くらいなので(笑)。今までと少し違うかなと思ったのは、シノが分かりやすくやきもちを焼いている素振りをみせるところ。少しだけですが、女心が芽生え始めてきたのかなと感じました。

『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

――実際に完成した作品を見た感想も教えてください。
 私が勝手に思っているだけかもしれませんが、絵柄が前作よりも少し可愛くなっていると感じました。気合が入っているような気がしたんですよね。

――スタッフさんも『生徒会役員共』への愛情が沸いて、可愛くしたいっていう気持ちが出てきているのかもしれません。
 そんな気がします(笑)。あと、本編では「ピー音」が入っているセリフ。アフレコ時はちゃんと全部言っています。危ないセリフを「ピー音」で隠すところも、『生徒会役員共』のいいところですよね。
「ピー音」って、一発で「はい、駄目ー!」って分かるじゃないですか。以前にラジオをやらせていただいてたときも、別に何にも関係ないところに「ピー音」が入ることで盛り上がることがありました。そういう「ピー音」にどういう言葉が入るのかを想像するのも、楽しんでもらえる要素な気がします。視覚だけじゃなくて、聴覚も刺激する作品です。

――面白い要素が色々とありますね。
 そうなんですよ。あーどうしよう。300億の女になっちゃたら。300億の女になりたい。

――300億の女(笑)。そういう意味では、4コマしおりの入場特典や、3週連続リピーター特典の「金の健康器具」が、興行収入の後押しになるかもしれません。
 出た。なんだよ「金の健康器具」って。頭おかしいんだよな。

――クラウドファンディングで目標達成したことによって「金色」になったようです。
 えっ!!!? そんなに集まっちゃったんですか!? 金色にする必要を感じないんですけど私……。 

――2,000人以上から応募があり、合計で2,100万ぐらいが集まったようです。
 そ、そんなに……。

――そう考えるとすでに2,100万円の女には既になっていると言えるかも。
 確かに(笑)。でも、2,100万も集まるなんて、本当にすごい。みんなのこの執念は一体なんなのか。だって、10年ですよ。10年経ってもこんなに応援してくれる人がいてくれるなんて……。ありがたい限りです。

――コースにもよりますが、応募した方の名前がエンドロールに載るみたいです。
  ……載りたい(笑)? 後世に刻まれちゃうけど、大丈夫なのかしら……。でも、マウンティングの取り合いも『生徒会役員共』のいいところ。応援してくださる皆さんに私たちが「何をやっているの(笑)」と言って、皆さんから「お前らも仕事選べよ(笑)」みたいなレスをもらう。こういうプロレスみたいな応酬が、個人的には楽しいんですよね。

――『生徒会役員共』がここまで長く応援されているのには、どのような魅力があるからだと感じていますか?
 まずは気負わず見られるところだと思います。敵を倒すみたいな目的があるわけでもなくて、ただただ楽しい日常を下ネタっていうスパイスを入れながら描いている。「なんか楽しかったね、あんまり何を話したのか覚えてないけど」みたいな飲み会って楽しいじゃないですか。それと同じような感覚になれる作品だと思っています。

――それでOKですもんね。『生徒会役員共』は。「あそこのあの場面はこうだ」みたいな考察をしなくていい。
 そうそうそう! 考察しないのがいい! まさにそれが魅力だと思います。

――そういう意味では、これまで見たことがないかった人でもフラッと見に行けるかもしれません。
 そうだと思います。

――最後に、日笠さんにとって『生徒会役員共』がどういう作品になっているのか、教えてください。
 終わる終わる詐欺の話をしましたが、『生徒会役員共』ってなんだかんだ定期的に動きがあるんですよね。だからもう、ライフワークみたいなものになっています。10年前の初心に戻してくれる作品でもありますね。もちろん、全部が全部10年前のやり方に戻れるわけではないですが、ふと「10年前にはこんな気持ちでやってたな」「あんな気持ちであのスタジオに向かっていたな」とか、そういうことを思い出せるんですよね。
 声優業界は、色々な人がどんどん入ってきて、みんなに初めてがあって、少しずつ慣れていき技術を培っていきます。それの縮図が『生徒会役員共』のような気もしてきました。

――作品自体は気楽に見られるようなものだけど、その裏側は大河ドラマ並みに色々なことが起きている。
 そうなんですよね!……いや、大河ドラマ並みのことなんてなかったです。すいません。そんなドラマ起きてませんでした。

――(笑)。
 ただ、歴史がある作品になったのは、間違いないですね。ここまできたら、ずっと続いて欲しいなって思います。私と浅沼さんがシノとタカトシの声をいつまでも出せるように頑張る、っていう目標にもなるはず。限界まで挑戦したいですね。

『劇場版 生徒会役員共2』場面カット (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

プロフィール
日笠陽子【ひかさ・ようこ】7月16日生まれ。神奈川県出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演作は『SHAMAN KING』麻倉葉役、『ロウきゅーぶ!』永塚紗季役、『戦姫絶唱シンフォギア』マリア・カデンツァヴナ・イヴ役ほか。

映画『劇場版 生徒会役員共2』作品情報
2021年1月1日元日、全国発射(ロードショー)!

監督・シリーズ構成:金澤洪充

原作:氏家ト全(講談社「週刊少年マガジン」連載)
キャラクターデザイン・総作画監督:古田誠
メインアニメーター:鈴木信吾、大久保宏、内田孝行
美術監督:内藤健
色彩設計:荒木隆介
撮影監督:武貞慎之介
音響監督:田中亮
編集:渡邉千波
音響制作:グロービジョン
音楽:森悠也
音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:GoHands
配給:クロックワークス
製作:「劇場版生徒会役員共2」製作委員会

キャスト
津田タカトシ:浅沼晋太郎
天草シノ:日笠陽子
七条アリア:佐藤聡美
萩村スズ:矢作紗友里
津田コトミ:下田麻美
横島ナルコ:小林ゆう
三葉ムツミ:小見川千明
畑ランコ:新井里美
五十嵐カエデ:加藤英美里
出島サヤカ:田村睦心
轟ネネ:椎名へきる
魚見チヒロ:斎藤千和
広瀬ユウ:岡咲美保
森ノゾミ:上坂すみれ
時カオル:日野未歩
柳本ケンジ:白石稔
海辺ナナコ:安済知佳
大門先生:利根健太朗

『劇場版 生徒会役員共2』キービジュアル (C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

(C) 氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース

特集