映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】 | 超!アニメディア

映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】

10月4日(金)から映画『先生から』が公開された。この作品は“先生”の存在を巡り展開する『先生とホスト探偵』『先生の愛人の子』『先生の遺言』の3パートが交わった長編映画である。5日(土)ユナイテッド・シネマアクアシティ …

ニュース
注目記事
TAKI3483
  • TAKI3483
  • 映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】
  • 映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】
  • 映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】
  • 映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】
  • 映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】
  • 映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】
  • 映画『先生から』舞台挨拶に人気2.5次元舞台俳優登場!映画初出演の赤澤遼太郎「何かひとつでも心に残ったのなら本望です」【レポート】

 10月4日(金)から映画『先生から』が公開された。この作品は“先生”の存在を巡り展開する『先生とホスト探偵』『先生の愛人の子』『先生の遺言』の3パートが交わった長編映画である。5日(土)ユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて行われた公開記念舞台挨拶には、2.5次元舞台で活躍中の若手俳優・赤澤遼太郎(真北直史役)を筆頭に、北川尚弥(小宮久作役)、立石俊樹(間宮康作役)、田鶴翔吾(谷口一真役)、小早川俊輔(伊草順也役)、吉村駿作(真北健司役)、伊藤歌歩(高田泉役)、森田亜紀(小宮佳奈恵役)、那波隆史(小宮久作役)、堀内博志監督が登壇。


 今作が映画初出演となる赤澤は、主役を演じた感想について「撮影中は各パートに分かれて進んでいたのですが、実際にできあがった作品を観て“別のチームではこんな一面が見られるんだ”という発見がありました」と話し「いち視聴者として面白い作品だと思いました」と自信を見せた。

 続いて、撮影中のエピソードを聞かれた田鶴は「赤澤くんと僕はお互い映画初出演で、現場ではわからないことが多かったのですが、なかでもケータリングをどのタイミングで、どれくらい食べていいかわからなくて……」と振り返り「彼(赤澤)は、置いてあった芋けんぴを独占しながら食べていました」と暴露。会場はあたたかな雰囲気に包まれた。

 タイトルにちなんだ「自分にとっての“先生”は?」という問いに、那波は「今回、映画初出演の人たちからすると、堀内監督が“先生”なんじゃないかと思います」と答え、理由として「堀内監督は初めての人に、かなり丁寧に教えてくれる方なんです。最初の親、というか……」とコメント。大きく頷く赤澤らに対し、堀内監督は「産んだ覚えはないですけどね……」と会場の笑いを誘いながら「みんな素直で、吸収が早かったです」と振り返った。

 北川は「やっぱり、ジョナサン(吉村)です」と、相棒・真北健司を演じた吉村を“先生”だと回答。「皆さんがいい意味でジョナサンをいじるので、現場が明るくなって。いい雰囲気で撮影できたからこそ、いい作品が生まれたと思います」と話した。そんな吉村も北川を“先生”に挙げ「移動中のバスで台詞合わせに付き合ってくれて……」と語り、仲睦まじい様子を見せた。次に立石が「途中、ツボに入ってしまったときNGを連発してしまって……(笑)。森田さんに助けてもらいました」と、間宮康作の“先生”を演じた森田へ感謝を述べた。

 立石との共演シーンが多かった小早川は「撮影の合間に公園でトシ(立石)が落ちているどんぐりを拾い出して。“大物”だと思いました」と撮影時に目撃した立石の天然エピソードを披露。お互いをあだ名で呼びあい、仲の良さが伺えた。

 トークセッションが終わったあとは、公開記念舞台挨拶登壇者のサインが入った台本を抽選で4名に渡すプレゼントコーナーを実施。赤澤・北川・立石・小早川が半券の入った箱から1枚ずつ引き座席番号を読み上げ、手を上げる当選者に向かって手を振り返す様子も見せた。

 終盤になり、堀内監督は「この作品を観た皆さんそれぞれの“先生”が思い浮かんでくれたら嬉しいです。俳優含め、スタッフも一丸となって作りあげたので、楽しんでください」とコメント。監督に続き、赤澤・北川・立石より来場者へのメッセージが語られた。

 立石は「愛を込めて間宮康作を演じました。直接会えなかった人もいるのですが、間宮康作として間接・直接問わず、影響を与えたり受けたりできたと思います」と、北川は「小説家を目指す激動の人生を演じさせていただいて、いい経験ができました。ぜひ“タンクトップ”も注目していただけたら嬉しいです」と話した。最後に主演・赤澤が「映画や小説は、そのときの心情によって受け取り方が変わると思うのですが、この作品を観て、何かひとつでも心に残ったのなら本望です」と語り、公開記念舞台挨拶は終了した。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈映画『先生から』情報〉
ユナイテッド・シネマアクアシティお台場他、全国にて順次公開

《CAST》
赤澤遼太郎 北川尚弥 立石俊樹
田鶴翔吾 小早川俊輔 吉村駿作
伊藤歌歩 森田亜紀 那波隆史

《STAFF》
エグゼクティブ・プロデューサー/股張祐二
プロデューサー/堀内博志
キャスティング・プロデューサー/名越 済
撮影/嶋根義明
録音・効果/植田 中
助監督/平波 亘
制作/小山 悟
音楽プロデューサー/平野栄二
音楽/小美野慧
主題歌 「影の世界に色を付けて」 作詞・作曲・歌:杉瀬陽子
製作 有限会社エスエルエフ
制作・配給  PERFECT WORLD
脚本・監督・編集  堀内 博志

■上映館・舞台挨拶情報
・ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
・京成ローザ⑩
・小田原コロナシネマワールド
・中川コロナシネマワールド
・大垣コロナシネマワールド
・シネマート心斎橋
・MOVIXあまがさき
・T・ジョイ京都(10/6のみ・one day上映)

公式ホームページ
http://senseikara.uh-oh.jp/

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集