伊藤かな恵がアーティスト活動10周年記念ベストアルバム『カナエルケシキ』をリリース!「『しゅごキャラ!』の日奈森あむちゃんがどんな子に成長しているのか考えながらレコーディングしました」【インタビュー】 | 超!アニメディア

伊藤かな恵がアーティスト活動10周年記念ベストアルバム『カナエルケシキ』をリリース!「『しゅごキャラ!』の日奈森あむちゃんがどんな子に成長しているのか考えながらレコーディングしました」【インタビュー】

声優・伊藤かな恵がアーティスト活動10周年を記念したベストアルバム『カナエルケシキ』を8月28日にリリースした。これまでリリースした曲だけでなく、彼女が演じた印象深いキャラクターソングのリアレンジバージョンも収録した記 …

ニュース
注目記事
Aphoto_cmyksamune
  • Aphoto_cmyksamune
  • 伊藤かな恵がアーティスト活動10周年記念ベストアルバム『カナエルケシキ』をリリース!「『しゅごキャラ!』の日奈森あむちゃんがどんな子に成長しているのか考えながらレコーディングしました」【インタビュー】
  • 伊藤かな恵がアーティスト活動10周年記念ベストアルバム『カナエルケシキ』をリリース!「『しゅごキャラ!』の日奈森あむちゃんがどんな子に成長しているのか考えながらレコーディングしました」【インタビュー】

 声優・伊藤かな恵がアーティスト活動10周年を記念したベストアルバム『カナエルケシキ』を8月28日にリリースした。これまでリリースした曲だけでなく、彼女が演じた印象深いキャラクターソングのリアレンジバージョンも収録した記念アルバムとなっている。10年間の自分と今の自分の気持ちを込めたアルバムの制作過程についてインタビュー。


10年間の自分と“今”の自分の思いを込めた記念アルバム

――アーティスト活動10周年を迎えた今の率直なお気持ちはいかがですか?

「もう10年なんだ」という気持ちが最初にありました。私は自分から前に出るのが苦手で、音楽をやっていくうえでは周囲に背中を押してもらうことが多かったので、活動10周年を記念したベストアルバムに関しては、応援してくれた人たちへの感謝を形にしたいなと。そういう思いを込めたベストアルバムを作ろうと思いました。

――自ら作詞して、作曲にも携わった新曲「あと3センチ」も収録されていますね。

 今までの楽曲では“等身大の自分”を大事にしたり、日常のなかで感じる気持ちを切り取って描いたものが多かったので、今回も10周年を意識した特別感のあるものよりは、そういう新曲がいいかなと思いました。「10周年だからありがとー!」っていう派手なものではなくて、今の自分をそのままお届けできるような曲にしたいねと。そんな話をしながら、編曲のアツミサオリさんと一緒に作りました。


――アルバム全体のコンセプトなど、ご自身から提案したことはありましたか?

 今回、初めての試みは、キャラクターソングも収録していることですね。たくさんの作品やキャラクターたちと出会えたことで、アーティスト活動にもつながっていると感じていますし、自分自身も成長できたという気持ちがあるので、今回のベストアルバムでは10年後のキャラクターたちがどうなっているのかを自分なりにイメージして、歌を録り直すことにしました。キャラソンは4曲入っていて、そのうち3曲を録り直してアレンジも変えています。

――オリジナル曲とキャラクターソングが合わせて収録されるのは珍しいですね。

 今回キャラソンも入れたいなと思った一番のきっかけは、TVアニメ『花咲くいろは』の松前緒花ちゃんが歌う「空に近い場所」でした。この曲をキャラクターとしてではなく、自分として歌ってみたいなと思ったんです。レコーディングでは緒花ちゃんを想像しつつ、物語のなかで彼女が目指していたおばあちゃんのことを考えながら歌いました。緒花ちゃんにこうなっていてほしいと思いながら、ちょっとふにゃっとしたところもあるけれど、成長したらまわりを引っ張っていける強さも出てくるんだろうな……とか。TVアニメ『宙のまにまに』の明野美星ちゃんの曲では、10年後の彼女は何をしているんだろうと思ったら泣きそうになってしまいました。やっぱり宇宙や星に関わる仕事をしているのかなと想像したら、なんだかうれしくなっちゃって……。そういうことを想像しながらレコーディングしていたので、キャラソンではマイク前に立つ姿勢が全然違ったと思います。TVアニメ『しゅごキャラ!』の日奈森あむちゃんの曲は、ほかのキャラソンに比べてマイクの前で一番迷いました。あむちゃんは小学生で、成長した10年後も20歳くらいなので(笑)。まだまだ若くて柔軟に考え方も変わると思ったのでどうしようかな、どう歌おうかなと悩みましたね。成長して気の強い子になっているのかなと思ったのですが、もともとあむちゃん自身は恥ずかしがりやさんで繊細な性格なんです。だからこそ、悩んでいる子に寄り添える女の子なので“あむちゃんは一体どんな子に成長しているんだ”と現場でスタッフさんたちと話し合いながらレコーディングを進めていきました。

――では、オリジナル曲のなかで思い入れのある曲はありますか?

「ドレミファソラシドのうた」は自分で作詞しているんですけど、ライブでお客さんと一緒に歌ってもらいたいなと思って作った曲なので思い入れがありますね。それまではあまりそういう曲がなく、「みんなで歌う」というテーマで作ったのはこれが初めてでした。ライブに来たお客さんに観たり聴いたりしてもらうだけでなく、一緒に参加して楽しんでもらうことを考え始めたのが5周年のときで、その気持ちを込めたのがこの曲でした。

――これまでのアーティスト活動を振り返ってみて、どんなことを思いますか?

 「パイノパイノパイ(東京節)-TVアニメ『大正野球娘。』挿入歌(鈴川小梅[CV.伊藤かな恵])-」をレコーディングしたときに、個人名義でのデビューのお話をいただいたので、あの曲がなかったら、こうして10周年を迎えることもなかったと思います。レコーディングで歌う楽しさを教えてもらった曲でもあるので、そのときのことは今でもはっきりと覚えていますね。キャラクターとして歌うのではなく、自分自身で表現するってなんだろうと一番考えたのが、ファーストシングルの「ユメ・ミル・ココロ」でした。キャラクターの感情や性格などを通さずに、自分として歌うって、どういうことだろう……と。ほかの人はそんなことを考えたりしないかもしれないのですが、私はすごく考えちゃいましたね。

――ライブのときは、どうでしたか?

 ライブでも、その考えにぶつかりました。ファーストライブのとき、スタッフの方たちとの最初の打ち合わせで「お客さんの前で歌うって、どうすればいいんですか?」とか聞いたりして(笑)。今は声優がキャラクターとして歌う場が増えて、ライブという環境が当たり前にあるのかもしれないんですけど、当時はそこまで多くなかったので、私もほとんど経験がなかったんです。だから「ライブで自分を表現するとは?」って考えていました。

――そうした意識は、アーティスト活動を重ねていくうちに変化していきましたか?

 活動5周年のとき、1年間にシングルを5枚リリースするという企画があり、1年通して音楽と向き合ったので、まわりからは「変わってきたね」と言われました。たしかに自分の意見を積極的に出すようになったのも、この5周年のあたりからだったと思います。「アーティスト」と呼ばれると、まだビビっちゃう自分もいるのですが、音楽活動とゆっくり関わらせてもらってきたので、自覚が出てきたというよりも音楽が自然となじんできたような感覚ですね。ライブも、お客さんに「楽しかったね」と言えるものになればいいなと、徐々に考えられるようになってきました。ファーストライブのころは「ちゃんと歌わなきゃ」って自分のことでいっぱいだったんですけど、今は年に一度でも集まれる場があって、ファンのみなさんとつながれることが素敵だなと思えるようになってきました。それは、こんなに消極的な私の歌を聴きたいと言ってくださるお客さんたちのおかげだなと思います。

――声優のお仕事とアーティスト活動が、いい意味で刺激し合うことはありますか?

 キャラクターではなく自分として表現する楽曲もお芝居に近いというか、自分を通して歌詞で描かれた女の子になるという意味では、関わりが深いですね。いろいろな役を経てお芝居の幅が広がることで、自然と歌の表現力の幅も広がっていくんじゃないかなと思います。いろいろなキャラクターを演じると、その子の人生を一緒に歩んでいくなかで、ふと思ったことも自分に染みついてくるんです。そして、演じているうちに「こんな子になれたらいいな」と思ったりして。とくに『花咲くいろは』の緒花ちゃんは何が起きてもポジティブで素敵なキャラクターなので、彼女からもらうものはいっぱいあります。

――今後の音楽活動への意気込みをお聞かせください。

 10周年の記念ライブも予定していますが、あまり特別感は意識せず、今までと変わらない感覚で気軽に会いに来てもらえたらうれしいなと思います。一緒に歌ったり参加して楽しんでもらったりと、私の家に遊びに来てもらうようなアットホームなコンセプトで今までやってきたので、その時間をみなさんと共有したいですね。音楽活動への考え方もずっと変わらず、聴きたいときに無理なく聴いてもらえるような楽曲を作っていければいいなと思っています。デビューしたころから「何年も歌い続けていけるような楽曲を作りたいね」とスタッフのみなさんと話していました。今年の6月に行われたランティス祭りで「ユメ・ミル・ココロ」を歌わせてもらったんですけど、10年経っても自然体で歌えて、自分のなかに染み込んだ気持ちを表現できる曲だなと改めて思いました。だからこれからも、自分自身が長く歌っていける楽曲を作って、ファンの人たちに好きになってもらえるように頑張っていきたいですね。

――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

 アーティストデビュー10周年ということで、ベストアルバムを出させていただくことになりました。ずっとテーマにしている“等身大の自分”とか“誰もが身近に感じる感情”を描いているので、家だけでなく、外で持ち歩きながら聴いてもらえたらうれしいですね。私のアルバムは毎回タイトルに「ケシキ」って言葉を入れているんですけど、音楽ってそれを聴いたときに見た景色も記憶に残してくれると思うんです。だから、どこかで素敵な景色を見たら、そのときに私の曲を聴いていたという思い出も作ってもらえたらいいなと思います。

取材・文/株田馨(アイプランニング)

PROFILE
【いとう・かなえ】11月26日生まれ。長野県出身。青二プロダクション所属。主な出演作は『ワンピース』キャロット役、『キラッとプリ☆チャン』赤井めが姉ぇ役、『ソードアート・オンライン』ユイ役など。

<リリース情報>
10周年記念ベストアルバム「カナエルケシキ」
発売中
価格/3,500円(税抜)
発売元/バンダイナムコアーツ


 アーティスト活動10周年を迎える伊藤かな恵のベストアルバム。本人が作詞し、作曲にも携わった新曲「あと3センチ」やTVアニメ『大正野球娘。』のEDテーマ「ユメ・ミル・ココロ」など全23曲を収録。オリジナル曲だけでなく、セルフリアレンジカバーされたキャラクターソングも聴きどころだ。

伊藤かな恵公式サイト
https://www.lantis.jp/artist/itokanae/

伊藤かな恵オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ito-kanae/

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集