普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】 | 超!アニメディア

普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】

大ヒット映画『ペット』の続編、『ペット2』が7月26日(金)から公開される。前作では老鷹のタイベリアスを演じた宮野真守。今回は、悪徳サーカスの団長・セルゲイという、愛らしい『ペット』の世界の中で異彩を放つキャラクターに …

ニュース
注目記事
DSCN1230_Fotor
  • DSCN1230_Fotor
  • 普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】
  • 普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】
  • 普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】
  • 普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】
  • 普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】
  • 普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】
  • 普段も役柄も親分と子分!?映画『ペット2』の吹き替え版で宮野真守&高木俊が見せる名コンビぶり【インタビュー】

 大ヒット映画『ペット』の続編、『ペット2』が7月26日(金)から公開される。前作では老鷹のタイベリアスを演じた宮野真守。今回は、悪徳サーカスの団長・セルゲイという、愛らしい『ペット』の世界の中で異彩を放つキャラクターに挑戦。そしてセルゲイの手下のオオカミを高木俊が演じる。ミュージカル『テニスの王子様』で共演して以来の役者仲間でもあるふたり。インタビューでも息もピッタリの掛け合いを見せてくれた。(高木さんの「高」は正式には「はしごだか」です)


——『ペット2』はどんな物語でしょうか?

宮野 前作は、ペットたちが、飼い主である人間が出掛けた後に、どんなことを思っているのか、どんなことをしているのか、というのがテーマになっていて、そこに共感性を生んだ作品でした。ペットたちの可愛らしい姿や意外な考えを知り、彼らの冒険を見るうちに、僕たちも大切なことを学んでいく……それがこの作品の特徴で、すばらしいところだと思うんです。最新作ではそこがさらに進化して、広がりを見せている、というのが印象的でした。大事なメッセージとして、「変化すること、世界が広がっていくことを、恐れないで」という思いが込められているので、ハッとさせられます。続いていくこと、大きくなっていくこと、変化していくことはすばらしいと改めて感じさせてくれる作品になっていると思います。

高木 前作を見たときは、動物同士の友情や絆が描かれていて、今回はさらに、主人公・マックスの成長が描かれているのを感じました。飼い主のケイティが結婚し、子供が生まれて、環境が変わっていく中で、ペットはどんなふうに心境が変化していくのかというのが描かれています。ペットは子供をそんなふうに見て、受け入れているのか、と……。

宮野 リアリティがあるよね。

高木 そう、リアリティがすごくて、ペットたちの成長が見える物語だと思いました。

——ご自身が演じるキャラクターについて教えてください。

宮野 久々に、とんでもなく悪い役をやらせていただきました。「応援してくださいね!」と言わなくていいキャラクターは、久しぶりです(笑)。だからこその演じ方や思いの込め方ができたので、役者としては非常に楽しく演じさせていただきました。新たな宮野の一面を見てもらえると思います。そして“しもべ”役が、普段でも僕の“しもべ”の高木くんで……。

高木 誰が“しもべ”だっ!(笑)

宮野 違うの? じゃあ、“しもべ”なんて言うなよ………。

高木 言ってるのは、マモだけでしょ(笑)。相棒です。



——普段は相棒のおふたりですが、役柄では親分子分という関係で。

宮野&高木 そうなんです。

高木 役柄では。

宮野 でもまぁ、普段もそんな感じですね。僕のほうが年下なんですけど。

高木 普段の上下関係は、セルゲイ−オオカミと、宮野真守−高木俊は同じですね(笑)。

宮野 その自覚はあったんだ!? 自覚があるなら、今後やりやすいです(笑)。

——ですが、オオカミはカッコ良かったです。

高木 飼い主セルゲイからの指示を柔順に聞ける、群れのリーダーでしたね。

宮野 ペットたちとは違って、恐怖で支配されてたけど(笑)。でもちゃんと付き従っているという。

高木 ケイティを見ながら「自由でいいなぁ」と思ってました(笑)。

宮野 セルゲイも、たまに撫でてくれるのかもしれないよ。

高木 マジで!?

宮野 仕事が成功したときだけね。成功したら、すっごく褒めてくれるの。

高木 ……最高だね。

宮野 利害が一致したようです(笑)。

——登場キャラクターの中で気になる子、可愛いなぁと思う子はいますか?

宮野 みんな可愛いけど、ギジェットが気になるなぁ。『ペット2』は、ストーリーの軸が複数あるんです。それはキャラクターそれぞれの個性が確立していないとできないことで、どこが主軸になっても面白い話が作れるというくらい、ペットたちが魅力的に成長していたということだと思うんです。その中でも、ギジェットのマックスへの想いが可愛い過ぎて。一生懸命がんばる姿に、沢城みゆきの声。

高木 完璧でしたね。

宮野 あとノーマンが賢くなってる(笑)。あんなにオトボケキャラだったのに、しっかりした一面も見せてくれました。そして、梶裕貴くんの声が可愛い。この2点は外せませんね。

高木 新キャラクターのルースターが、カッコ良過ぎましたね。内藤(剛志)さんの声もシブいしハマッてるんです。マックスとの関係性も素敵なので、新キャラクターはお楽しみに、という感じです。

——今回、高木さんは、外画(外国語映画)の吹き替えは初めてだったそうですね。

宮野 僕がセルゲイ役で出演することが決まってから、何故かウチの事務所に連絡があって。「高木さんにオファーするのはアリですか?」的な(笑)。

高木 だから、そこで「ナシです」って言われてたら、僕は出られなかった(笑)。OKしてくれてよかったです。

宮野 高木くんがイルミネーション作品に出るという事実が衝撃的すぎて、心配になりました(笑)。

——収録にも宮野さんが立ち会われたと伺いましたが。

高木 もともと(収録が宮野と)同じ日で、時間がずれてたんだけど、早めに来てくれて。僕が事前に台本のわからないところなど質問していたので、心配だったんでしょうね。

宮野 台本に書かれてる用語も、外画は独特なんですよ。それがわからなかったらしく、オオカミ役なのにプルプル震えてて(笑)。台本上の用語については、僕の言える範囲で教えました。でも、お芝居に関しては全然心配してなくて、監督の要求に応えられるだろうと思ってました。でもやっぱり気になるので……「行く」って言うと嫌がるだろうなと思って、言わなかったんですけど。

高木 聞いてたら、嫌がってました(笑)。マモが時間より早く来たら見られちゃうから、巻きで終わらせようくらいに思ってた。

宮野 でも、あまりにも心配だったので……高木くんがじゃないですよ、この作品のことがね。プロデューサーさんは高木くんのこと知ってくれていたんですけど、他のスタッフさんに「誰だ、こいつは」って思われてるんじゃないかなぁって(笑)。

高木 そうなんです。プロデューサー様だけは、僕にハマッてたんです。

宮野 (爆笑)

高木 でも、周りのスタッフは僕のこと知らないかもしれない。だから怖かったけど、「プロデューサー様はオレにハマッてる」というのを安心材料にしていました。

宮野 ただ、ディレクションするのは監督だからね。

一同 (爆笑)

宮野 行ってみると、ブースの雰囲気が和やかだったので、素敵なお芝居をしているんだろうなと安心しました。でも僕が入った瞬間、(高木と)目が合ってしまったんです。そうしたらガチガチに緊張しちゃって。「出てって」と言われたので、一度出て、またコッソリ入り(笑)、今度は死角から見届けました。

高木 収録が終わったら、いるんですよ(笑)。

宮野 すばらしかったですよ、現場も盛り上がっていました。高木くんも爪痕を残そうとがんばっていたし(笑)。

高木 いや、何か残したいじゃないですか、僕が演じた証しを!(笑)   

——公開を楽しみにしているファンの方々にメッセージをお願いします。

宮野 僕たちが共演させていただくというのも、一つのトピックスだと思います。その機会を与えてくださったスタッフの方々に感謝していますし、実際に僕らなりの最高のパフォーマンスをこの作品に注ぎ込めたと思います。僕らを知っている方々にも、また違った二人の姿を感じていただけると思いますので、ぜひご覧ください。

高木 僕らの関係性を知った上で見ると、クスッとなるシーンがあると思います。

宮野 「まんまじゃん!」ってね。

高木 そう、この取材でもわかると思うんですけど、上下関係があります(笑)。「上下関係がここでも!」というシーンがありますので、そこを見逃さずに楽しんでいただけたらと思います。

宮野 高木くんが爪痕を残そうとしている芝居があります。そこもね、しっかり聴いてください。

高木 でも、爪痕そんなに残ってないかも……。

宮野 それは確かめてもらわないとわからないから! 残ってるかもしれないよ。

高木 じゃあ、そこも……(控えめ)。よろしくお願いします!


画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈『ペット2』情報〉
7月26日(金)全国公開
監督: クリス・ルノー 脚本:ブライアン・リンチ 製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
配給:東宝東和
声の出演:バナナマン(設楽統・日村勇紀)/佐藤栞里/永作博美/伊藤沙莉/内藤剛志/宮野真守/梶裕貴/沢城みゆき/中尾隆聖 ほか

公式サイト
http://pet-movie.jp/

公式Twitter
https://twitter.com/PetMovieJP

 (C)Universal Studios.

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集