超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「名古屋あるある」がいっぱいなのに“デラデラ”おしゃれな曲が誕生!戸松遥が新曲「DELUXE DELUXE HAPPY」で名古屋愛を歌い上げる【インタビュー】

2019/5/27


 戸松遥が歌う、TVアニメ『八十亀ちゃんかんさつにっき』の主題歌「DELUXE DELUXE HAPPY」(原作コミック第6巻の特装版にコミックCDとして付属)。名古屋を舞台に名古屋あるあるを描いた作品で、自身も八十亀最中役で出演している戸松は、この曲をどんなふうに歌ったのか。愛知県出身だからこそわかる驚きが盛りだくさんだったという歌詞や、制作について聞いた。


愛知代表に選ばれた気分だった八十亀ちゃん役

――まず、作品について聞かせてください。八十亀ちゃん役が決まったときの感想はどうでしたか?

 名古屋では書店の店頭の一番前に並べてあるくらいの人気作だったので、作品のことは以前から知っていました。ですから、八十亀ちゃん役のオファーをいただいたときは、本当にうれしかったです。愛知代表に選ばれたみたいな気持ちでした。

――原作は、愛知出身の戸松さんからすると「あるある」ばかりでしたか?

 共感ばかりでしたね。「わかる、わかる」の連続で、原作の安藤正基先生に、「この作品を書いてくださって、ありがとうございます!」と感謝しました。コミックスをほかの撮影現場などに置いておくと、スタッフのみなさんが面白がって読んでくださるんですね。それで名古屋について誤解していたことを知ったり、理解を深めてもらえたりするので、愛知県民としてはありがたさしかなかったです。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP